★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリ:スポーツ観戦( 8 )

《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2009 9/29(火)編 》



今年も、「東レ・パン・パシフィック・オープンテニス」を観戦に行って来ました!

って事で、過去の復習から(^^;

『東レ・PPO・テニス 2005 2/4(金) レポート』
《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2007》
《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2008 準々決勝編 》

昨年の記事にもあるように、今年は参加しないつもりだったんです(^^;

所が!
「PARCOの招待券当たったんだけど、仕事で行けなくなった」
という方がいらっしゃいまして、チケット貰っちゃったんです(^^;

つっても、開催3日目… 2回戦がメインの日なんだよね。
しかも、「抽選で当たったチケット」なんて、たぶん自由席じゃん?(^^;

せっかくもらったんですが、あまり期待せずに有明まで出かけたわけです。

手元にあるのは「引き換え券」
会場のどこかにある「引換所」にて、
まっとうなチケットと変えてもらうシステム。

係りのお兄ちゃんに聞いて(^^;、その「引換所」にたどり着くと、
そこは「優待券引換所」

優待:[名](スル)手厚くもてなすこと。また、特別に有利に扱うこと。

(※Yahoo辞書(大辞泉)より引用)

普通に、指定席券のチケットでした(^^)v

やったぁ~~~~!! ラッキー、ラッキー!

まぁねぇ、「指定席」つったって、それなりの席だろうと
思っていたわけでして…
チケットに書いてある席は、Fブロック、14列…
チケットの分類としては… 「SS席」

ん? なぬ? 「SS席」ぃ~~~??

ちょっとぉ~~ いいじゃないのよ! (^^)

「優待券」って名に恥じない席じゃない?

で、席にたどり着いて更にびっくりしたのが、
選手の真正面側の席だったんだよね。
b0124969_9321849.jpg


今まで買ったチケットって、審判が正面にくるような方向だったわけ…

この方向から見られる席って、なかなか取れなかったんだよね。
その理由がわかったよ!

こうやって、優待席に使われるからなんだね(^^;


などと、考えていたその瞬間、場内は真っ暗に!!

屋根を開けるようです!!


b0124969_932577.jpg

b0124969_932969.jpg



なんだか、神々しい情景(^^;

でもって、しばらくしたら、また閉めて…

でもって、しばらくしたら、また開けて…

開閉のテストでもしてたんでしょうか?

って事で、いよいよ試合開始!

センターコートでの第一試合は、

本戦シングルス 2回戦
アリサ・クレイバノバ 3 6 6
ベラ・ズボナレワ   6 4 2

b0124969_9364183.jpg

フルセットにもつれ込む、割と見ごたえのある試合でした。

当然のことながら、外のコートでも試合が行われていたのですが、
とりあえずは、センターコートで観戦しないとね。

せっかくの「いい席」だし… (^^)

この方向から見るのは、やっぱりいいよ!
ボールの軌道がすごくよくわかる(^^)

でも、この試合の途中…
いきなりの雨…(--;

又、屋根を閉める事に…(^^;
その為の、一時中断…

更には! 雨が降っちゃうと、後が大変!

まぁ、みてよ、この作業の状況を!!
タオルで、コートを拭いてるんだよぉ?

b0124969_9323013.jpg


しかも、その後はタオルの糸屑を
「コロコロ」で取るの(^^;

ほんと大変だわ、こりゃ!

さて、続きましては第二試合…

本戦シングルス 2回戦
カテリナ・ボンダレンコ  6 6(3) 6
エレーナ・デメンティエワ 2 7   1


この試合、第一セットが終わった頃…
「ちょっと飲み物でも…」と思い、ロビーに物色に行ったんですね。

と同時に、ちょっと確認したい事が…

実はこの日、クルム伊達選手のダブルスの試合が予定されていたんです。

1番コートの第三試合。
但し注意書きが…

※シングルスの進行状況により開始時間及びコートが決定されます

でまぁ、散歩がてら第一コートの状況を見に行くと
既に、第二試合が終わりそうなんだよね。

お! こりゃ早めに席とれば、伊達選手を近くで見られるかも??

って事で、席を移動して1番コートでしばし観戦(^^)

第二試合も終わり、いよいよ伊達選手登場かと待っていると…

10分経過…

20分経過…

30分経過…

席を移動してきてから、
すでに1時間が経過しようとしていました。

周りも、微妙な空気…(^^;
そりゃそうですよ、みんな伊達選手を待ってるわけですから…

すると、聞こえてきたこんな会話…

「対戦相手の選手がシングルスの試合を終えたばかりで
まだまだいつ始まるかわからないんだって」

だって(--;

そうならそうと、アナウンスすりゃぁいいじゃんねぇ?

みんな、じっと待ってるのに…
しかも、チケット代払ってるのに、「ただ待つ時間」を
強制したわけでしょ? 酷いよね。

わかっていれば、他の試合をみるなりなんなり対処できたのに…

選手には気を使うけど、観客には気を使わない…
運営側の姿勢が垣間見られたような気がしました。

って事で、仕方がないのでセンターコートへ…(--;

第二試合の続きを観戦…



そして、第三試合…
本戦シングルス 2回戦
サマンサ・ストーサー 0 1
マリア・シャラポワ  6 6


b0124969_93332.jpg


そうなんですよ。
シャラポワの試合なんです(^^)

が! アタクシ、実は、この日…
すでに、夕方から用事が入っていたんですねぇ~(^^;

19:00までに、御茶ノ水にいかにゃならんのですよ!

この第三試合が始まったのがすでに、16:00近い時間…

残念ながら、試合の途中でしたが、席を立つ事にしました。


さっ! って事で、今回の総評!!

