★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリ:寺社・仏閣( 20 )

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 浄妙寺 編 】 』


『竹林』を堪能して、「報国寺」を後にすると…

「道路を渡ってすぐ向かい」って位の距離にあるのが

「浄妙寺 」

拝観料、 100円也を払いまして中に入ります。

このお寺の最大の特徴は ↓ これ!





b0124969_1095593.jpg
b0124969_10102043.jpg
b0124969_1010404.jpg


このお寺… 別名 「猫寺」と呼ばれています。 (嘘)



でも、このお寺に生息している猫どもは結構有名…(^^;
ガイドブックにも出てきたりしてます。

一応紫陽花もあるって事で、散策させて頂きますと、
敷地の奥の方に、ちょっと山へ登る斜面みたいな
所がありまして、そこに咲いておりました。

つってもまぁ、規模的にはそれほどのものではなく… (^^;

さて、聞こえは悪いですが、このお寺さん結構商売上手… (^^;

途中には、枯山水が、まるで額縁の中にある様に見える茶室が
ありまして、お茶代 500円 だったかな? (^^;

でもって、紫陽花を見た斜面から敷地上方の
通路に抜けますと、そこには、

「石窯ガーデンテラス」(http://www.ishigama.info/menu.shtml)
と言うレストランがあるんです。
境内にレストランですよ?

フランス式の石窯で焼いたパンがオススメなんだとか…

この浄妙寺への入口の所に、「石窯ガーデンテラス」の
大きな看板が見えてはいたのですが、
まさか、敷地内にあるとは思いませんでした(^^;

つまり!

このレストランに入るには、まずは、拝観料という名の
「お通し代」100円を払わんにゃならんという事になっとるしだいです。

これぞまさに、店への「お通し代」ってか! (^^)v

って事で、そんな高級なお店へはとても入れないと思ったアタクシは、
猫と少々戯れてみようかと思ったのですが…

ですが…

上の写真を見ていただければわかる様に、
一匹目は、超爆睡… 最初死んでるのかと思ったからね。
二匹目、三匹目の猫ちゃん達も、微妙に愛想がなく… (^^;

ちゃんとお参りだけはして、浄妙寺を後にする事にしました。


さて、予定ではこの後「鎌倉宮」へ行ってみるつもりだったのね。
地図を見る限り、今いる「浄妙寺」から「鎌倉宮」って、
直線距離にすると結構近いんだけど、道がないんだよね(^^;

抜け道があるのかもしれないけど、
「もしも行けなくて戻るリスク」を考えるとちょっとねぇ?

かといって、正攻法で行くと、ほぼ「八幡宮」くらいまで戻ってから
また逆方向に歩く感じ…





あきらめました。 ウハハハハ…


さすがに疲れた(^^;

この時点で、歩いて鎌倉駅方面に戻る気力さえも
若干怪しい雰囲気…

浄妙寺入口の路地から大通りへ出れば、
そこは、前回も書いたように、「報国寺」への入口脇のバス停…

鎌倉についてからだけでも、
5時間位は歩いてる計算だからね(^^;

ってことで、おもむろにバス停の列に並びました(^^)/

そして、目指すは、「鎌倉駅」!

ここから、今度は「北鎌倉エリア」を目指します。

ふぅ~~~~~~…

書いているだけで、なんだか疲れてきました(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-04 10:13 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 報国寺 編 】 』



ガイドブックによりますと、
八幡宮の東側のエリアを「鎌倉宮」周辺って言うらしいんですね。

こちらの方面にも一応紫陽花があるってんで、
今回訪問してみる事にしました。

って事で、位置関係を見ていただきましょうかね(^^;

毎度おなじみ、GoogleMAPです。
画面で言うと、「鶴岡八幡宮」の右側になりますが、
わかりますでしょうか? ↓ クリック
今回の軌跡

まず向かうのは「報国寺」と言う所。
ここの名物は、「竹林」なんだってさ!

