★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

カテゴリ:邦楽、その他民俗音楽系( 1 )

『 日中文化のコラボレーション作品 【山紫水明】』


一通の封書が届きました。

差出人は、

「中国文化芸術センター」

「中国」関係で思い当たるのはひとつ…

香港に旅行したときに訪れた、「シンセン」と言う街で
自分へのお土産を買った場所…
たしか「中国なんとかセンター」だったような… ???

でも、それってもう7,8年前の話… (^^;

へんだなぁ~~

と思ってよく見ると…

コンサートのチケット当たっちゃったみたい(^^)/

先日の『 [ABCマート]からの封書 』に続き、懸賞当選!!

グフフフフ… ラッキーラッキー…

なんでそんな懸賞に応募したかってぇと
「二胡」ってキーワードに惹かれたからね。

ほら、先日、「二胡」を堪能した話書いたじゃん?
『 [千住明個展コンサート 2008 ]@サントリーホール 』
の話ね。

単純にその影響です。


てなわけで、2008/5/20の夜の事、
王子駅前、「北とぴあ」ってなホールに

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日中文化のコラボレーション
21世紀の総合舞台芸術

二胡・シンセサイザー・舞踊・漢詩で綴る
杭州・西湖の春夏秋冬
「山紫水明」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳細はこちらにて…
http://www.sige-jp.com/senior/72/000727.php

なんてのを鑑賞してまいりました。 (^^)v


遠いね、「王子駅」… (^^;

しかもさぁ~ 思い込みって怖いね。
新宿から埼京線、赤羽で京浜東北に乗り換えるんだけど、
あたしゃてっきり、王子って赤羽よりさらに大宮方面だと思っていて、
反対方向の電車にのっちまったよ! ウハハハハ…

てなトラブルの為に、会場に到着した時には、
ちょうど開演のチャイムが鳴り始めた時… (^^;

で、ホールの中に入って驚いたんだけど、ほぼ満席だったんだよね。
今調べると、定員は402名

なかなかの入りじゃん!

って事で、始まったこのコンサート

基本は シンセサイザーと二胡のコラボ演奏、
途中に、舞踊もはいりぃの、漢詩朗読もはいりぃの…

主な演奏曲目は

春・・・茉莉花、空山鳥語、早春賦
夏・・・燭影揺虹 夏の思い出
秋・・・二泉映月 荒城の月
冬・・・北風吹 ふるさと 

てな感じ…

他にも、「赤とんぼ」、「白鳥(サン・サーンス)」とかあったなぁ~

オープニングは緞帳(どんちょう)が下りていて
演奏が始まってから徐々に緞帳があがるってよくあるパターン

でね、緞帳が下りているときに聞こえてきた音って、
一瞬、「オープニングのBGM?(つまりCD音源)」って
思った位質のいい音だったのよ♪


でまあ、実はこれがこのコンサートにおける、
アタクシ個人の、最大の不満点でもあったんです。(^^;

つまりねぇ、「生演奏でこその体感」って部分が非常に薄かったの…

シンセサイザー自体、そもそも作られた音なわけでしょ?
(今時の「シンセサイザー」ってものの定義もよおわからんですが…)
加えて、PAを通した二胡の音も、妙に作られた感じがして…

ある程度の大きさの会場なら仕方のないことなんだろうけど、
どうも納得いかなかったんです。

確かに、「伴奏」って事を考えると「シンセサイザー」なんて便利だよね。
「効果音」とかにも使えるしさ…

でも! 正直、民族楽器等のコラボレーションには向かない楽器だと思いました。
数百人クラスの会場だったら、生音でもいけると思うんだけどなぁ~
だめなのかなぁ??

途中の漢詩の朗読も、意味がさっぱりわからんから
イマイチ感情移入できんし…(^^;

とは言え、あの独特の二胡の音色は
なんか訴えかけられるものがありますよね。

時にはヴァイオリンの様に、時にはチェロの様に、
そして、アジアンテイスト満点の民族楽器独特の雰囲気
兼ね備えてさ…

そんな部分で全てのプログラムを一応楽しんだのですが、
最後の最後、総合演出だかのおっさんのあいさつ…

ここに来て、すべてがぶち壊しになりました(^^;

もうねぇ~ 完全に「学芸会」または「お友達の楽器演奏発表会」
様相を呈して来ちゃったんだよね。

お客さんもかなりの人数が、友人、知人の様な感じで、延々と身内話…

「しらねぇ…」 っちゅうの… (^^;

でまぁ、当然の事だし、こっちもそのつもりで居たんだけど、
四川大震災への被害救済募金の話になったのね。

そしたらさ、舞台上にでかい「募金箱」が運び込まれたわけ、
そして、
「まずわたし募金します」と、でかい白い封筒を
その箱に入れるんだよね。(^^;

「なんだその演出…」… 痛すぎます。(--;

更には、
「募金される方は、どうぞ遠慮なくステージに上がってください」

って言うのよ…

あまりの惨劇ぶりに、アタシャここで席を立ちました。(^^;

ここまで来ると、それまで
「まあいいか」
「そんなもんだろ…」

「只でみてるしな」
って事で、気にしないようにしてきた不満が一気に爆発するよね。

この企画のタイトルもう一度見てくれる? (^^;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日中文化のコラボレーション
21世紀の総合舞台芸術

二胡・シンセサイザー・舞踊・漢詩で綴る
杭州・西湖の春夏秋冬
「山紫水明」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「日中文化のコラボレーション」…

「シンセサイザー」って「日本の文化」だったん? (^^;


「21世紀の総合舞台芸術」…


申し訳ないけど、全体を通してみても
「21世紀の総合舞台芸術」はさすがに言い過ぎたと思う(^^;


ほんとうに「総合舞台芸術」を目指して努力してる人達に
申し訳ないと思うから…


確かにね。
懸賞で当たって、入場料は無料だったさ(^^;

でもね、交通費と時間を使って行った
一人の観客として言わせていただくと、
「エンターテイメント」として満足のいくモノではなかったわけよ。

タイトルで煽りすぎてるから、
余計にそう思ってしまうんじゃないかと思うのね。

いっつも、

「生はいい!」

「やっぱり、生演奏に限るよね!」

って言っているアタクシでさえ、
残念なことに以上のような感想を持ってしまった
このイベントでございました。

あぁ!…

一応自己フォローさせていただきますけどネェ… (^^;
席を立ったあと、
会場入り口の募金箱にてちゃんと募金させてもらいましたから…(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2008-05-21 10:39 | 邦楽、その他民俗音楽系