★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2009年 06月 10日 ( 1 )

『 国宝 阿修羅展 @東京国立博物館 <後編> 』


<中編>の続きです。

薄暗い通路を通って、特別展示室へと歩を進めますと、
いましたいました!

特別室完全貸切の阿修羅君の姿が見えました。

一目見て感じたのは、照明の当て具合の素晴らしさ(^^;

遠目に見た感じ、なんか3Dホログラムみたいな
不思議な立体感なんだよ。

「うまく、照明あてたなぁ~」

ってな、感想(^^;

でもって、像に近づくにつれて増す人の数…

今回のウリはなんつったって、360度閲覧可能展示台

むき出しのまま、特別展示室の真ん中にサークル状の囲いが
あって、その中に阿修羅君がいるわけ…

そのサークルの周りをぐるっと回りながら、
全方向から鑑賞できるんだよね。

でまぁ、この考え自体はいいのですが、
それに入場者が付いていけてない(--;
すごい密集度なわけですよ、阿修羅君の周りがね。

「最前列は立ち止まるな」っつってるのに立ち止まるから
まぁ~~~~~~~~、ほぼパニック状態ですがな(^^;

一応、2~3列目から、ぐるっと一周できたけど、
係員つかまえて、「もうちょっと考えたら?」って
言いたくなりました。

なんせ、「言うだけ」だからね。
あまりにも「性善説」に則り過ぎた所業だわね。

たしかに、大変なのはわかるけど、
もうちょっと工夫した方がいいかもね(^^;

いっそのこと、阿修羅君自体を回転させるとかね(^^)


って事で、至近距離から観察した阿修羅君…
正面の顔はほんと、優しさがあふれてる感じなんだけど、
サイドの顔をは、なんかさぁ~ゾッとするような
不思議な表情なんだよね。

ゾッとするって言っても、別に怖い顔ってわけじゃなくて、
なんだろう… ほんと不思議な感じなんです。

いやぁ~ いいもん見せていただきました!
阿修羅君に限らず、よくもまぁ、現代まで残っていてくれたよ。

火をかけられたら、一発アウトだからね。

さて、メインの阿修羅君をなんとか鑑賞し終えますと、
これで「第一会場」は終了なのね(^^;

そう! なんと、まだ、「第二会場」もあるんです。
って事で、つぎのエリアは

「第3章 中金堂再建と仏像」
「中金堂」ってのは、今、取り壊されて「仮」の
建物になっちゃってるらしいのね。
で、今新しく造り直してるらしいのさ…

その「中金堂」に安置されてるのが、

・本尊の釈迦如来坐像
・薬王、薬上菩薩立像
・四天王像

で、それが「第二会場」に展示されてるんです。
これがまぁ、どれもでかいんだ(^^;

写真で見ると、基準の大きさが分かんないから、
若干小さく思えちゃうんだよね。

でも、実際はでかいの…
しょっぱなに展示されている、「四天王像」の
でかさだけで、結構やられちゃいます(^^)



って事で、満足です!
満喫いたしました。 (^^)

でね、見終わってみて思ったんだけど…

「興福寺」なんて、修学旅行でいってるわけですよ(^^;


その時なにをみたのか?

なにを見たんでしょう?? (^^;

なんだか、もったいない話よねぇ?
普通に見に行けば、ここまでの混雑やらを体験しなくても
見られるわけでしょ?

若干、複雑な思いもしましたよ! 正直なところ…(^^;

まぁ、こういうイベントならではのメリットもあるんでしょうけどね。

さて、この「国宝 阿修羅展」は、この後7月14日から、
九州国立博物館で開催されるそうな…

でもって、その後秋からは、また「興福寺」に帰って
「国宝特別公開2009」ってので公開されるそうな…

この際、現地でも一度ちゃんと見てみたいものです。

東京での開催では、なんと、
総入場者数は94万6172人
だったそうな…

「東京国立博物館」としては、歴代3位の入場者数なんだってさ!

でね、それはそれでいいんだけど、
だったら、そういう数字的な自慢だけじゃなくてさ、
「いかにしたら、もっと快適に見られるか?」
ってな、方面を考えた方がいいんじゃないんですかねぇ?

もちろん、なんの工夫もないとは言いませんよ。
ガラスケースがなかったり、360度から見られたり…
でもそれって、単なる「展示の仕方」だよねぇ?

「いかに混雑を緩和できるか?」
「いかに、スムーズに閲覧できるか?」
「係員の誘導は適切か?効果があるか?」

やってるのかもしれないけど、見る限りでは
なにかやっているようには見えませんでしたね。

例えば、夜だって、22:00、23:00までやればいいじゃん
どうせなら、24時間営業にしたっていいんじゃん?(^^;
残業どうのこうのって問題があるのなら、
やる気のなさそうな、職員のモギリじゃなくて、
バイトでも雇えばいいじゃん!

でもって、時間帯によって、チケットの金額変えればいいじゃん
入場者の分散って事だよね。
「ナイトパスポート」とか、夜間だけの特典とか…

行列で待っている間に、いかに見学すべきか…
つまり、みんなが効率よく快適に見学するには
どういう風に回ったらいいかとか、注意点とかね。
ついでに、展示品の説明するとか…

まだまだ、改善できる点は多々あると思うわけですよ。
「TDR」見られる様な「Hospitality」が感じられないのさ…

とにかく人呼んで、中に入れてしまえばいいみたいなね(^^;
※これは、今回の「国宝 阿修羅展」に限った事じゃないけどね。

そしてね、極端な分散が実現して、快適に見られるって事になればよ?
2回も3回も見に行く人も出ると思うのさ…
そしたら、さらに売り上げもアップだよね。

94万人って事は、12億位の売り上げだよねぇ?
どれくらいの経費がかかるか知らないけど、
その売上なら、もうちょっといろんな所で
改善できそうな気もするんだけどね(^^;

国宝運ぶのに、10億かかるんです。
って言われたら、ぐうの音も出ないけど…(^^;


※全編にわたり、解説は、公式ホームページを参照しました。
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-06-10 11:20 | 絵画・美術鑑賞