「八幡宮」脇の「横浜国立大学付属小中学校」の
横を抜けて道路に出ると、その道路に沿って川が流れてるのね。

この川にね、いっぱぁ~~~~~い、鯉が泳いでるの…
もちろん他の小魚や、久々に見た「あめんぼ」とかもいっぱい…

すぐわきはアスファルトで、
車がびゅんびゅん行き交っているのですが、
川側だけみると、ほんといい雰囲気ですわ! (^^)

トボトボと歩いて20分位かなぁ~
「報国寺」にたどり着きました。 (^^)v

あ! ちなみに、バスも使えます。
「報国寺」に入る脇道の入口がまさにバス停だったりします(^^)

で、境内に入って、最初に目についたのが、これ…

b0124969_9501411.jpg


この苔むした感じ… いいよね。
何度も言うけど、こういうのをなんとなくでも
「なんか、いいなぁ~」
って、思うのってやっぱり、それなりの年齢になってからじゃない?(^^;
アタクシも、「それなりの歳」になったって事ね(T_T)

このお寺は、「座禅会」とかもやっているみたいよ♪

庭をぶらっと歩く分には、特に料金はかかりません。
しかし、看板を目印にたどり着く噂の「竹林」は、
料金が必要なんですよ。

あっちこっちには、「拝観料」って書いてあるけど、
単なる、竹林への「入場料」って事だわね。
それが、200円!!

その竹林の奥には茶房があってね。
そこの抹茶セットを楽しみたい方は、プラス500円…

入場料払って、更にこの値段はどうかと思うね。
なので、アタシャ、パス!(^^;

竹林だけ見りゃいいですぅ~♪

さて、その竹林ですが…

いいね! (^^)v 非常にいい!

b0124969_950432.jpg


これだけの密度で、きちんと整備されてる竹林って
なかなかないんだろうね。

200円の価値はあるかな…

b0124969_951811.jpg


b0124969_9512840.jpg



ぐるぐると、2周位してもいいかも…(^^)

まぁこれは勝手なイメージなんだけど、
なぜか「忍者」を連想するね(^^;

竹林を颯爽と走りまわる忍者…
なにを見て植え付けられたイメージなんだろう…


そして、最後には、こんな枯山水のお庭付き…
b0124969_9515844.jpg

この庭を眺める用のベンチがありまして、
そこで一服(^^)…

ふえぇ~~~~~…
さすがに、疲れてきたかも…(^^;


えっと…
「報国寺」の「竹林」… 結構オススメです。


って事で、次! 次に行きます! (^^;
最後までもつのかなぁ??
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-03 09:55 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 鶴岡八幡宮 編 】 』


前回訪問した時は、メインアトラクションの

「本宮」

が、工事中で本宮へと向かう階段へさえ登れなかったんですよね(--;
リスと戯れて終了したんですが、今回はリスがいなかった!(T_T)

あぁ~~あ、リスト遊びたかったなぁ~

って事で、まずは、正面入り口「太鼓橋」!!

b0124969_9501845.jpg


八幡宮を訪れるのは、今回で4度目…

・6,7歳の時に家族で…

・小学校6年生の修学旅行で…

・2005年6月の「鎌倉紀行」で…

そして今回…

でなんと! 四度目にして、発覚した驚愕の事実!!

つっても、みんな知ってるんだろうなぁ~ (^^;

ガイドブックに書いてあったから知ったんだけど、
この画像をご覧あれ!

b0124969_9512529.jpg

「八」の字が、ハトになってるんですね?

でもって、このハトが「鳩サブレ」のモチーフなんだとか…

知らなかった… … … … _| ̄|○


って事で、その「八」の字をじっくりと堪能して、
ちゃんとお参りして、「鶴岡八幡宮」は終了 (^^;

今来た参道を戻らずに、東側の側面へ抜ける道へと進みます。


じゃ、今日は終わり!! ウハハハ!
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-31 09:52 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 御霊神社 編 】 』



「ある目的」を果たすためには、
「成就院」から、今来た道を「長谷寺」方面へ戻らなきゃならんのね。

で、単純に戻ってもいいんだけど、
来る途中、ちょっと面白そうなものを見つけていたのさ…

今までで紹介した
「力餅家」「星の井」も「星の井通り」ってのに面してるんですね。
で、ちょうど「力餅家」の所に脇にはいる路地があって、
そこの壁に、

「アジサイあります!!」

てな感じの張り紙がしてあったのさ…
さらには、

「長谷寺への近道!!」

とも、書いてあったの…

ほう! 隠れた紫陽花の名所が
こんなところにもあるんだ?