別に金曜日でなくてもいいよ。
ま、価値観の問題だけど、どっちかってぇと、
二回戦、三回戦の日に見に行った方がいいかも…

だって… ガラガラなんだもぉ~~~~ん(^^)

事前に行く気満々で、チケット予約するなら、
火曜日、水曜日あたりなら、かなりいい席取れるんじゃない?
(あ、今年は、土曜日が決勝なんだね)

何をするにも空いているし、試合内容の良し悪しや、
見られる選手のラッキー/アンラッキーなんて、
どの日でも同じだからね。(^^;

たまたま、外のコートでお目当ての選手がやる事に
なれば、ほんと近くで見られるしね。


しかし、今日あたりでもチケット有り余ってるみたいだけど、
大丈夫なんかなぁ??

ちと、心配になってしまいますよ(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-10-01 09:37 | スポーツ観戦

《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2008 準々決勝編 》

昨年に続きまして、 「東レ PPOテニス」の準決勝観戦に
行ってまいりました。

つってもねぇ~ すでに決勝も終わり、若干の今更感はあるわけですが、
一応記録として残さねばなりませんからね(^^;


さて、「東レPPOテニス」もずいぶん様変わりしました。
なんつったて、場所が変わっちゃいました。
有明コロシアムになったんだよねぇ~

これが微妙に遠い(--;
ま、近くなった方もいらっしゃるんでしょうけどね(^^;

そして、開催時期も変更に…
今までは、2月頃だったのが、秋に変更!!

で、個人的意見としては、

「前の方がよかった!!」

「変更によるメリット」が残念ながらひとつもない(--;

「東レPPOテニス」って言えば、一番のウリは
東レの開発したインドア用サーフェスだったんじゃないかな?
って思うわけですよ。

あのコートでやるのが、「東レPPOテニス」の意義だと
思っていたのね(^^;

それが、有明コロシアムじゃ、普通のテニスの試合じゃん?
「東レ」の意味がないように思うんですが…

そして、「インドア」って所が二重に特徴ある試合に
していた様な気がするんだけどなぁ~

アタクシとしては、即刻元に戻してほしいです(^^;


さて、そんなアタクシの希望を知ってか知らずか、
非常に不安定な天気を考慮して、有明コロシアムは
天井を閉じたインドア状態にて、準々決勝が行われる
事になりました。

で、その有明コロシアムに入る直前…
関係者用入口でしょうかねぇ~

いかにも超高級な黒塗りの車が数台…

スポンサーのお偉いさんでも来たのかな?と思っていたのですが、
試合が始まる直前に、姿を現したのはこの人!!

b0124969_11533774.jpg


皇太子さんでした!!
さすがだね!
佐藤直子さんが、マンツーマンで解説者として
隣に座ってましたからね(^^)

b0124969_11545281.jpg



さて、それはさておきまして、実際の試合のお話を…(^^;


第1試合
[エレナ・ヤンコビッチ(RNK 2 vs スベトラーナ・クズネツォワ(RNK 7)]


b0124969_11562359.jpg

b0124969_1157415.jpg

いきなり、ランキング2位と7位の試合!!
フルセットまでもつれこんで、クズネツォワの勝利!

第一セットの時点では、ヤンコビッチ圧勝かな?
って感じだったのね。
でもまぁ、クズネツォワが粘る粘る。

粘り勝ちといった感じかな…

エレナ・ヤンコビッチ    6 5 5
スベトラーナ・クズネツォワ 2 7 7


第2試合
[アグニエシュカ・ラドワンスカ (RNK 10) vs ナディア・ペトロワ (RNK 22)]


b0124969_115936.jpg

b0124969_11595119.jpg


第一セットの途中までは、ランキングの差を感じさせない
非常にいい試合かも… って思ったんですが、
なんか一気に、流れがラドワンスカになっちゃって…
第二セット、さすがに6-0はねぇ(^^;


アグニエシュカ・ラドワンスカ 3 0  
ナディア・ペトロワ      6 6  



第3試合
[ エレーナ・デメンティエワ(RNK 4) vs カタリナ・スレボトニク(RNK24)]


b0124969_1211661.jpg

b0124969_1221100.jpg


いやぁ~ この日のベストゲームだったかも…
試合結果からは、そんな感じのしないスコアですが、
とても見ごたえがありました。
予選勝ちあがり組なのに、スレボトニクががんばるがんばる…
ストローク戦が、めっちゃ白熱!!

思わず息をとめちゃう感じ… おわかりいただけますでしょうか?(^^;

大興奮の、一戦でした♪


エレーナ・デメンティエワ    3 4  
カタリナ・スレボトニク     6 6  



第4試合
[カイア・カネピ (RNK 39) vs ディナラ・サフィナ(RNK 5)]


b0124969_12366.jpg


サフィナって、その長身とパワーからのイメージか
なんかダベンポートっぽいんだよね。

で、この試合もランキングから言えば、あっという間に
ケリがつくのかと思ったら…

カネピがんばるんだよね。
サフィナは、調子が悪かったのか、終始イライラしてる感じでさぁ

ボールに当たったり、叫んだり…

しまいにゃ、ラケット叩き壊しちゃったんだよ(^^;

そして、サフィナの汗がすごかった!
試合の途中、コートの端に行って、
スコートを絞ってたんだよ… (^^;

その割には、試合は妙に淡々としててねぇ
第3試合が、めっちゃ白熱しちゃったから、
アタクシもちょっと燃え尽きた感じだったのね。

しかも、第二セット終わった時点で21:00過ぎてたのよ…(^^;
さすがに、あきらめました。(--;

実は、この試合の後、雨天で外のコートから
センターコートに変更になった、ダブルスの試合も
ちょっとだけでも見たかったんだけど…

いさぎよくあきらめました。
すでに、観戦8時間ってことですからね。


カイア・カネピ    4 7  2
ディナラ・サフィナ  6 6(5) 6




と言うわけで、ご存じのように決勝は、
第1試合の勝者、クズネツォワと
第4試合の勝者、サフィナでしたね。

で、優勝がサフィナ…

そりゃ、決勝は決勝であって、その重みは他とは違うわけですが、
かならずしも、「いい試合」か?ってなると、
微妙なわけです(^^;

アタクシの中では、この日見た第3試合は非常に
見ごたえがありました。

やっぱり、金曜日ってお得感があるわぁ~ (^^)

って事で、たしかに有明は見やすい部分もあるんだけど、
東レの場合は、元にもどしてほしいなぁ~

今のところ、来年は行かない可能性が高いです(^^;

あぁ~~、そうそう! もうひとつ大事なことが…
「生 チャレンジシステム」も体験したんだった!

