★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『 フェルメール展 @東京美術館 2008/11/23 (前編)』

「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」

ってのに行ってきました。

「フェルメール展」が開催されているのは知っていたのですが、
あのきっかけがなければたぶん、「いつのまにか終わっていた」という、
よくある状況になっていたと思われます(^^;

そのきっかけってのは、
TBSテレビ の

--------------------
第一生命スペシャル
世界芸術ミステリー
~フェルメールの暗号
~光の天才画家の作品と生涯の謎を解く~
--------------------

って番組…

この番組で取り上げられた、「フェルメール」
そして、その贋作家「メーヘレン」については
実はちょっとした(ほんとにちょっとした)予備知識がありました。

それは…
「オークションハウス」と言う、小池 一夫さんのマンガ…

「マンガつったって、侮れないんだよ(^^)」

ってな事は、昔
『 「マンガ」といふもの… 』
なんて、話を書きました。

その典型的は、「いい例」と言えるのではないでしょうか?(^^;
このマンガに出会わなければ、「フェルメール」って言われても
「ふぅ~~~ん…」で終わっていたかもしれませんから…


さて、アタクシの様な素人から見ると、
「ピカソ」とか「ゴッホ」とか「岡本太郎」とかの作品だと、
「ウゥ~~~ム…」
ってな感じなのですが、この「フェルメール」だと、単純に

「なんかいいな…」
とか
「好みかも…」
とか
そんな風に思える作品なんですね。

なので、せっかくだからねぇ~ ホンモノ見に行きましょう!!
って事で、上野の「東京美術館」まで足を運んだわけです。

いままでの経験上、狙いは「アサイチ」…
テレビの影響ってのはでかいですからね(^^;

開館は9:00なので、8:30現着厳守!!

夜明け前に起床しまして、がんばって上野にたどり着きました。(^^)/

がっ!

その時点で、すでに長蛇の列… (--;

b0124969_11402451.jpg



「みんなどれだけ志高いんだよ!!」
… みたいな?(^^;

待つこと約30分…ようやくの入館です。

音声案内をレンタルしまして、いざ会場に入った所で、
ある作戦を決行いたしました。

「まず、フェルメールを見ろ!!作戦」です。

この展覧会は、フェルメールだけじゃなくて、
同時期の画家の作品も展示されてるんですね。

なので、前半の作品群は後で鑑賞する事にしまして、
まずは「フェルメール」の作品展示室に行く事にしたのです。

「アサイチの利」ってヤツですね。(^^;

結局、この作戦は大成功!!
最後に位置する、「フェルメール」の作品群の部屋は
まだ人もまばらでして、わりと心行くまで鑑賞する事ができました。(^^)/

「フェルメール」を堪能した後、また最初まで戻りまして、
他の作品も見始めたのですが、この時点ですでに、ものすごい混雑…

開館して、30位しか経っていないのに、
フェルメール以外の作品の前も、ものすごい人だかりでして…(@_@)

つってもねぇ~ すでに「フェルメール」見ちゃってるから、
わりと心に余裕があるんだね。

しかも、すごい混雑とは言え、ほんとうにちゃんと見るつもりなら
ちょっと根気強く待てば、ちゃんと見られるからさ…

と、ここでとりい出しましたるのが、

「オペラグラス」

今回、国内の展覧会系では初めての試み…
「オペラグラス」の使用です。(^^;

「国内の展覧会系では…」
なんて言ってるのは、今ボチボチと書いている
「トルコ旅行記」の中では、すでに実施済だからなんです(^^;

でもって、これがなかなか威力を発揮します!!