って、思うわけじゃん?
しかも、そのまま「長谷寺」方面に抜けられるなら、
何の文句もございませんやね(^^;


そんな、

「冷やし中華始めました!」

とか

「オードムーゲあります!!」

的な張り紙をして、客を引かなきゃいけないって事は、
随分とマイナーなのかと思いきや…(^^;

ガイドブックを見直したら、ちゃんと載ってるのね(^^;


って事で、「力餅家」の角を曲がると…
踏み切りと、小さな森が…

b0124969_9142672.jpg


踏切に辿り着くと、ちょうど江ノ電が迫ってくる所…

b0124969_9154497.jpg


地元の人には、珍しくもない光景でしょうが、
まるで線路の中に入ったかのような、
このシチュエーションは、結構ワクワクするよね。

で、通過する電車を見送ると…
線路の両側に、紫陽花が咲き乱れております (^^)
b0124969_9161014.jpg


そして、たどり着いたのが

「御霊神社」



みたまじんじゃ?

おんりょうじんじゃ? (^^;

ガイドブックには、

「ごりょうじんじゃ」

と、書いてあります。
境内に足を踏み入れて、
まず目に入ったのは、ベンチ…

そう!

約1時間前に買った、「力餅家」の「力餅」が、
ずぅ~~~~~~~っと、アタクシを呼んでるわけよ!

って事で!
他人の視線も顧みず(^^;

「御霊神社」のベンチにて、
「力餅」一気食い!!

(^~^) ムシャムシャムシャ…(⌒O⌒)

b0124969_9151385.jpg


一気に5個…
ポン、ポン、ポン、ポン、ポン…
と、5回の舌鼓を打ったのでございます!

くどすぎない、自然な甘味の餡と、
まさに「力餅」のその名のごとく、
ずっしりと噛みごたえのあるモチ…
甘いものはそんなに好きじゃないアタクシでも、
まったく問題なく、おいしくいただけました。

うまいっ!

とここで、重大な事実が発覚!!!!!

なんと、この「力餅」は、
この「御霊神社」に祭られている
「鎌倉権五郎景正」の 「怪力」と「武勇」に
ちなんで作られたんだとか!

という事は、いままさに、この場所で
「力餅」を食するのは、王道中の王道!! (^^)v

これを「導かれた」と言わずになんと言う??

別に、なんともいわんわ! … だよね(^^;

実は、上記の事は後から知ったんですが、
偶然にも、ちゃんと証拠写真も
撮って来ていたんです。

b0124969_917109.jpg

↑ なんじゃこりゃ?
って、感じでしょ?

あたしゃ、てっきり「オーパーツ」の一種かと…(^^;
脇には、ちゃんと説明書きがありまして…

b0124969_9173677.jpg


実は、軽石だったりしてね。 ウハハハ…
怒られるな…(^^;


あ! しまった。
すっかり、紫陽花の事を忘れていた(^^;
一時は、例の張り紙の「紫陽花」って、
江ノ電の線路脇の紫陽花の事かと思ったのですが、
本堂の後ろ側に、ちょっとした散策路がありまして、
そこに紫陽花が咲いていました。

つってもねぇ~
「長谷寺」「成就院」と回った後だと、
どうしても…( 以下自粛)

さて、「張り紙」のおかげで、思いがけず訪問した
「御霊神社」、脇から住宅街へと抜けると、
確かに、偽りなく、すぐに「長谷寺」付近へと
出ることができました。

しかし、この路地にある、邸宅がすごいわ!
まさに「豪邸」、ってな家ばっかりね。(^^;

って事で、ようやく、「成就院」から
もと来た道を戻らなければならなかった、
目的地へと近付くのでありました。 (^^)

つづく…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-16 09:21 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 成就院 編 】 』

以前も書きましたが、「成就院」の最寄り駅は
だいたい「極楽寺駅」となっておりまして、
昨日の話の最後に掲載した画像とは、
反対の方角から来る事になるわけです。

って、面倒なので、もう一度載せましょう(^^;

b0124969_1164269.jpg


左側にある門をくぐって、紫陽花に囲まれた
坂をのぼりつめた所が「成就院」になります。

なので、アタクシが行った方角からだと、
まず、紫陽花坂(←勝手につけた)を登るんですね。

反対側からだと当然、紫陽花坂を、
まず下りるんです。

昇る場合は、
ちょっと上っては振り返り
ちょっと上っては振り返り
していると…

b0124969_1044593.jpg

紫陽花と海のコントラストがっ!!
だんだんと、海が見えてくるわけですね。

b0124969_104822.jpg


で、極楽寺方面からだと、
いきなりこの景色がどぉ~~~~ん!
って事になるんでしょうね。

さて、さて、どっちがいいんでしょうね(^^;