やっぱり、おもしろいよ、「チャレンジ」は… (^^)v
[PR]

by kizzarmy_live | 2008-09-24 12:05 | スポーツ観戦

『 Dream Match 2008 @有明コロシアム ~生グラフのバックハンドスライス~ 後編 』

そして、メインイベントともいえる最後の第三試合

まずは、グラフのサービスから… (^^)


b0124969_9335581.jpg
b0124969_934239.jpg
b0124969_9341080.jpg


そして、フォアハンド… (^^)


b0124969_9344173.jpg
b0124969_9344754.jpg


最後の試合だけ、3セットマッチなんだよね。

1996年のフェドカップの再現なるか!

って感じで期待してたんだけど…

なんかねぇ、グラフったらサービスのトスを何度もやり直すのよ。

ナブラチロワとの時はそんな事なかったのに…
更には、ファーストサービスが全然入らない(--;

どうしたんだろうと思っていると

チェンジコートの時だったかなぁ~
グラフが主審に向かってなにやら言っているのです。

別に判定に付いてじゃなさそうだし…

場内全体が「嫌な予感」に包まれたのさ。

これがね、割と試合が始まってすぐの事だったんだよね。

そしたら案の定… トレーナーさんの登場となりました。

「うわぁ、怪我? 大丈夫なのかな?」

この時既に、左太ももにサポーターしてるのわかったから
てっきり足に違和感でもあるのかと思ったら、
肩から胸のあたりを診てもらってるんだよね。

「もっと見たい!」

って気持ちと、

「こんなイベントで無理して後々響くような事ないようにしないと…」

と言う、相反する気持ちが噴出! (^^;

事の成り行きを見守っていると、
トレーナーではない主催者側の人間と思われる人と
なにやら話し込んでるんだよね。

「なんとか続行してもらえませんかねぇ?」

なんて言ってる様な気がして仕方なかったね(^^;


で、しばらくすると何事もなかったかのように
グラフはコートに立ったのでありました。



しかし! もうだめですよ。

こんな光景目の当たりにしちゃったらさぁ~

わかるでしょ? (^^;

もう楽しくもなんともないわけですよ。

こんな状態で伊達選手が勝ったってねぇ?

あきらかに精彩を欠くグラフが勝つわけもないし…

一気にテンションが落ちてしまいました(^^;


1セット終わった時点で、「グラフの棄権」って事になっても
たぶんお客さん納得したんじゃないかな?と思う…

そっちの方がすっきりしたかもしれん!とか思っちゃう状況でした。(T_T)

とにかく、それまでの時間がものすごく楽しかったからね。
このモヤモヤとした状態の中で過ごす時間は若干苦痛に思える程でした。


結果は、2-0 で伊達選手の勝ち…

別にどっちを応援していたわけじゃないんだよね。
「いいプレイ」を見たかっただけなのさ…


とまぁ、ちょっと残念な最後だったのですが、それでも充分楽しんだ!

やっぱり「生はいい!」(^^)

「グラフのサービス体験コーナー」
「ナブラチロワのミニテニスレッスンコーナー」も楽しかった。

選手たちが楽しそうにプレイしてたのがとにかく楽しかった。


なんでいままでこういう企画なかったんだろうね?

主催者にも、参加した選手にも感謝したいです。

いいもんみせてもらった!

なんかね、毎年開催されるみたいよ。この企画…

そしたら今度は、ヒンギスとかセレシュとか来るかもしれないね。


そして最後に…

選手たちのサービス精神にはほんと感動しました。

b0124969_935657.jpg

それまでの試合ではたくさんのサインに答えていたのに、
最後の試合、調子が悪く試合もいい結果に終わらなかったグラフは
客席最前列でサインを待ち構える人たちには目もくれず
一直線に出口に向かったのね。

アタシャ、「そりゃ仕方ないよ」って思ったのさ…

ところが!!

出口に向かったのは単に荷物を置くためだけ…

持っていた荷物をわざわざ隅に全部置いてから、
再度会場に戻ってサインに答えていたんですね。

アタシャ、感動したよ! (^^;

「やっさすぅぃ~~~~~!!」って叫んだよ! (^^;


今回参加した選手たちは、現在いろんなボランティアや
支援活動にすごく貢献してるんだよね。

なんちゅうか、ほんとさすが!だよね?


そういう面でも「高み」にいる人たちのスーパープレイを
間近で見ることが出来て本当によかったです。

「Dream Match」

ほんとにオススメです!
[PR]

by kizzarmy_live | 2008-03-19 09:35 | スポーツ観戦

『 Dream Match 2008 @有明コロシアム ~生グラフのバックハンドスライス~ 中編』


さて、『前編』の続きです。

「ドリーム マッチ」の開催を数日後に控えたある日、
一通のメールが届きました。

その内容とは?

なんかね、「ドリームマッチ」の中のアトラクションとして

「グラフのサービス体験コーナー」みたいなのを企画してるんだとさ…

でもって、「その希望者を募っている」んだとさ…


なんちゅう企画じゃ!!!


卒倒しそうです。
いやね、前々から
「トッププロサービスって間近で見たらどんななんだろう??」
って思ってたのさ…

それが、あぁぁた! 事もあろうにグラフのサービスとな?

