★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリ:未分類( 16 )

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 まとめ編 』



さぁ、とうとう「高千穂の旅」も最終回ですね。

いつも言ってるけどさぁ~、やっぱりあれだね。
ちょっとでも、「行ってみたい」って思っている所へは
後先考えず行くべきだね。 (^^;

死ぬ間際に、
「あぁ、あそこへ行っておけばよかった」
と言う後悔をするのだけは避けましょうね。

あれだってよ!

死ぬ時にほとんどの人が、
「やってしまった後悔」じゃなくて、「やらなかった後悔」を
するんだってよ。

それともう一つ。
ミーハーって言われちゃうと思うけど、
テレビで紹介されていた所に実際に行ってみるってのも
単純に感動するよね。 (^^) => 「出発編」参照


って事で、「高千穂の旅」満足いたしました。

プラスアルファの、
「馬ケ背」もよかったし、
「美々津」も感動しました。

「花旅館 岩戸屋」
の食事はほんとうまかった。 (^^)


一応知ってはいるものの、ちゃんと説明しろって言われると
微妙な感じになってしまう、日本創世の神話の世界…

それを再認識できたのも収穫でした。

・アマテラスオオミカミ
・タヂカラオノミコト
・アマノウズメノミコト

もう、忘れない… (^^)

海外の世界遺産も震えるほど感動するけど、
国内のこうした場所にも、もっと行かないといけないなぁ~
と思ってしまいました(^^;





------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-07-28 08:57

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 出発編 』



夜神楽見物の後は、またマイクロバスに乗って
「岩戸屋」さんに帰るわけですが、
以前書きましたように、kizz_army一行以外の方たちは
「天岩戸温泉」へと向かいます。

つっても、同じバスですからね(^^;
アタクシ達にとっては、
「天の岩戸温泉経由 岩戸屋行き」
って感じね。

さて、岩戸屋さんに戻りますと、
フロント脇のテーブルにて待っていたのは

「ミニぜんざい」

なんか非常にありがたい、
かつ風情のある心遣いじゃありませんか…

でまぁ、あとは寝るだけなんで
翌日に備えてとっと就寝(^^)

明けて出発の朝となりました。

ここで旅の教訓…

「うまいものは、地元の人に聞け!!」

ま、ガイドブックにはおいしそうな
お店がいっぱい載っているわけです。
もちろん、いいお店もたくさん載っているでしょう!

でも、やっぱりおいしいお店知ってるのは地元の人だよね。

なので、出発前に旅館の女将さんに、
昼飯を食べるお勧めのお店を聞きました。(^^)

どんなお店かは、その時になってのお楽しみね♪

ほんとはさぁ、夕飯、朝食とあれだけ満足したんだから、
昼飯も、岩戸屋さんで食べたいくらいだったんだけどさ…(^^;

ま、そういうわけにもいかないんでね…

なんて、思っていると出発間際に「古代米おにぎり」
人数分持たせてくれました。

なんかさぁ、「神話の里高千穂」を巡る旅に出発するのに
とっても気分の良くなるサービスだと思わない。

「さ、これからいくぞぉ~!」

って感じね(^^)


ほんと個人的な見解になってしまいますが、
アタクシ的には

「 花旅館 岩戸屋 」

非常にお勧めします。
東京からだと、ほんと遠いんでね。
頻繁にはいけませんが、珍しく

「また行きたい」

と、思う旅館でした。

って事で、出発だよん♪

つづく



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-17 08:28

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 本編 』

さて、「天岩戸温泉」を堪能した後は
「岩戸屋」さんに戻りまして、荷物を部屋に運びいれます。

岩戸屋さん、建物自体は結構歴史があるようです。
でも、内装はかなり手が入れられてるようで
中で過ごしていても、あまりそういう歴史は感じませんでしたね。

ただ… 浴室は、ほんとぉ~~に、昭和の趣です。(^^;

って事で、そんな観察も一通りおわりますと、
お待ちかねの夕食だよん♪


ではさっそく、夕飯のメニューを紹介しましょう!