しかし、非常なまでの「景勝」ですな! (^^)

海、坂、両脇の紫陽花…

単純に量的な観点から比べると
「長谷寺」には及びませんが、
まさに絵になる景色でございます。

坂の頂上にあります、境内はとても小ぢんまりしてまして、
人とすれ違うのがギリギリって感じ…

これだと、休日とかで人がどっと押し寄せちゃったら、
かなり大変なんじゃないかな??

きちんとお参りもしましたよん♪

で、このまま「極楽寺」へ…
そして「極楽寺駅」から江ノ電に乗る…

っていう、手もあるのですが、
ここは、敢えて今来た道を戻ります。

それは当然、ある目的があるからね。

って事で、次回はその目的の話です。



でもって、まぁ、不思議な事があるね。

これを、「セレンディピティ」っていうのか
「シンクロニシティ」っていうのか…

いやね、この日、家に帰ると、
「定期購読」を申し込んだ(^^;

「世界百不思議」 <= クリック

って、雑誌が宅配メール便で来てたのね。

それを、パラパラめくるとこんな記事が!!

b0124969_2216698.jpg


なんと、行ってきたばかりの「成就院」が
見開き2ページに渡りまして紹介されてました。

あ! 「星の井」も紹介されてますね(^^)
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-08 10:02 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【長谷寺 紫陽花以外 Part2 】 』


なんか鎌倉の地形っていいよねぇ~
すぐそこが海かと思えば、背後は山…
足元を見れば川は流れているし…

まるで、昭和の時代の「青春ドラマ」の舞台となった
高校がある場所みたいじゃん?

で、長谷寺ももろにそんな感じの場所で、
すぐそこは由比ヶ浜、でもって長谷寺自体が
山の斜面みたいな所にある。

だから、敷地内も入り口部分が1階としたら、
観音堂やら、鐘楼、昨日紹介した経堂なんかは
2階部分って言っていい感じなんだよね。

で、その1階~2階の階段の中腹にあるのが
「地蔵堂」ってアトラクション場所…

ここも見どころの一つで、「千体地蔵」ってのがあるのよ。

漫才コンビ「磁石」のネタ風に言うなら…

「え"~~~~~~~~っ!! 千体ちょうどおぉ???」

って感じだけど(^^;
ま、とにかくたくさんのお地蔵さんがあるって事ね。

こんな感じよ…
b0124969_10243520.jpg



所が!!
上の画像だと、まぁ、趣も多少あるわけですが…
ちょっと、こちらの画像をご覧あれ…
もちろん同じ場所なんだけど、

b0124969_10245442.jpg


ちょっと年季の入った感じのお地蔵さんは
最初の画像の様に、彫ったって雰囲気が多少ある。

所が、2番目の画像に至っては…
もうなんだか、いかにも「大量生産」的な…
工場にて「型」から、ボロボロと落ちて
ベルトコンベアに乗せられて出荷される
「ぷらっちっくせい」の「それら」の動画が、
頭の中でリピート再生される感じよね(^^;

どうにもこうにも、「ありがたみ」の「格差社会」
そこに形成されているようで、なんとも複雑な印象ですわ!

いや、ほんとのところは知らんよ(^^:
あくまでのアタクシの脳内のイメージね(^^;


さて、お次の見所は
「弁天窟」
という、センターオブ・ジ・アース洞窟…

全てが人工窟なのか、
多少は自然の洞窟が混じっているのかは
わからなかったのですが、
洞窟の壁面に、「弁天様」や「十六童子」と言われる
彫像があるんですよ。

b0124969_10253325.jpg


あるつったって、壁面そのものを彫り込んでありまして、
なかなか見ごたえがあります。
ちょっと写真は見づらいですが、ご勘弁のほどを…

しかし、人工窟かもしれないとはいえ、
そこは、まさに「洞窟」…

探検じゃ! 探検じゃ!