即行、申し込みました(^^)


想像しただけで… グフフフフ…

応募者の中から4人を選ぶんだそうな…

で! ですねぇ~

そんなもん当然当たるわけもなく…
当日を迎えたわけでございました。


当たったと思った? (^^;
まぁ、世の中そんなに甘くないんだわね。(^^;



あ、そうそう!
先にお知らせしなければならない事があります。

な、な、な、なんと!

この「ドリームマッチ」の模様は、

来る、3月23日 日曜日 TBSテレビにて
深夜 1:50より

「テニス女王たちの夢の対決・伊達公子vsS・グラフ 」

として、放送が決定されております。


なので!


試合の内容に付いて知りたくない片は、
ここから先は読まない方がいいかもしれませんよ。


若干予定時刻を過ぎたものの…
普通のテニスの試合では考えられない、
ムービングライトやら、効果音やらを使った演出と共に
選手が登場しました。

まずは、花束を受け取るグラフね。(^^)
b0124969_95112.jpg


でもって、インタビューに答えるグラフ。

b0124969_951498.jpg


でもって、どうよ? この笑顔 (^^)
b0124969_9521171.jpg



当初の案内では、ガブリエラ・サバティーニ選手の参加が
予定されていたのですが、都合により参加できず。

代わりにマルチナ・ナブラチロワ選手が参加する事に…

正直… この組み合わせの方が凄いんじゃないかと…


第一試合: 伊達公子 vs M・ナブラチロワ <8ゲーム先取>

第二試合: S・グラフ vs M・ナブラチロワ <8ゲーム先取>

第二試合: S・グラフ vs 伊達公子 <3セットマッチ>


ありえへん! ありえへんぞぉ~ この組み合わせ…


彼女達の全盛期をご存知の方なら、

この組み合わせがいかに凄いかってわかりますよねぇ? (^^)


まずは第一試合

なんかねぇ、最初のうちナブラチロワ全然調子でないみたいでさぁ、
あっという間 5-0 になっちゃったのさ…

「なんだよ! いくらなんでもこのまま終わりじゃつまんねぇぞ!」

って思った後のナブラチロワは凄かった!

一気に追い上げてきたからね。

ナブラチロワ… 51歳だってよ!

もうねぇ、その「老獪」とも言えるテクニックはすごいね。
特にボレーは素晴らしいです。ほんとに…

しかも、ほんと楽しんでるって感じが伝わってくるのさ、
だからと言って手を抜いてるわけじゃなくね。

最終的には、8-6で伊達が勝ったんだけど、
いきなり「いいもん見せてもらった」って感じだったのでございますよ!


続いて、第二試合
「因縁の対決再び…」って感じよね。
現役時代の通算成績はなんと 9勝9敗 で完全なるイーブン…

その二人が対決するんだもん!
「世紀の対決」ですわ!


全体を通して言える事なんだけど、
とにかく見ようと思って見られる試合じゃないわけですよ!

現役時代のツアーだったら、試合の組み合わせによっても違うだろし、
その時どこまで勝ち進むかもわからないし、
たとえその組み合わせの試合が実現しても、
自分の買ったチケットの日程にその日が入ってないといけない。

生で見られる可能性なんて奇跡に近いわけなんですね。

それが! 今! 目の前に…

もちろん、とんでもない額の優勝賞金と名誉のかかった試合じゃありません。
既に引退している人達です。

でも、勝負になったら真剣にやるに決まってます。

実際、息を呑む様なプレイの連続なわけですよ!

ナブラチロワのサーブ&ボレーが…
グラフのバックハンドスライスが…
伊達のライジングショットが…

まさか、こんな近くで見られるとはね。

まさに「ドリームマッチ」じゃん!
まさに「ドリームマッチ」じゃん!
まさに「ドリームマッチ」じゃん!
まさに「ドリームマッチ」じゃん!
まさに「ドリームマッチ」じゃん!


なんどもなんども思ったわけですよ!

加えて、プレイする本人達も、もの凄く楽しんでるのが伝わってくる。
プレイ中にちょっと冗談言ったり、おどけて見せたり、
通常の試合だったら絶対有り得ない光景もいっぱい見られた。

とくにナブラチロワのウィットに飛んだ一言や仕草は、
それだけでエンターテイメントだわさ! (^^)

相手選手の素晴らしいプレイには拍手を送り、
ちょっとしたミスには本気で悔しがり…

「東レPPOテニス」に何度も行ったけど、
ここまでリラックスした中で、「楽しい!」って
思いながら試合観戦したことなかったもん!


第二試合はナブラチロワも第一試合の様な
立ち上がりの悪さはなく、非常に緊迫した試合展開でした。

両者一歩も譲らず… とうとうタイブレークまで持ち込まれました。

最終的には 8-7 でグラフが勝ちましたが、素晴らしい試合でした。

あの、あこがれ続けたグラフのバックハンドスライスも
たっぷりとこの目に焼き付けちゃったもんねぇ~~ (^^)v


って事で、第三試合の模様と、
いくつかのイベントの様子はまた次回って事で… (^^;

つづく… だよん♪
[PR]

by kizzarmy_live | 2008-03-18 10:00 | スポーツ観戦

『 Dream Match 2008 @有明コロシアム ~生グラフのバックハンドスライス~ 前編 』


「あきらめなければ夢はかなう…」


某有名マラソン選手の言葉ですね。(^^)

そして、本も出してたんですね。


「夢はかなう」 高橋尚子著 (幻冬舎文庫)



うがった見方をすれば…(^^;

「あきらめずにがんばって、そこに辿り着いた一握りの人間の言える言葉」

とも言えなくはないですよね。(^^;

「あきらめずにがんばったって、夢がかなわない人」も実際問題いるわけです。

でも、「あきらめずに前に進むこと」
「夢がかなう確立」はとんでもなく跳ね上がる事もまた事実…


そう言った事と全く同じレベルで語ることは出来ませんが、
夢がひとつ実現したので、今日はそのお話を…


まずは、2004年の11月に書いたこんな記事のおさらいから…(^^;


生シャラポアまであとちょっと!『東レ・パン・パシフィック・オープンテニス』



上記記事の中でも言ってますが、アタシャ
[ステフィ・グラフ選手]のファンだったのよっ!