------------------
・前菜
  苫屋作り(神楽煮しめ)
・焼付
  珍味
・中鉢
  はすがらの酢の物
・小鉢
  三味こんにゃく
・白物
  黒米のうどん
・お造り
  奥日向サーモンのカルパッチョ
・焼き物
  サツマイモのグラタン
・合皿
  椎茸のホイル焼き
・洋皿
  ビーフストロガノフ
・御飯
  古代国米御飯
・吸い物
  奥日向サーモンの味噌汁
・香の物
  お漬物
・果物
  旬の果物
------------------


まぁ、なんだかめちゃめちゃ量が多いような感じですが、
全然そんな事ないんです。

量の部分も、非常によく考えられてる感じがしました。
程よい満腹感なんです。

よくあるじゃない?
どう考えても、食べきれない量を出せば
それがサービスだと思っているホテル・旅館… (^^;

がんばって食べようとするんだけど、
それでも残してしまった時の、切ない気持…
に加えて、限度を超えた満腹感による不快感…

そんな事のないようにとの配慮がうかがえる量です。
おいしいものを、少しずつ…
「もうちょっと食べたいな」の余韻を残す感じ…

最近はめっきり食べる量が減って来たと感じる
アタクシでさえも、まったく、なにも、残さずに、
パーフェクトなまでの完食でございました(^^)


・珍しい食材
・工夫がうかがえる逸品
・ベーシックな料理も一味違える、手間を感じ
・意表を突く、いきなりの洋食

とにかく、食べていて楽しいんですわ♪

ほんと普通の煮ものなんだけど、
なぜか、めちゃくちゃうまい!

「苫屋づくり」ってのが、どんなんかは、
「岩戸屋」さんのWebサイトで確認してみてください
http://www.iwatoya.com/cook.html


「奥日向サーモン」ってのは、
ヤマメとニジマスの掛け合わせだそうで、
刺身でもいけるみたいで、
なんちゅうか、今まで食べた事のない感覚!

最近のサーモンって言われているもの程
脂っぽくなく、とてもおいしい食材です。

とにかく、全部うまかった!
ウキウキするくらいの満足でした。


もうついでだから、朝食もいっちゃうか!(^^;

------------------
・そばがゆ
・地豆腐寄子
・祖母山豆
・地鶏卵
・油味噌
・山のり(椎茸、モロヘイヤ入り)
・紅鱒の甘露煮
・山菜佃煮
・釜炊き御飯
・味噌汁
・香の物
・そばフレーク
・コーヒー
------------------


これまた、前夜の夕飯の満足からの
大きな期待をまったく裏切らない、
おいしい朝食でした。

「山のり」ってのは、どうやら
椎茸とモロヘイヤを使った佃煮
みたいなんだけど、ほんとうに「のりの佃煮」
みたいなんだよ!

「ま、佃煮にしたら同じような味じゃねぇの?」

って気もしなくはないんだけど、
なんだか磯の香りがしちゃうような気になっちゃうんだよね。

卵もうまかったぁ~~~!

濃厚卵かけごはん… 堪能いたしました。


これだけ満足したら、もう黙っていられないよね(^^;
ちょっとさぁ、板前さんにひとこと言いたいじゃん!

そう、ほんとうに「黙っていられない」って事よ!

なので、チェックアウトの時に話をさせてもらいました。

いかにもな、頑固そうなオヤジがでてくるかと思いきや!
料理長、めちゃめちゃ若いんだよね。 びっくり!

ほんとうは、料理法とかこだわりとか、
一杯聞きたかったんだけど、忙しそうだったし…

「とにかくうまかった」と言うことだけ、
伝えさせていただきました。


さて、話を夜にもどしましょう!

超満足な夕飯の後は、例の「夜神楽」に出発です!

つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-12 07:54

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 到着編

そもそも… この高千穂エリア…

そんなにホテル・旅館の数が多いわけじゃない。
しかも、別に「温泉地」でもないんだよね。

そんな中、今回アタクシが泊まったのは、

「花旅館 岩戸屋」
(公式ホームページ:http://www.iwatoya.com/info.html )

という、純和風旅館。

決め手は、ネットでの「料理がおいしい」という評判

普段から
<< マスター!! お任せでお願い! >>
なんていうBlogでは、割と食い物に関して
文句の多いアタクシですが…

この「花旅館 岩戸屋」さん、心の底からの熱情をもって

オススメ します!

ネットでの評判通り、ほんとぉ~~~~に、料理がおいしいです!

しかし! その夕飯の話は後にとっておきましょう! (^^)


「天岩戸神社 東本宮」の駐車場が、旅館の駐車場だとの事で、
「東本宮」の参拝を済ませると、そのまま「岩戸屋」さんへ…
なんという、スムーズな移動! (^^)

チェックインの時に、「夜神楽へは行かれますよね?」
と、聞かれました。

「はい、はぁ~~~い! いきまぁ~~す!」

そうなんです、高千穂と言えば、「夜神楽」って位に
高千穂の夜神楽は有名。

今は、高千穂神社にて観光客用に一種のショーとして
毎夜毎晩、繰り広げられているんです。

このショーに送迎してくれるんです。

なので、それの確認ね。
で、本来ならこの「夜神楽ツアー」の後に
そのまま「天岩戸温泉」という、
よくある「公衆温泉浴場」に連れて行ってくれるんです。

前述の通り、特に「温泉街」と言うわけではないので、
正直、どの旅館もお風呂が小さいんだよね(^^;

