★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《 オペラ 【魔笛】@日生劇場 Part4 [あらすじ第二幕] 》


※あくまで今回見た内容を元に書いてます。
なので、今回の公演特有の演出等の為に
オリジナルとは若干違うかもしれませんし、
アタクシの勘違いもあるかもしれません。
そこのところはご容赦を…



<<オペラ 【魔笛】あらすじ(ってかストーリー?)>>


【第二幕】

[賢者 ザラストロ]は[王子 タミーノ]を認めてはいるものの
更なる精進が必要として「修行」を受けさせる事にします。

[王子 タミーノ]は、これを受け入れるのですが、
[鳥刺し パパゲーノ]は乗り気じゃありません。

そりゃそうだよね。関係ないもん…

場面は変わって、ひとりの[姫 パミーナ]。
[奴隷頭 モノスタトス]は懲りもせず、
[姫 パミーナ]に言い寄って来ます。

ここに「夜の女王」登場!!
[賢者 ザラストロ]こそが「悪」であり、
復讐すべき対象である事を、
「姫 パミーナ]に訴えます。

結構[賢者 ザラストロ]寄りの[姫 パミーナ]の
煮え切らない態度に、[夜の女王]は
[賢者 ザラストロ]暗殺計画を[姫 パミーナ]に強要します。

その頃、[王子 タミーノ]と[鳥刺し パパゲーノ]は修行の真っ最中…
その修行の内容とは「女性と口を利いてはいけない」と言うモノ。

[王子 タミーノ]は頑張るのですが、[鳥刺し パパゲーノ]は全然だめ!
ペラペラと喋りまくり、[王子 タミーノ]に注意されてばかり。
そこに突然現れるのは老婆…
怪しい老婆は、自分は18歳で、恋人は「鳥刺し パパゲーノ]だと
わけのわからない事を言って、[鳥刺し パパゲーノ]を恐れさせるんです。

老婆と入れ替わりに現れたのは[姫 パミーナ]…
[姫 パミーナ]は、[王子 タミーノ]に話しかけるんだけど、
修行中なので、[王子 タミーノ]は完全無視…

[鳥刺し パパゲーノ]も、ちょうど差し入れの食べ物を口いっぱいに
ほおばっていて、しゃべれない状態だったので、
[姫 パミーナ]は、愛想を尽かされたと勘違いして、嘆き悲しみ
その場を去ってしまいます。

「沈黙の修行」が終了した「王子 タミーノ」は、
更なる修行を受けるために旅立とうとしていました。
そこに、またもや[姫 パミーナ]登場!
お別れのシーンが繰り広げられます。

その頃[鳥刺し パパゲーノ]は、自分にも彼女か女房がいれば、
もっとましになれるのにと、嘆いていました。
そこに登場するのが、沈黙の修行中に現れた老婆。
「自分と結婚しなければ地獄に落ちる」との脅迫に屈した
[鳥刺し パパゲーノ]が渋々承諾すると、
この老婆が、突然、18歳の姿に変身してしまうのです。
ところが、周囲の者が「まだ早い」と言う事で、
この18歳の[娘 パパゲーナ]を、連れて行ってしまいます。

さぁ! いよいよクライマックス。

捨てられたと思った[姫 パミーナ]は、
[王子 タミーノ]が受けている修行に
「魔法の笛」とともに立ち向かい、
無事に修行を乗り越えることになります。

[鳥刺し パパゲーノ]も[魔法の鈴]の力で
[娘 パパゲーナ]と一緒になれる事になる。


最後は、[夜の女王]の攻撃を、
みんなで防いで喜びの大合唱!!

って事で、第二幕の終了です。


これで終わりなんですが、どうですか?
わかりました? わかりませんでした?(^^;
その微妙な感じを残したまま、次回に続く…
[PR]

by kizzarmy_live | 2008-11-13 09:23 | オペラ鑑賞

<< 《 オペラ 【魔笛】@日生劇場...    《 オペラ 【魔笛】@日生劇場... >>