ルックス的なものはもちろんなのですが、
その圧倒的な強さは、まったく他の追随を許さなかったわけじゃん?

その記録のひとつが、「186週連続世界1位」ってヤツ…

テニスに限らず、いろんなプロスポーツってあるじゃない?

あらゆるジャンルのプロスポーツ選手を見渡しても、
「勝ち続ける」って事がいかに難しいかってのがわかると思うのね。

体調的に調子の悪い時もあると思うよ…
精神的に調子の悪い時だってきっとあるさ!
いわゆる「スランプ」って事だってあるじゃん!

あのイチロー選手だって、「全く打てない」って事が
あるわけでしょ?

どんなにすごいピッチャーだって、
全勝ってわけにはいかないわけじゃん?


ただでさえ常人ではない連中が集まる、
トッププロと言う世界に置いて、
「年」の単位で世界の頂点に立ち続けたその偉業は
それだけで、ちょっと震えるような感動なわけですよ!

その頃既に自分もテニスやっていたしね(^^;

テレビでグラフ選手の試合を見ては、
「すげぇなぁ~」と思い、画面に釘付けになっていたんですね。


あくまで、テレビの向こうの遠い出来事としてね。

だってさぁ、その頃のアタクシにしてみたら、

「プロ選手のテニスの試合を見に行く」

なんて事は、違う世界での出来事だと思ってたからね。

自分には縁のない事象だと思ってたからね。(^^;

だってさぁ、なんか「上流階級のたしなみ」みたいなイメージない?(^^;


しかもさぁ、テレビで見る試合って、

「全英オープン」とか、「全仏オープン」とか、「全豪オープン」とか、
更に異国感を煽るタイトルじゃん?

そりゃもう、異国の名前がついてるわけだから、
「異国感」たっぷりに決まってるし… (^^;


所が! 「東レパンパシフィックオープンテニス」ってのがあって、
それには女子の有名選手たちが毎年やってくるって事を
あるとき知ったわけさ…

でもって、

「何でもかんでも生を見ないとダメだよな!」
なんて思って、割とあちこち出没するようになったのが
だいたい同じ頃だったような気が…


「よっしゃ、ここはひとつその
[東レパンパシフィックオープンテニス]ってのも体験してみるか?」
と…


「[生グラフ]が見られるかもしれん!」と…

「あのバックハンドスライスを生でみたらどんなんなんだろう?」と…

想像するだけで、ちょっとドキドキしちゃう様な感じだったわけさ…


が… (--;


ったく、やっぱりねぇ思ったらすぐに行動しないとダメだね。

一歩踏み出す前に、そのグラフ選手が引退してしまったんです。

うわぁ~~~~~~~~ん… (T_T)

とうとう、[生グラフ]を見ることはかなわなかったわけなんですね。


そして、その反省を糧に、憂さを晴らすかのごとく(^^;
そこからはほぼ毎年「東レパンパシフィックオープンテニス」
観戦しに行っているわけなんです。

まるで、グラフ選手の代わりを探すかの様にね… (^^;


でね、一応チケット優先予約がある会員に登録してるのさ…
だから、案内のメールが来たりするんだけど…


ある日届いたメールの内容はこんなんでした…


=======================================================================
      ドリームマッチ 2008
          
           グラフ、伊達、サバティーニ!
             ~伝説の女王たち~

      東レPPOテニスを制した女王たちによる夢の対決!!

     会 期:2008年3月15日(土)
             開場 12:00 開演 13:00
     会 場:有明コロシアム
     前売り発売:2007年11月3日(土・祝)

2008年春、テニスファン待望のスペシャル・マッチが、有明コロシアムで
実現します。ステフィ・グラフ、伊達公子、ガブリエラ・サバティーニ、
伝説の女王3人のプレーを再び目にする貴重な機会、まさに“ドリーム・マッチ”
の開催です。
=======================================================================


泣きました… (^^;

これだけで、泣けてきました…(^^;


もう絶対にかなわないと思った夢が、現実のものとなる

と言う感覚…


[生グラフ]が見られる…


でもって、またタイトルが泣かせるじゃん

「ドリームマッチ」

だってよ! (^^)


と言うわけで!

3月15日に、有明コロシアムに行って来たのでございますよ!


もうねぇ~ 何度も思った! ほんと、見ている間中、ずっと思っていたよ!


くっそぉ~~~!! ほんとに 「ドリームマッチ」じゃねぇかよぉぉぉ!!


ってね。(^^)


てなわけで、次回はその観戦の内容を書いてみたいと思います。
[PR]

by kizzarmy_live | 2008-03-17 10:09 | スポーツ観戦

《東レ・パン・パシフィック・オープンテニス 2007》

いつものように、過去の記事を紐解きましょう!


生シャラポアまであとちょっと!『東レ・パン・パシフィック・オープンテニス』

『東レ・PPO・テニス 2/4(金) レポート』


ってな事になってる訳ですが、これ、すでに2年前の記事…(^^;
恐ろしいですな…

でもってですねぇ~ 昨年のブランクを挽回すべく、
今年は行ってきましたよ! 「東レ PPO テニス」に!

毎度お馴染み、金曜日のシングルス準々決勝を狙って! (^^)v

「え? 金曜日の準々決勝? するってぇと?」

って、思った方、鋭い! そう、TBSさんも、急遽、「緊急特番」を組んだ位の
話題の一戦、「シャラポア vs 杉山 愛」の試合を見てきたんですわ。(^^)/

実は! 大会が始まってすぐに、「東レ PPO テニス」のWebサイト
対戦ドロー表を見た瞬間、ワタクシの「シャラポア vs 杉山」の対戦を
予感していたんですねぇ~~♪


でね、聞いてよ聞いてよ!
今年の観戦チケットなんですが、かなり早めに申し込んだ甲斐がありまして、
なんと、アリーナ4列目をゲットできてしまったんですぅっ!