この「岩戸屋」さんも、大浴場があるとはいうものの
数人が入ればいっぱいになっちゃう程度。

なので、「お風呂は外で… そしたら温泉だよ」
って感じになっておるわけなんです。

なんですが… (^^;

先に風呂に入りたかったのよ!
なので、チェックインだけして、
温泉セットもらって、いざ、
「天岩戸温泉へ!」

なんか、とても普通の「公衆温泉浴場」でした(^^;
露天風呂があるわけじゃなし…
複数のお風呂があるわけじゃなし…
地元の方々の憩いの場といった風情でございましょうか(^^)

さ! 風呂にも入りました。

「岩戸屋」さんに戻れば、すぐに夕飯でぇす (^^)/



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-10 08:57

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 完結編 】 』

「とびっちょ」にて、すっかり満足のアタクシ…

最後の〆は、「江ノ島大橋」からの夕日…

b0124969_1017722.jpg


いやぁ~~~~、
もうフルコースって言っていいでしょ?(^^;

紫陽花の季節の鎌倉、たっぷりと堪能いたしました。

では、今日一日を振り返りまして、思った事など…

たぶんですが…
鎌倉に紫陽花を見に行くのなら、

「長谷寺」「明月院」で十分じゃないでしょうか?
ってか、逆にこの二つは外せない。

でもって、一言で言うなら、

「種類の長谷寺」

「浮世離れの明月院」


って感じ!(^^;
資料によると、紫陽花の株数はほぼ同じなんだよね。
でも、ずいぶんと雰囲気が違うんです。

この違いを楽しむのも、一興なんですね。
なので、同じ日に、この二つをめぐるのが
いいような気がしてます。

それには、やっぱり、訪れる時間帯が重要…
二つのお寺は離れてますからね。

どちらかをアサイチ、どちらかを閉門間際に
設定するのがいいと思うんだけど、
完全に一日がかりになるし、
間の時間をどう過ごすのかってのが問題よね(^^;

そして、さらに重要なのが、
「休日は避ける」って事っすかね。

そうそう、「成就院」もあった!
「成就院」は、「長谷寺」から歩けるので、
「長谷寺」にいくのなら、これはワンセットと
考えてもいいでしょう! (^^)


さて、今回いくつかの寺院、仏閣を周って
非常に興味深く観察したのが

「拝観料」

と言う、システム…


ガイドブックには、こう書いてあるわけですよ。

「そうは言っても、神社仏閣ですから、きちんとお参りしましょう!」

うん! そうだ! その通り! と、アタシャ思った。

だから、律儀に行くところ行くところ
柏手打って、お賽銭入れてお参りしましたよ。(-人ー)

そこで働く人なのか、単なる観光客なのかはわかりませんが、
「長谷寺」では、リアルにこんな会話も聞きました。

「ったく、紫陽花もいいけど、最近の連中は、
お参りもしないんだからこまっちゃうよね」

みたいな会話…

あぁ、やっぱり、そういう感じなんだなぁ~

とも、思った!

しかし!!!!

だけどなんだよ!

よくよく考えると、上記のような事って、
「拝観料」をきっちりと徴収する所は当てはまらないんじゃね?

だって、二重取りじゃん? (^^;

「紫陽花見るのに拝観料とります。
(もちろん他にも見どころあるし…)」


って事が、含まれている「拝観料」なら、
「拝観料」とはいえ、「入園料」なわけですよ。
単純に「観光地」ってことや(^^;

境内に立ち入って、そこにあるものを見る
最低限の権利を買っておるわけですよ。

お参り云々はその時点で、完全に選択オプションだからね。(^^;

ここから、「拝観料」について、
いろいろ考察が始まったわけなんです。

まず、ビジネスって面から考えると、
もう、無理やりにでも「見どころ」をこしらえて、
境内をきれいにして、100円でも、200円でも
拝観料を取るのが正解でしょうね。

だって… 場所柄… 払うもん! (^^;

で、一か所でも見所があれば、それで満足するもん…

しかし、頂けないのが、境内の中に飲み食いする施設が
ある場合の金額…

拝観料+普通の飲食の値段

いやいや、「普通」より若干高めかもしれん…

そりゃないよね?
境内の施設で飲食した場合は「拝観料」は免除にしなきゃ!

竹林に入るのに200円…

中の茶房でお茶を飲むのなら、プラス500円じゃなくて、
拝観料込み500円ってのが妥当だと思うんだけどなぁ~

「拝観料」… 微妙ですね(^^;

って事で!