ちょっと離れた所からでも、
作品を超ドアップにて鑑賞できる(^^)

後でまた詳細を書くけど、これはいいです!
あ!でも、通路の真ん中とかに立って、
他のひとの迷惑になっちゃだめよ(^^;

そして、順路を辿ると、再び、
「フェルメール」の作品群の部屋に…

再度、堪能させていただきました。(^^)

売店では、フェルメール作品のポストカードなんぞを
セットで購入いたしまして、非常に満足な気分を携えて、
出口に向かいますってぇと…


(--;;;;;

がぁ~~~~~~~~ん…




なんちゅう行列だっ!!!

入場制限がかかってるのが、まず目に入り…
その後に続く、行列の凄いこと凄いこと…

行列は、建物の外に続き、
建物の外には、あのディズニーランドばりの

「蛇行待ち行列製造機…」

わかる? (^^;
ジグザグに並ぶように、列を作るやつね。

あれが設置されて、ドンドンと人が増えている状態…

b0124969_11404121.jpg


1時間待ち?
いや、
2時間待ち?
いやいや、
下手したら…

ってな、感じなんですよ。

「ふぅ~~~ ラッキーでございました。」 (^^;


この「フェルメール展」は、2008年12月14日(日)まで、
開催されています。

なので! これから行こうと思っている方への参考情報…
当然、「フェルメール展」に限らず「○○○展」ってのには、
すべて共通するかもしれませんよ(^^;


・事前チケット購入は必須

  前売りチケットがあればそれに越したことはないのですが、
  たとえ当日券でも、現地に行ってから買うのはやめましょう!
  入場の列とチケット購入の列に分けられますし、当然チケットを
  購入してから、入場の列に並びなおさなければなりません。
  今や、バーコードで管理する、「自宅印刷チケット」が
  ネットで購入できますし、ほとんどの場合、コンビニで
  チケット扱ってますからね。


・アサイチしかないよ!

  可能なら、平日に行った方がいいです。(^^;
  想像以上の混雑ぶりでした。
  開館直後位に行って、1時間、2時間列に並んで、
  大混雑の会場内を見て回るくらいなら、
  開館1時間前に行って、閉まっている門の前に並んだほうが
  数倍… いや、数十倍、下手したら数百倍、時間の価値に違いが
  出る事でしょう!! (^^)


・メインディッシュはお先に…

  「すでに大混雑」と言う状況なら、あまり関係ありませんが、
  「アサイチをうまく狙えた」なんて時には、
  まず先にメインの目的の作品をゆっくり鑑賞しちゃいましょう!


・順番にこだわるな

  上に書いた事と同じですが、順番に見ようとすると、結構無駄です。
  順路は一応ありますが、意識しない方がいいです。
  ちょっとでも空いている所を狙って鑑賞しましょう!
  実際、係の人もそういう風に案内しています。


・選択肢のひとつ「夜間開室」

  なんかね、金曜の夜と、土曜の夜は20:00までやってるらしいのよ…
  当然、実際に行ったわけではないので、詳細な状況はわかりませんが、
  公式サイトの情報によると「わりとゆっくり見られる」って事らしいです。


・オペラグラスって便利

  メッチャ倍率の高い、高級双眼鏡とか
  天体望遠鏡クラスのものはだめよ(^^;
  逆に、結構倍率の低い、小型のものがいいでしょう…
  2m位離れた、人垣の後ろからこっそりオペラグラスで
  覗いてみれば、まるで作品の中に入ってしまったかのような
  錯覚に陥る事もしばしば…(^^)
  もちろん、他の人の頭でなにも見えなくなる事の方が
  多かったりするのですが、「それでも」の価値があるかも…


って事で、実際に作品を鑑賞した感想等は、また次回…

つぅづく… (^^;



※展覧会系の過去の記録


特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」
《受胎告知》本邦初公開



『スーパーエッシャー展@渋谷bunkamura』



『【生誕100周年記念 ダリ回顧展】@上野の森美術館』

[PR]

by kizzarmy_live | 2008-11-25 11:56 | 絵画・美術鑑賞

<< 『 フェルメール展 @東京美術...    《 オペラ 【魔笛】@日生劇場... >>