しかも、ど真ん中!! シャラポアも愛ちゃんもすぐそこよ、すぐそこ…(^^;

まぁ、こんな事めったにあるもんじゃないからねぇ~
堪能させていただきました。
さすがにこれだけ近いと、「生で見た!」って感じになるよね。(^^;

写真も一杯撮ったけど、アップするの忘れちゃった。 ウハハハ…
機会があったら、貼り付けます(^^;

結果は、ご存知の通りなのですが、
杉山選手が1セット目取った時は、そりゃぁもう、なんちゅうか異様な雰囲気でして、
どよめきと言うか、変な空気がしばらく会場を包んでました。

なんせさぁ、シャラポアの調子がほんと悪いみたいでさぁ~
「体調わるいんじゃないか?」なんて思っちゃったよ…

そんな状況の中でも、2セット目、3セット目は、圧勝だったからねぇ~
すげぇよねぇ~~

でもって、他の試合はといいますと…


「第2試合」
エレナ・ヤンコビッチ(RNK 10) vs アナ・イワノビッチ(RNK 16)
二人とも、「セルビア」の若手なんですよねぇ~
最初試合が始まった時は、まだ第一試合の興奮と、みんな一斉に
トイレ休憩とかに行っちゃったもんだから、かわいそうな位
ざわついた中での試合になっちゃってました…(^^;
エレナ選手の方がランク的には少し上で、序盤は結構優勢の様な感じ
だったんですがねぇ~
最終的にはアナ選手に軍配があがりました。
なんつっても、決勝まで行っちゃったわけですからね(^^)


「第3試合」
マルチナ・ヒンギス(RNK 6) vs サマンサ・ストーサー(RNK 27)
シャラポアも凄いし、他の選手もみんな凄いんだけど、
なんかねぇ~ ヒンギスって別次元でテニスしてる感じよ!

あれぞ、プロのプレイだね。いや、ほんとに…
とにかくミスが少なくてねぇ~ でもって、ほんとにボールに意思があるみたいに
ラインの所に落ちるんだよ。 体勢が全然崩れないし、ショットは多彩だし、
なんつっても、とにかく楽しんでテニスをしてるように見える!
「テニスのなんか」が憑いてるって感じなんだよねぇ~~

若い頃は、ほんと小生意気な感じ満載だったけどさぁ~
断然ヒンギスびいきになってしまいました。
まぁ、これは去年の「東レ PPO」をテレビで見たときから
ちょっと感じてはいたんだけど、今回間近でみて、一層それを感じましたよ♪

まさに、「憧れのプレー」って感じです。


第4試合
エレーナ・デメンティエワ(RNK 8) vs ロベルタ・ビンチ(RNK 119)
エレーナ選手は去年のチャンピオンだもんね。
貫録勝ちと言った感じでございました。
ロベルタ選手は予選からの勝ちあがり組みなんだよね。
だから、ランキングもまだ100位にも届いてない…

でもねぇ~ 特徴のある、バックのスライスを武器にがんばってました!
バックはグラフ選手みたいに、ほとんど全部のショットをスライスで打ってまして、
かなり回転を鋭く駆けるスライスでねぇ~
目に見えて、ボールの速度が遅くなるスライスショットでした。
あんなスライス打ちてぇ~~~(^^;


第5試合(ダブルス 準々決勝)
バニア・キング エレーナ・リホフツェワ
ルネー・スタブス vs エレーナ・ベスニナ


第2セットが終わった時点で、もう21:00を回ってまして…(^^;
でもって、まぁ~とにかく乾燥してるんだろうね。場内が…
コンタクトをした、目が辛くて辛くて… 開けてられない位辛くてねぇ~
でもって、8時間以上の観戦でしょぉ? さすがに疲れました。

なもんで、第3セットの観戦は断念しまして、会場を後にしたのでございます。


つってもねぇ~ もう、大満足でした。

1列目、2列目だと、コートサイド際が若干見難いみたいだし、
場所的には、ほんと最高の位置…
もう、なんのライブでもあれくらい近くで見られたらほんといいだろうなぁ~
などと思いつつ、今回の「ラッキー」をかみ締めたのでございました(^^)


でもねぇ~ 残念な事がひとつ…
ミュージシャンのライブとかと違って、写真撮影はOKなのよ。
でも、フラッシュ撮影とビデオ撮影は禁止なのね。

ところが… そういう場内アナウンスや、係員による案内があるのに
まぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~、フラッシュ撮影が
一向に収まらないんだよね。(--メ

もうねぇよその国に対して「民度が低い」とか言ってる場合じゃないね。
ここまでマナーが悪いとは思わなかったわ!
だからねぇ~ 選手も怒った方がいい!
「マイク持って怒鳴りつければいいのに…」とか思っちゃったよ…(^^;

もっと監視を強化して、フラッシュ撮影したらカメラを取り上げるとか…
もしくは、撮影全面禁止しした方がいいね。
だって、テニスの試合を見てないもん…そういう方々は…
撮影に一生懸命でさ…(ーー;

あれは、ほんとなんとかして欲しいもんですな…

とは言え、「東レ PPO テニス」は おすすめです(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2007-02-05 10:12 | スポーツ観戦

『東レ・PPO・テニス 2005 2/4(金) レポート』

いやぁ~~「今となっては感」が若干漂う感じも無きにしも非ずですが、
ま、せっかくですから「生シャラポア」のお話にでもお付き合いくださいませ。


2/4(金)と言えば、準々決勝と言うことになるわけでして、
決勝で戦う選手が必ず見られる。
しかも、シングルス4試合! ダブルス1試合!とお得感たっぷりの
日なんですねぇ~~(^^)

ところが!この日…
つい最近、風邪で寝込んで休んだ負い目があるので、さすがに仕事を休むわけには
いかず(^^;、なんとか午後休って事でお茶を濁す事に…

なんとか試合開始ギリギリ位には現地につけると思っておったのですが!
が!!!