約ひと月半にわたりましてお送りした

『 鎌倉紫陽花紀行 2009 』

も、ようやく終わりを迎える事なりました。
お読みいただいた皆様、ありがとうございました。 (^^)

最後に、もう一度今回のコースをご確認くださいませ。
なにかの参考になれば… (^^; ↓ クリック
『 鎌倉紫陽花紀行 2009 』 Gooble Map 版
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-12 10:18

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 生シラス丼「とびっちょ」2回目 編 】 』


前回の訪問から、早4年

食い物関係、割とあぁだこぉだうるさいアタクシにしては珍しく(^^;
結構おきにいりになったこのお店…

生シラス丼で有名な

「とびっちょ」 (http://www.tobiccho.com/

というお店…

「もしかしたら、並んでいるかも?」

という不安と、

「もしかしたら、今日の生シラス、すでに終了かも?」

という「ダブル不安」を抱えて店の前までたどり着いたのですが…

特に待ち行列もなし…
店先のお土産販売コーナーでも
「生シラス」まだ売ってるし…

なんか大丈夫みたい…(^^;

って事で、入店すると、すぐに2階席に案内してくれました。
しかも、前回とまったく変わらず、
硬すぎず、かといってくだけすぎてもいない
非常にフレンドリーな接客!

2階の座敷席に座って、
おしぼりとお水が運ばれてくると同時に
「今日のおオススメ」の説明が始まりました。

もうこれだけで、かなりの高ポイントです!

特に、漁や仕入れでメニュー自体や、メニュー構成が
変わるようなお店では、必須!

そんな事もできないお店… 多すぎますよね。

しかも!
このお勧めメニューが超垂涎もの… (^^;

つまみ系で、まずは

「キンメダイの炙り刺身」

「生サクラエビ」

でね、この「生サクラエビ」は
通常の「生シラス丼」と半々…、
ハーフ&ハーフができるってぇのよ!

つまり、生シラスと生サクラエビの2色どんぶりって事ね。

その色合いを想像しただけで、たまらん感じでげしょ? (^^;

全くと言っていいほど、通常のメニューは見ることなく
注文するモノはその時点で決まってしまいました。

また、このオススメを紹介してくれたおねぇちゃんの
説明もよかったね。

って事で、まずはつまみに

「キンメダイの炙り刺身」

最近はなんでもかんでも炙ればいいって感じに
なっちゃってるけど… (^^;
まぁ~~~~~、これはうまかった!

甘みたっぷりのキンメの刺身…
それが、ちょっと炙ってある部分の香ばしさと一緒になって…

ウハハハハ… こりゃたまらん!

これを肴にしたビールのうまいこと… くぅ~~~~…

でもって、
「生シラス&生サクラエビ2色丼」

どちらとも、ねっとり感、プルプル感、甲乙つけがたし!!

どっちを最後の一口にするか?

めっちゃ悩むわ! (^^;

あぁ~~~~、うま…

わざわざ、北鎌倉から来て大正解だったよ。
平日の、若干中途半端な時間だったからかな?
ゆったりと食事をできたのにも、満足でした。

そして、何より…
「とびっちょ」と言うお店が、
非常にちゃんとしたお店である事が、
アタクシを非常に満足させてくれたんです。

前回来店した時の記録 => http://kizzarmy.exblog.jp/1985780
にも書いてますが、超有名店にもかかわらず、
全くおごった感じがなく、適度にフレンドリーな接客が
非常に気持ちがいいんです。

それが、前回から4年も経っているのに、
ちゃんと受け継がれてるってのが凄い!

最初のオススメの説明に始まり、
料理を運んできたとき、
そして、食事をしている間も、
各テーブルにちゃんと気を使っているのがわかります。

なにか食べにくそうにしてないか?
お水はちゃんと入っているか?
下げモノはないか?

料理を運んで来た時も、
どうやって食べるのがおいしいかちゃんと説明してくれるしね。


でね、アタクシの隣の席に
小さい子供を連れた家族が来たのですが、
その子供やお母さんへの気遣いも
とてもちゃんとしてるんですね。

これはすごいよ!

だって、アタクシ、この系の記事書く時、
たぶん、文句言ってる事の方が多いよね? (^^;

厳しいこと言えば、これが普通で、
他が酷過ぎるだけかもしれんけどね(^^;

生シラスと、生サクラエビを食べながら

「もしかして100点かも…」

って、思ったくらいだもん!
でも、しいて言うと、
テーブルに紙ナプキンがないんだよね。

これは、ちょっと減点…(^^;

紙おしぼりじゃなくて、ちゃんとした
タオルのお絞りが出てくるので、
「それがあるからいいんじゃん?」
って、方針なのかもしれないけど、
やっぱり、口を拭いたりする紙ナプキンは
別途欲しい所です。

すっかり大満足のアタクシ…
帰り際に、最初に説明してくれた
おねぇちゃんがいたので、
( 名札に「曳」なんとかって書いてあったんだけど
確認できずm(__)m)

「いやぁ~ オススメ説明してもらってよかったですよぉ~」

と、声をかけて、1階に降りて、会計…

レジのところを見ると…

「バラバラの会計はお断りします」

と…

あぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ぅぅ!