内部は、ろうそくの明かりのみ…
壁面から伝わる石のヒンヤリ感と
天井から染み出ては、滴り落ちる地下水が、
何とも言えず、探検心をくすぐりますな!(^^;

で、いつもの様に、頭の中での自分の姿は、
ハットをかぶり、鞭を持って、財宝を探している
感じに出来上がっていましてね。(^^)/^^^^^^

ずんずんと、はやる心を抑えながら洞窟の奥を目指すと…

こんな声が聞こえてきました。

「よぉ~~~~し! 今周のビックリドッキリメカだ!!」

お馴染みのBGMにて登場するのは「小弁天」…

♪ べんてん ♪
   ♪ べんてん ♪
  ♪ べんてん ♪
       ♪ べんてん ♪
  ♪ べんてん ♪
          ♪ べんてん ♪
  べんてん ♪
             ♪ べんてん ♪
           ♪ べんてん ♪
     ♪ べんてん ♪
        ♪ べんてん ♪
  ♪ べんてん ♪
       ♪ べんてん ♪


b0124969_10255993.jpg



「小弁天」の襲来です!

最後の最後にゃ、なんだか虫みたいだからね ↓
b0124969_1026161.jpg


クライマックスでは、小弁天が体に這い上がり、
口や鼻から入っては、中から内臓を食いちぎり、
目玉の奥から這い出て、目玉は垂れ下り、
いくらのたうちまわっても、次々に襲いかかる小弁天が…

って! 完全に、違う話になっとるやんけ!(^^;
なんだか、「Thriller」もどきのホラーっぽいやね(^^;


この他にも、
「なごみ地蔵」とか
「大黒堂」とか
「阿弥陀堂」とか
見所一杯あるんだよね。


いやぁ~~~~~~~、楽しんだ!
なんかねぇ、秋になれば「紅葉」もすごくきれいらしいんだ。

って事で! 「長谷寺」はなかなかいいね。

がんばって、「アサイチ」で行ってよかったよ!

未体験の方には、オススメしますよん♪
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-02 10:37 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【長谷寺 紫陽花以外 Part1 】 』


さて、この「長谷寺」ですが、
実は、「紫陽花」以外にも見どころ満載。

さすが、のっけから「入山料」を徴収するだけの事はあるな…と…(^^;

「紫陽花満喫コース」は、公式名称を「眺望散策路」と申しまして、
紫陽花を鑑賞すると同時に、その最高地点では、
こんな眺望が広がっております。

b0124969_11162283.jpg


紫陽花とのコントラストを意識するなら、
こんな感じでしょうか? (^^;
b0124969_11165129.jpg




その「眺望散策路」を一周してくると、
そこは、「お茶屋さん」になってます。
ここの「みたらし団子」
割と名物になっているらしいのですが、
今回なんせ、「アサイチ」なもんで、
まだ営業してませんでした(^^;

そのお茶屋さんの前は
「経堂」という、「お経」がぎっしりと詰まった建物…

b0124969_11173295.jpg


壁一面ぎっしり…
更に、中央には「回転式書架」と言って、
(上の画像で言うと、左側の屋根が付いてるやつね)
内部にお経が詰まった書架をぐるっと回すと
そのお経を読んだのと同じ徳を積めるんと言う
すぐれものがるんですわ!

実際にこれを回せるのは、
決まった日のみ、みたいですけどね。

しかしまぁ、都合のいい話だね(^^;
「回すだけでいい」って…
レプリカでも作って、テレビショッピングで売ったら、
割とうけるんじゃね?

いいですか?奥さん!
なんと、ここを、回すだけ! 回すだけなんです。

一回回せば、それだけですべてのお経を読んだのと
同じ徳があなたのものに!!

更に、今回回す回数の制限はお付けしません。
いくらでも、好きな時に、好きなだけまわし放題です。

ってね。 なこと言ってると怒られるな… (^^;

「お茶屋さん」&「経堂」のエリアを抜けると
そこには展望台があるんですよ。
「眺望散策路」で見た景色とは、またちょっと違う
景色が広がっています。

そして、次に目に入るのがこちら…

b0124969_11175552.jpg


あれ?? なんか顔なじみの連中がいるなぁ??

と、思ったのも無理のないところ…

これって、つい先日見た、
「国宝 阿修羅像展」
「第3章 中金堂再建と仏像」にも参加していた
釈迦如来&四天王のメンバーの方々じゃありませんか!

ね? 結構見所あるでしょ?(^^)

所が! まだまだ、こんなもんじゃないんだよ!