な、な、なんと、ネットで試合の組み合わせを確認しますと
「シャラポア(RNK4位)vsリホフツェワ(RNK22位)」戦
が第一試合とな…(;_;)

もぉ~~~っ!!
微妙に運悪し!!(^^;

でもね。がんばって電車に乗った甲斐があってなんとか試合開始に
間に合ったのですよぉ~~♪

って事で、到着早々生シャラポアのお出ましですがな…
細いねぇ~~遠めに見ても、まぁそのスタイルの良さはいやと言うほど
わかりますよ♪

それを狙っての、カメラの多い事…(^^;
カメラマン席ならわかるのですが、そうでない一般の席でも、
「一体いくらするんですか?」ってな、ごっつぅ~~いレンズをつけた
カメラが整然と並んでおります。
すごいよねぇ~~

さて、肝心の試合の方ですが…
正直、内容はイマイチでした(^^;
なんかねぇ~シャラポアの貫録勝ちって感じ…
あれよあれよと言う間に終わっちゃったのよねぇ~~

「見応え」と言う点では、ちょっとがっかりの第一試合でございました。

とはいえ、ま、こうやってどこへ行っても、
「生シャラポアみてきたんだよぉ~~!!」と言えるのでOKっすよね(^^;

続きまして、

「 浅越 しのぶ(RNK32位) vs エレーナ・デメンティエワ (RNK7位)」戦

いやぁ~~ 浅越さんすごい!!
この試合一番見応えありましたよ。
なんかねぇ、浅越さん写真とかで見るより結構可愛く見えるしさ(^^)
ランキング7位の選手との対戦ですからねぇ~
「どれ位検討するか?」が見所だと思ったわけですよ
ところが!!
すげぇのなんのって…
ラリーの応酬の凄い事、凄い事!!
でもって、最終的には勝っちゃいましたからねぇ~
大金星!まぁさぁに、大金星!!
お得感たっぷりの試合でございました。(^^)

第三試合は
「 リンゼイ・ダベンポート (RNK 1位) vs イベタ・ベネソバ(34位)」戦

生ダベンポートは今回二度目になるのですが、なんというか
出てきた瞬間の存在感の凄さってのは目を見張るものがありますなぁ~
身長189cmと聞けば「そりゃそうだろう…」とも思うものの、
シャラポアだって180cmを超える長身なんですが、威圧感ってのが
違います…あれはダベンポート独特のものなんだなと思ってしまいましたよ(^^;

でもって、試合結果も貫録勝ち…
だって、あんまり動かないでチョチョイと勝っちゃったって感じなんだもん…
やっぱり、ランキング1位ってのは凄いってことっすね!
ってことは…
そう、試合としては少々盛り上がりに欠ける内容となりました(^^;

続きましてこの日のシングルス最後の試合、
「スベトラーナ・クズネツォワ(RNK 6位) vs ダニエラ・ハンチュコバ(RNK 29位)」戦

ハンチュコバ選手ってのも、シャラポアと並んでそのヴィジュアルから
非常に人気の高い選手なんですよねぇ
一方のクズネツォワ選手の方は、ダベンポートを破った事もあるパワープレイヤー
この試合も白熱しました。
なんせ、クズネツォワ選手のサービスったら、170km/hを軽く超えるんですよ!
終盤になってるにもかかわらず180km/h近いサービスが飛び出たり…
見るからに、「なんじゃ、このサーブは…」って感じ…
そんなサービスに食らい付いて、見応えのあるラリー戦を戦ったハンチュコバ選手も
凄かった!!第一セット、第二セット共にタイブレークになるという
ほんとにハラハラドキドキ、満足感いっぱいの試合になりました。
こういう試合見せられると、やっぱり
「金払って見る価値あるよなぁ~~」
とか思っちゃいますよね(^^;

最後はダブルスの試合…

「竹村 りょうこ/米村 知子 」
vs
「二コル・プラット/マリア・ベント・カブチ 」

でございました。日本人ペアの試合と言うことで、結構観客からの声援も飛んで
なかなか、アットホームな雰囲気の試合でございました。
いや、なんせ対戦相手はシードチーム、それに引き換え日本人ペアは
予選勝ちあがり組み…
最初はね、「さすがに無理か…」って感じだったんですけど、
第二セットは検討してましたよぉ~~
もしかするとフルセットいくかぁ??と期待させてくれました。
それだけにちょっと残念でしたね。

さ!ここまで駆け足でレポートしてきましたが、
この時点でなんと時刻は22:00に近いわけですよ(^^;
硬いイスに座っての9時間以上に及ぶ観戦はさすがに疲れました…(^^;
そりゃ、お得感はたっぷりでしたがねぇ~~


この結果の延長線上に、土曜日の準決勝、日曜の決勝と続いたわけで、
当然kizz_armyもTVで観戦させて頂きました!

みなさんも当然結果をご存知だとは思いますが…
いやぁ~~すごい試合でしたねぇ~~
浅越選手惜しかった!! もう最高の状態だったんじゃないでしょうかねぇ~~
これが次につながればいいですよねぇ~

でもって、とうとうシャラポアがダベンポートを破ってしまいました。
天は二物も三物も与えるんですよ!(^^)
それが現実ってヤツなんですね(^^;

だって、シャラポアだけじゃないだもん!
女子テニス選手のスタイルのよさ!放つオーラ!
「生で見て御覧なさいよ!」って感じですよ(^^;
ほんと、他の女子スポーツでは考えられない華やかさ…
あの、華奢な体つきで一体どんな練習に耐えているのかと思うと空恐ろしいものが
ありますなぁ~~(^^;

来年も当然「東レ・PPO・テニス」は開催されます。
一体どんな勢力図になっているのか楽しみですなぁ~~

「東レ」の大会は雰囲気もいいし、華やかだし、有名な選手一杯出場するし…
興味のある方はほんと一度は見ても損しないと思いますよぉ~~(^^)

とは言え、今回あらゆる事がちょっとシャラポアびいき過ぎたかな?
って、感じもなきにしもあらず…(^^;
あそこで戦う選手はほんとみんなすごいんだからね!