がっかり… (^^;

最後の最後にきて、かなり大きな減点です。(^^;

以前も「サイゼリヤ」の話の時にかきましたよね。

「強制一括支払にモノ申す」ってやつね。

まぁねぇ、「サイゼリヤ」は価格を抑えたファミレスだからねぇ~
学生が10人とかで、1000円以下の会計をそれぞれに
されたらそりゃたまらんと思いますもん(^^;
その部分では、若干同情の余地はある。

でも、この「とびっちょ」は、客単価にしたら
2000円超えるかもしれな位じゃないかなぁ?

しかも、家族連れやカップルが多いお店じゃない?
バラバラに支払いをする割合はそんな多くないんじゃないかな?

それが、「強制一括払い方式」とは…(--;

今までのべた褒めのテンションが一気に… (^^;

とは言うものの、実は、驚愕の事実がこの後発覚するのでした…

この記事を書くにあたり、
ちょっと調べ物をしていると、
この「とびっちょ」と言うお店…

オンシーズンの連休等には、
3時間待ち、4時間待ちになるんだとか…

オープンの11:00に、すでに150組待ちとか…
中には、350組位待っている状況もあったとか…

そんな状況になるのにもかかわらず、
アタクシが体験した一連の接客は、
ほんとたいしたもんだと思います。

そんな状況だったら、さすがにレジの
「強制一括払い」も仕方がないか…

とは、思わないんですね(^^;

どうしてもそうせざるを得ないなら、
事前に説明があるべきだと思うんです。

「テーブルごとの会計をお願いしていますがよろしいですか?」

と…
極端な話だけど、両替機を用意するとか、
会計へ向かう客の波間を利用して
なにか工夫するとか…

支払方法って、強制できるもんなのかなぁ??

とは言え、全体的な評価からはこの
「とびっちょ」はほんとうにオススメします。

でも、3時間も、4時間も待つとなるとねぇ(^^;

ぜひ、平日の、中途半端な時間に行く事をお勧めしますね(^^;


あぁ~~~~、うまかった(^^)v
満足満足…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-11 10:16

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 さぁどうする? 編 】 』


やりました!

とうとう達成しました!!


2005年から丸4年…

ようやく「明月院」へのリベンジを果たしました。

しかも!
想像以上の大満足(^^)v

いやぁ~~、ほんと紫陽花、凄かった!


とは言え、若干の心残りがひとつ…

それは、例の「生シラス丼」のお店

「とびっちょ」

どう考えても、昼飯を食べるためだけに
「江ノ島」まで行くのは、今回の計画では無理! (--;

だからって、改めて「生シラス丼」のためだけに
はるばる江ノ島まで行くってのもねぇ?
「できれば、ついでに…」 って、思うじゃん?

実は一縷の望みとして、
「夕飯に…」ってのも考えられるなぁ~
と、考えなくもなかったのですが、
はなから、この計画の最終地点は北鎌倉、「明月院」

とするとぉ?

そう、北鎌倉駅を再度出発、鎌倉駅で江ノ電に乗り換えて、
江ノ島まで約30分…
さらに、江ノ島大橋をえっちらおっちら…
そうして、やっとたどり着いたものの、
目的地の「とびっちょ」は超人気店

更に、その日の漁の具合によって「生シラス」の
在庫量が変化するというリスクまで…

とまぁ、ぐだぐだ言っていても、ここをお読みの皆さんなら
すでに、こうお思いのことでしょう?

「な事言ってたって、どうせ行ったんでしょ?」 と…

ピンポン!
ピンポン!
ピンポォ~~~~~ン!

はい! 大正解(^^;


一日中歩き回った老体に鞭打ち、再度気を取り直して
北鎌倉から、江ノ島を目指す事にしました。

「ようやるわ…」

って、感じでしょうか(^^;

… … … …

今調べてみますと…
北鎌倉 ~ 江ノ島…

北鎌倉~大船~藤沢~江ノ島

と言う経路の方が若干早いのね(--;

まいいや、その時は、そんな事はつゆ知らず… だもんね(^^;

って事で、江ノ電江ノ島駅を降りて、江ノ島を目指します。
傾きかけたおひさまのせいで、初夏の江ノ島は
ほんとにかすかにセピア色に染まり始めておりました。

人もまばら…

なんだか、休業中の江ノ島に来てしまった感じです。(^^;

ですが!