この長谷寺ったら、まだまだ豪華アトラクションにて
アタクシを楽しませてくれるのでございましたのよ♪ (^^;

って事で続く…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-01 11:20 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【長谷寺 写真館】 』

では、たくさん撮った「長谷寺」のアジサイ写真館です!

まずは、あらゆるサイトや、雑誌でも必ずと言っていいほど
掲載されているアングルの写真(^^;

b0124969_9213920.jpg


続きまして、いろんな紫陽花の
種類をお楽しみいただきましょう!

b0124969_9215880.jpg

b0124969_9221519.jpg

b0124969_9223497.jpg

b0124969_9225338.jpg

b0124969_923773.jpg

b0124969_9232267.jpg

b0124969_9233937.jpg
b0124969_9235942.jpg
b0124969_924281.jpg
b0124969_9244148.jpg
b0124969_924541.jpg
b0124969_9251252.jpg
b0124969_9252364.jpg


使ったカメラは、 4、5年前のFinePixです。
それにしちゃぁ、まぁまぁの写真もあるかな?? (^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-06-30 09:27 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【長谷寺編】 』


今回鎌倉に出かけるにあたって、参考にしたのは
『 鎌倉★ブロク 』

きれいな写真とともに、地元ならではの
リアルタイムな情報を提供してくれてまして、
とても参考になりました。

ありがとうございました。 m(__)m

で! 一番の収穫が、

「長谷寺」 <= アサイチがいいかもよ?
「明月院」 <= 閉門ギリギリがいいかもよ?

っていう、アドバイス…

調べました…
そしたら、「長谷寺」の開門時間午前8:00

午前6時頃の電車に乗る事にしました(^^;
どうよ! この気合いの入り様! ウハハハ…

最寄りの私鉄から、新宿へ…
新宿では、通常の出勤モードの方々を尻目に
「新宿・湘南ライナー」に乗り込み…
まず、目指すのは「鎌倉」。

ラッキーな事に、新宿から座れたので、
すっかり旅行気分満点 (^^)/

鎌倉での江ノ電への乗り換えもスムーズに、
到着したのは「長谷寺」のある「長谷駅」

時刻は、8時ちょっと前ね。
で、長谷駅からは、ほんと目と鼻の先なんだね。
案内板を目印に、歩きはじめると、すぐに着いちゃった。(^^)

が! すでに、この状態… (^^;

b0124969_10192333.jpg


みんな凄いよね。
でもね、どうやら、先頭の5~6人は「取材」の人だったみたい、
雑誌、テレビ、競って取材してましたよ。

「入口」にて、「入山料」なるモノ、金300円
支払いまして、いざ中に入りますと…

「紫陽花」以外も、なかなかいい感じです(^^)

b0124969_10194362.jpg



まずは、階段をあがりますと、
まるで、縁日の様に、「うちわ」を配ってました(^^;

でもね、この「うちわ」が中々の優れものでして、
長谷寺に咲く紫陽花の種類が写真でたくさん説明してあるのよ。

これは役に立ちました!
なかなかいい企画です(^^)

でもって、まずは、ご本尊にお参りです。

長谷寺の本尊は、
「十一面観音菩薩像(長谷観音)」
で、これがねぇ~なかなか巨大で、
神々しい感じがいいですねぇ(^^;

「宝物館」へと、続く「観音堂」自体も、
本尊だけでなく、いくつか見どころがあるので
ぜひ、立ち寄りましょう。
「宝物館」は更に、別途料金なので、今回はパス(^^;

あのね、今回ネットでの下調べと同時に、
一応携帯用の「鎌倉特集」な雑誌も買ったのよ。

それにも書いてあったんだけど、

「曲がりなりにも、神社仏閣に行くんだから、
紫陽花だけじゃなくて、ちゃんとお参りもしましょうね。」


ってさ…

どこに行っても、ちゃんとご本尊ってのがあって、
みんなそれなりに貴重な存在ですからね。
それを拝観するだけでも、まぁ、価値があるかな…ってね。

とまぁ、そんな事を思ったのも事実ですが、
最後の最後には、ちょっと考え方が変わります(^^;

それは、最終回ぐらいに書きますね。

さぁ! いよいよ、紫陽花です。
観音堂を出て、紫陽花の咲き乱れる場所に向かう所で、
こんな看板が目に入りました。

b0124969_10213127.jpg


「80分以上」…

「80分以上」っっっっって!!!

