★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『 シャガール@青山ユニマット美術館 』


既に先週末の事になってしまったのですが、
青山にあります「青山ユニマット美術館」
かの有名な、「シャガール」を見に行って来ました。

つったってあぁた!
シャガールって言われて、
パッと頭に浮かぶ作品があるわけでもなく…(^^;

「チケットを貰った」と言うだけの理由から
青山などという、通常のアタクシにはあまり
似つかわしくないおしゃれな感じのする街に
出かけたのでございます。

しかしあれだね。
「ブリジストン美術館」にしろ、
この「青山ユニマット美術館」にしろ、
企業がこういう文化的な事に貢献してくれるのは
ありがたいことっすね。
(単なる道楽と紙一重って感じもなきにしもあらずですが…(^^;)

あぁ、「ユニマット」ってあの「ユニマット」ね。
オフィスコーヒーサービスのユニマットね。

休日にも関わらず、わりとひっそりとした感じで
佇むユニマット美術館は、
その所蔵品のメジャー度とは裏腹に、
非常に落ち着いた感じでゆったり見られる美術館なんですね。

速い話が、そんなに人がいなかったって事ね(^^;
これはまぁ非常にありがたい事ですが、
逆に、もっと宣伝した方がいいんじゃないかな?って感じも…

さて、初めて目の当たりにする本物のシャガール…
名前は当然聞いたことあるし、
実際の作品をみれば、「あ、これかぁ~~」って位に
メジャーな作品群…

でも、アタクシはと言えば、その名前と作品群が頭の中で
一致してないというレベル… すんません…(^^;

現場にてかじった情報によると…
ピカソなんかに代表される、
いわゆる「印象派」に属するんですね。

でこれが笑っちゃうんだけど、アタクシ、この「印象派」ってのが
肌に合わないんですわ(^^;
もう、典型的な素人目線なわけですね。

「なんじゃこれ…」って、感じ…(^^;
わかりやすく言いますと、
猫に小判、
豚に真珠、
kizz_armyに印象派…
って事です。アハハ…

なので!

どちらかというと、興味を惹かれたのが、
「藤田 嗣治」さんの作品あたり…

繊細な中に、強烈な深紅の花の色…

息をのんでしまう位強烈な印象でした。

そして、企画展で展示されていたミレーね。
ちょっと前に、ちょうど「山梨県立美術館」の話を書きました。

その延長みたいな感じで、ミレーのモノホンを
見られたのはラッキーでした。

メインの展示作品は
「犬を抱いた少女」
という、作品でした。

これがねぇ、当該のWebサイトで確認してもらえばわかるんだけど、
(もちろん実物の迫力は伝わりませんが)
この少女に見つめられると、なんだか怖い位なんだよね。
ちょっとぞっとする感じ…

その横には、この作品のテクニック的な解説が、図解されてましてね。
これが素人には、非常に参考になりました。

うしろの空間の開け方とか、構図の工夫とか、
犬の表情と少女の対比とか、紙の質感とか…

他の作品も、そういう説明してくれるとありがたいなぁ~

そして、以前も「国立博物館」あたりの話で言ってますが、
時価鑑定額を表示してもらいたいもんですな(^^;

って事で、休日のひと時を「美術館鑑賞」なんて
ちょっと優雅に過ごさせてもらったこの
「青山ユニマット美術館」ですが、
な、な、な、なんと… 今月いっぱいで閉館なんです。

ちょっともったいない気がします。
これらの貴重な作品群はどこへ行っちゃうんでしょうね?

さぁ! 今週末ならまだ間に合います。
興味のある方は、ぜひ「青山ユニマット美術館」にて、
シャガールや、ミレー、Mr.Fujitaの作品を、ご鑑賞ください!

しかも、今は閉館に伴い、ミュージアムショップでは、グッズ等を
特価にて販売してますからね。(^^;


青山ユニマット美術館 公式Webサイト
(http://www.unimat-museum.co.jp/index.html)

[PR]

by kizzarmy_live | 2009-03-27 10:45 | 絵画・美術鑑賞

<< 『 ルーブル美術館展 @ 国立...    《 ダイハツ 【コルテオ】 シ... >>