江ノ島大橋を渡りきったすぐの所にある、
お土産屋さんの前を通り過ぎる時
一枚の張り紙が目に入ります。

「生シラス終わりました」


((;゜Д゜)ガクガクブルブル

((;゜Д゜)ガクガクブルブル

((;゜Д゜)ガクガクブルブル

早くなる鼓動…

ここまでの苦労も水の泡か!!


って事で、つづく! (^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-10 10:32

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 いざ、北鎌倉へ! 編 】 』


「報国寺」のバス停には、すでに数人の方が列をなしておりました。
最後尾に並んで待つことしばし…

常に携帯している「バスカード」

「バスカード」のお得度は、かなり高いからね(^^)
みんなも持ち歩いた方がいいよ(^^;

を、使って「鎌倉駅」を目指します。
10分位だったかなぁ~

「鎌倉駅」に着いたら、とにかくちょっと休憩…
って事で、駅前のマックに入る事にしたのよねん♪

妥当な所で、コーラ…(^^;

席について、コーラを飲み始めると、
若干、小腹がすいた感じ… ウハハハ…

でもって、ベーコンポテトパイを改めて購入。

このベーコンポテトパイ… 結構うまいんだよね(^^)
アタシャ、好きだよ(*^。^*)

まぁ接客には定評のあるマクドナルド…
割と客を平等に扱うって部分では、
アタクシも信頼している感はあったのですが…

この、再度ベーコンポテトパイを買いに行った時の
レジの接客には、ブチ切れました(^^;

まぁ、詳しくは書きませんが、
「頼むからこれ以上疲れさせないで…」って感じよ。
そんなもん、こっちだけの都合だけどね(^^;


あっ!

急に気が変ったわ! (^^;

今回は割と短編な感じにする予定だったので、
ついでといっちゃぁなんですが、
事の顛末を記しますわ…

どこかでも、ちょっと議論になってるのを
昔見た事があるような気もするのですが、
最近のファーストフード店や、小さなスーパーでは
レジ待ちの列って、複数レジに対して1列方式
レジ前に列を作る方式とあるじゃないですか?

マックは基本的に、各レジに並ぶ方式なんじゃないかな?

アタシャ、断然1列推奨派だけど、無駄に列が長くなるんだよね。


でね、最初にコーラを買った時は、
1列方式になりかけていたのね。

別にそんなに混んでるわけじゃなかったさ…

で、脇でゴミ箱周りの処理をしていたおねぇちゃんが

「各レジに別れて並んでください」

てな感じの事を言ったのね。
1列に並んでたお客さんも、2列に分かれたさ…
(稼働していたレジは2台ね)

アタクシも、
「ハイハイ、そっちの方式なのねぇ~」
って思って、均等になる様に並んださ…

コーラを買ったさ…

ここまではいいよね?

いい? だいじょうぶ?

ちゃんと、頭の中にマックの店内の様子が浮かんだ?(^^;

でもって、次、「ベーコンポテトパイ」を買いに行ったさ…

そしたら、またもや若干「1列方式」になりかけていたのね。
2台のレジの真ん中くらいに男性が並んでいてね。
その後に並んだのさ…

真中にいたからね。
追い越すわけにもいかず、
そのうち、また従業員が誘導するじゃろ…と…


そしたら、その男性はちょっと迷ったそぶりながらも
右のレジの列へ…
なので、アタシャ左の列へ…

正しい選択ですよ。
なんせ、上で言ったようにここのお店は
「各レジに並ぶ方式」なんですから…

右のレジには、前にお客さんがひと組…
左の列もひと組…

待つことしばし…

ま、購入したものの差でしょうな…
アタクシの並んだ左の列の方が、
右の列より若干早めに会計が済んだんです。

なので、アタクシ当然のことながら
一歩前に出たのですが…

「お客様、申し訳ありません少々お待ち下さい」

と言って、

右の列に並んだ男性を、わざわざ左側レジに
呼び戻して、先にオーダーを取り始めたのです。

はぁぁぁぁぁぁぁ??????

と、思いましたね。

所詮レジなんて、進む速さに違いがあるわけです。
それを吸収しようとするならば、間違いなく
「1列方式」の方が適当なわけです。

こんな事がまかり通るなら、
先に別のレジに並んだお客を全て把握して、
その順番どおりに接客しなきゃらんわけです。

もちろん、後回しにされた事自体にも
まったく、むかっ腹を立てなかったと言えばウソになりますが、
それよりなにより、

「さっきと言ってること、やってる事が違う」
という、ちぐはぐな接客に我慢がならなかったんです。

しかし!