完全に、TDR化してますね(^^;
あぁ~~~~~~~~、良かった。
無理やりアサイチで来て、大正解だったよ。

まだ、ほんと人もまばらで、
目につくのは、例の取材の人達位だもん♪

って事で、ゆっくりたっぷりの「大鑑賞大会!!」

次回は、この「大鑑賞大会」の写真展を
お送りいたします。 (^^)
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-06-29 10:23 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009 【序編】 』



恐ろしい事に、それはすでに4年も前の事…

こんな記事を書きました。


『江ノ島』

『恵みを喰らふ! Vol.5(生シラス at 江ノ島)』

『鎌倉』

まだまだ、ひよっこブロガーだったアタクシ…

「鎌倉」についても、なんだかさらっと書いてますが、
実は、この時、とんでもない遺恨を残していたのでございます。 (--;

そもそも、上記の記事を読み直してみると、
記録されている日付の、2005年の6月に実際に「江ノ島~鎌倉」に
行っているわけじゃないみたいなんですよね(^^;

ブログを始める前に使っていた掲示板に書き込んだ話題の様です。
つまり、実際には2005年6月より前の話って事になります。

それを踏まえまして、今回はこんな書き出しから… (^^;


5年位前でしょうか… 江ノ島~鎌倉の散策に出かけました。
かの有名な「鎌倉のアジサイ」にジャストなタイミングでは
なかったと思うのですが、中でも断トツに有名な別名「紫陽花寺」
呼ばれる「明月院」へも足を運んだのでございます。

山への入口の様な道を、地図を見ながら進みますと、
洒落た和風のお茶屋さんが点在します。
そしてほどなく、「明月院」の門が見え始めました。

門構えからして、「いかにも」な感じが漂っております。

しかし、あまりに「門」が「門」そのもの…
それもそのはず、その「門」はしまっているので、
非常にダイレクトに「門」そのものの感じだったんですね。
ウハハハ…


「たのもぉ~~~~~~~!!」


♪ドンドンドンドン!♪



「たのもぉ~~~~~~~!!」


♪ドンドンドンドン!♪


と、明らかに閉まっている門を前にして、
そんな事はするはずもなく…(^^;

単に、江ノ島で遊びすぎて既に閉門時間を過ぎていたってだけの事…

せっかく、鎌倉から北鎌倉まで歩いたのに、その仕打ち…(^^;

「絶対に、もう一度来てやる!」
「ジャストミートで、紫陽花の時期に来てやるからな!」

と、心中でひっそりと捨て台詞を吐き、
その時の「明月院」参拝は諦めたのでございました。

でもって、毎年毎年、6月になると、

「今年こそ、リベンジしなきゃ!」

と、思いつつ、はや5,6年…(^^;

「よっしゃ! ついに今年は行ってやるぜ!」

事になったのはいいのですが、
なんだか聞くところによると、とんでもない、
想像を絶する群衆が押し寄せているとの事…

それじゃ、「風情」もなにもあったもんじゃねぇな…と…(^^;

って事で!
とりあえず、仕事はほっぽらかしましょう! (^^)v

プライベート優先で行きましょう!(^^)v

せっかくですからね、少しでも空いていると思われる
平日に狙いを定めまして、鎌倉に行って来ましたよぉ~~♪

さぁ!
「トルコの旅行記」も書かなければいけないところですが、
ここは、時期モノということで、しばし「鎌倉」のお話に
お付き合いくださいませ。

『 鎌倉紫陽花紀行 2009 』
の始まり始まりぃ~~~♪

b0124969_16463011.jpg


ではここで今回周ったルートを事前に記載しておきますね。

~:乗り物
=>:徒歩

江ノ電鎌倉駅 ~ 長谷駅 => 長谷寺 => 成就寺 => 御霊神社 => 由比ヶ浜
由比ヶ浜 ~ 鎌倉 => 小町通り => 若宮大路 => 八幡宮
=>報国時 => 浄妙寺 ~ 鎌倉 ~ 北鎌倉 => 明月院
=> 北鎌倉 ~ 鎌倉 ~ 江ノ島 => 「とびっちょ」 => 江ノ島 ~ 藤沢
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-06-23 08:56 | 寺社・仏閣