日本の選手はもちろん、みんなすごいぞぉ!がんばれぇ~~!!
って感じですな!!(^^)
[PR]

by kizzarmy_live | 2005-02-07 10:05 | スポーツ観戦

生シャラポアまであとちょっと!『東レ・パン・パシフィック・オープンテニス』

きたよきたよぉ~~~!!

チケットが来ましたぁ~~(^^)

なんのチケットかって?
ま、タイトル見りゃわかるやね(^^;


『「祝!!ベスト4進出」と書くはずだったのに…』


でチラッと触れたシャラポアの人気が沸騰しておりますがな!(^^;

先日の有明で行われた「ジャパンオープンテニス」のニュースを
チラッとでも、見たり聞いたりした方はご存知でございましょう!!

「前代未聞の前売り完売」

「入場者数過去最高」

ぜぇ~~~~~んぶ、シャラポアのおかげって言ってもいいんじゃないのぉ?
ねぇ?大会関係者の方々…(^^;

なんせ、こぉ~~~んな、宇宙の片隅の当Blogにでさえ、
「シャラポア」を検索キーワードにして
訪問される方がいらっしゃる位ですからねぇ~

なもんだから、まぁテレビのニュースでもシャラポアの露出が多いこと多いこと…
真剣な表情の時は、

「まじ機嫌悪いんじゃないのぉ?」

ってな位、厳しいですが、

「それが、ふと崩れた笑顔が又いいんじゃん!いいんじゃん!!」

なんて、方も相当おるんではないのかなぁ???
え?どうなのよ?(^^;

実は、こっそり告白しますってぇと、ウィンブルドンでの杉山選手との対戦を
見たときにですねぇ、

「東レパンパシフィックに来ねぇかな?」

と思っていたんですよ。
まさか優勝するとも思ってなかったけどね(^^;

有明も行った事あるんですけどねぇ、やっぱりなんか「東レ」って
室内でやるからかもしれないんですが、雰囲気がいいんですな。
落ち着いていると言うかなんと言うか…

kizz_army、実はシュティフィ・グラフの大ファンだったのですね。
で、なんとか生グラフを見ようと、「東レ」に目をつけていたのですが、
やっと行ける!って時に引退しちゃいまして…(T_T)
それでもね、やっぱり生はいい!!って事で楽しんできたわけです。
その時は、ダベンポートが優勝したのかな…

実際に、出場選手が決まるのは12月…
更に決勝トーナメントが始まるのは2005/02/01から…

と、結構先の話なのですが、既にチケットは発売されておるんですよ。

ホームページや、案内のチラシには杉山の愛ちゃんも、
シャラポアも写真が載っています。よほどの事がない限り
出場するんじゃないですかねぇ?

だってさぁ~~、ちょっとぉ、聞いてよ聞いてよ…

この前の「ジャパンオープン」の優勝賞金って金額知ってますぅ?
297万円(税込み(たぶん))なんだって!!

それが、あぁ~~た!ひとたび「東レパンパシフィック」になったとたん、
2000万円を超えるんですよ!!

5位~8位でさえ、「ジャパンオープン」の優勝賞金を
超えるってんだから驚き…

そもそも、「ジャパンオープン」に現在のシャラポアクラスの選手が出場する
って事自体が、稀だったそうで…(^^;
選手の気合も違うんじゃないのぉ~~??って事でさぁね(^^)

どうっすかね?ちょっと行きたくなったんじゃない?(^^;
たまにはね。テニス観戦なんてのもいいっすよ。

日傘差してさぁ~~~~(室内だけどねぇ~~~(^^;)
金色でゴージャス模様の入った、柄のついたオペラグラス持ってさぁ~~
なんだかしらんが、ピラピラしたのがついた、大げさな帽子かぶってさぁ~~

「あら…、すばらしいスライスサービスでございます事… オホホホホホ…」

なんて、会話を交わせばもう!!
ブルジョアジー街道まっしぐらでごぜぇますぜ!(^^)v

でまぁ、ワンポイントといいますか…
そんなのは、好みで決めればいいのですが、観戦ガイド…
当然、準決勝、決勝は週末に行われるわけでして、
チケットのお値段、少々高くなっております。

なのに…なぁのぉにぃ~~試合数は少ないんですな(^^;


日曜の決勝は、シングル、ダブルスとも決勝が一試合ずつ。
土曜日の準決勝は、シングルとダブルスの準決勝が二試合ずつ。
金曜日は、シングルス準々決勝が4試合、ダブルス準々決勝1試合


ぱっと見、結構金曜日がお得感あるような気がしません事?

ベスト8に残った一流選手のシングルスが
4試合も見られちゃうんってんだからさぁ~
しかも、準決勝、決勝までにはお目当ての選手が負けてしまう事も
考えられるじゃないですか?
まぁ、準々決勝位までには、有名どころは残る可能性が高いっすからね。

って事で、kizz_armyは金曜日の観戦がお奨め!!
土日はテレビで見ればいいかな…なんて思ったりして…

あ、そりゃね。それだけ金銭的な余裕があればですねぇ~~
週末の三日連荘で見に行っちゃうって手もありますけどねぇ~~(--;
さすがにちょっと…

まぁ、「金にいとめはつけねぇぜ!!」って御仁には…

* アリーナボックス席(4名1組/プログラム8冊付)   250,000円
* アリーナボックス席(2名1組/プログラム4冊付)   140,000円
 <2/1(火)~2/6(日)  通し券>

こぉ~んなセットメニューもございます…(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2004-11-01 12:09 | スポーツ観戦