「いかんいかん、ここは我慢だぞ…」

と、ぐっとこらえておったのですが、
その、先に応対した男性の接客中の合間に、
アタクシに、「申し訳ありません」
声をかけてきたんです。

これがいけなかった(^^;

なにがどう申し訳ないのかがさっぱりわからん

なにかプツっと音がしました。(^^;

「さっきは2列に並べと言って、今度は1列が正解なのかい?」と…
「言ってる事が違うじゃねぇか!」と…
「どっちが正しいんだ???」と…

よかれと思ってやったんでしょうがねぇ~
その、場当たり的接客はないと思うよ(^^;

1列方式にしろ…
複数列方式にしろ…
状況によってそれを変える方式にしろ…

こんな混乱を招かない策はいくらでも
講じられるわけですよ。

そういう頭を使わない、場当たり的な対応に
振り回されるのは、まっぴらごめんですわ

って事で、ほんと頼みまっせ(^^;

だけど、偉いね。さすがマクドナルドだわ!
クレームに対応する時の練習とかもしてるのかねぇ?
さっと姿勢を正して、対応してきたからね。



さて、そんな「小劇団的寸劇」を演じた後は、
「北鎌倉」に向かうべく、「鎌倉駅」のホームに
出たわけですが…

絶句…

ホームが人であふれかえってます(^^;

だいたい15時頃の出来事なんですが、
今この状態じゃ、先が思いやられますよね。

通勤電車みたいな、横須賀線に乗って…
まぁ、一駅だからいいのですが、帰りはそうじゃないからね。
「北鎌倉」の「明月院」へと向かいます。

って事で、つづく…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-06 10:01

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 老舗レストラン【勝烈庵】 編 】 』

【 小町通り 編 】で書いたように、
昼ごはんを食べる場所…
「なんかないかなぁ?」
と、探したのですが、一応「保険」は掛けてあったんですよ。

「食指を動かされる店」がなかった場合のね(^^;

そのお店はガイドブックで見つけたんだけど、
【勝烈庵】( http://www.katsuretsuan.co.jp/index.html
って言う、とんかつ屋さんなのね。

あれだけ「鎌倉っぽいなにか」にこだわっていたにも関わらず、
なぜとんかつ屋さんなのか? って話でしたね。

では、その謎を解くために… (^^;
以下の話を読んでみてください。

『丼に広がる宇宙【カツ丼vs煮カツ丼】』

あらから数年…
「かつ丼」を取り巻く状況も、少々変わりつつあると思うんです。

なんて、そんな大袈裟なもんじゃないんだけど(^^;、
上記の記事にある「煮てないかつ丼」の事を、
「ソースかつ丼」って言うのが、割と一般でも通用する様に
なってきたかもなぁ~と思うんですわ! (^^;

でね、この【勝烈庵】の「かつ丼」が、
その「ソースかつ丼」なんですよ!

「ソースかつ丼」って言う、呼称が若干一般的になろうが
「煮てないかつ丼」自体が、「普通のかつ丼」と
認知され始めているわけではなく、
なかなかメニューとしての「ソースかつ丼」と言うのは、
目にする事はないわけです。

その「ソースかつ丼」が割と人気メニューとして存在する店…

しかも!
【勝烈庵】は数店舗あるにも関わらず、「ソースかつ丼」は
鎌倉店のみのメニューなんだそうな…

その名も、「かつれつ丼(ソース)」(¥1160)!

どう? ちょっと「鎌倉ならでは感」が出てきました? (^^;


さて、この【勝烈庵】は駅前と言っていい位の場所にあるんです。
江ノ電の鎌倉駅から、鎌倉市役所の方に歩くと、すぐ右側にあります。

いかにも「老舗」な感じの店構えでして、
店内も、「老舗レストラン」の名に恥じない落ち着いた雰囲気です。

うんちくがなかったのでわからなかったのですが、
なぜか、「棟方志功」さんの作品で店内統一されてます。

昼時近いからと言って、無理やり狭い席に案内される事もなく、
ちょっと年配の、ホテルで言えばいかにも「給仕長」と言った感じの
店員さんのサービスが気持よかったですね♪

面白かったのが、箸…
なんかね、いい木を使ってるんだってさ
  ↑ 明らかに木の種類は忘れているのを誤魔化す書き方 m(__)m
「だから、ぜひ、持って帰って家で使ってください。」
って、説明書きなの…
我が家でも、主にラーメン等の麺類を食べる時に使わせて
いただいております。(^^)v


さぁ! いよいよだね。(^^;
他のメニューには目もくれず、注文したのは

「かつれつ丼(ソース)」(¥1160)!

お代わり自由なキャベツ、お新香、味噌汁が付きます。

肉は柔らかかったし、自慢の自家製ソースが濃厚で
「ソースかつ丼」の醍醐味を感じさせてくれますね(^^)

単純においしかったです。

さすがに、「ソースかつ丼」食べるためだけに、
鎌倉に行くってのも無理がありますが、
「行った時には…」の選択としては
外れにはならないと思いますよ。

しかぁし!!

唯一の不満がっ!! (^^;

それは、キャベツが別皿で供されること!!

「ソースかつ丼」の王道としては…

・まず飯!

・その上にキャベツの千切り!

・そして、その上にトンカツ!

ま、キャベツはトンカツの周りに位置しても、
脇の方に位置してもいいけど、とにかく
どんぶり内に収まる様にしてくれないと! (^^;

そうする事により、若干シナっとして、
トンカツの衣の破片や、油がちょっとついて、
更に、ソースもかかって渾然一体に!!

これこそ、「どんぶりもの」究極の醍醐味じゃないっすか?

今度行く事があったら、
そういう風にリクエストしてみるか… (^^)


って事で、

【勝烈庵】かつれつ丼…

結構、オススメです!
あの感じからすると、普通のトンカツメニューも
結構いけるんじゃないなか?
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-28 10:31

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 若宮大路 編 】 』

申し訳ないのですが、
断然賑やかで楽しいのは、
「若宮大路」じゃなくて、「小町通り」…(^^;


だけど、侮ってはいけないのが「若宮大路」…(^^;

なんせ、昔ながらのお土産屋さんがちらほら…
そこには、伝統の「木刀」やら、提灯やら…
何十年も変わらずに、日本の観光地の定番と言える
お土産品が、店先にどっさり並んでおりますがな!

「木刀」だよ? 「木刀」… (^^;
タイムスリップしたような感覚さえ覚えてしまいますからね(^^)

さて、そういうお土産屋さんとは別に、
新しいお店も結構ありまして、今回目を付けたのが

本染め手拭い専門店「拭う」(http://www.grap.co.jp/nugoo/index.html)

と言うお店…

日本手拭の専門店なんだよね。

鎌倉っぽくね? (^^;

昨今は、結構な「浴衣ブーム」だったりするじゃない?
やっぱり、和風なものってなんかいいよね?

とにかくね。手拭の品揃えってか、種類がめっちゃ豊富です。
「いつ使うんだよ!」
と、突っ込まれそうな気もしなくはないですが、
ついつい、買ってしまいたくなる感じですよ♪

しかも、このお店、手拭いだけじゃなくて
和風な小物とかもあるのね。

「若宮大路店」、「二の鳥居店」があってね、
品揃えがちょっと違うのよ。

二つの店舗は、すごく近い位置にあるので、
ぜひ、両方を見比べる事をお勧めします。

ってまぁ、日本手ぬぐい自体に興味がなければ
別にどうってことないんですけどね(^^;


そんなお土産屋さん達をたっぷり眺めたい場合は、
普通に、「若宮通り」の両脇の歩道を歩く事になるんですが、
そのあたりのお土産はどうでもいいかな?という諸兄には、
やはり、若宮通大路、中央に位置する参道を歩くのがいいです。

なんでかって?

いや、なんとなく… なんですけどね(^^;
なんかいい感じなのよ…

さて、このまままっすぐ「鶴岡八幡宮」へ向かおうとしたのですが、
この時点で、時刻は11:30位…


八幡宮へ行って、その後昼ごはんとなると、12:30~13:00頃?

やっべ! 一番混みそうな時間帯じゃない?

しかも、まだ食べるもの、食べるところ、確定してないし、
八幡宮へ行ったら、またこっちに戻ってくる事になる可能性高し!!


更に、しかもな事に(^^;

ここまで、
・力餅5戸
・ふまんじゅう
・鎌倉コロッケ

と、食いたい放題だったわけでして…


いつものように、

あぁ~~~~~~~~~~~~、腹減ったぁ~~~~~!!

って、程じゃないわけじゃん!


この状況をはかりにかけますってぇと…
やっぱり、今のうちに食べておいた方がいいという結論に…


で、向かうのは

【勝烈庵】

という、とんかつ屋さん… (^^;


前回位から、散々、
「鎌倉っぽくないものは食いたくねぇ~~!!」
とか、言っておきながら、とんかつ屋さん…

ディスプレイの前で、ブチギレてる皆様の顔が
目に浮かびますよ。 ウハハハハ…

でもね、まぁ、これにはそれなりの理由があるんですよ。

って事で、それはまた次回… (^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-27 10:19