★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『 シャガール@青山ユニマット美術館 』


既に先週末の事になってしまったのですが、
青山にあります「青山ユニマット美術館」
かの有名な、「シャガール」を見に行って来ました。

つったってあぁた!
シャガールって言われて、
パッと頭に浮かぶ作品があるわけでもなく…(^^;

「チケットを貰った」と言うだけの理由から
青山などという、通常のアタクシにはあまり
似つかわしくないおしゃれな感じのする街に
出かけたのでございます。

しかしあれだね。
「ブリジストン美術館」にしろ、
この「青山ユニマット美術館」にしろ、
企業がこういう文化的な事に貢献してくれるのは
ありがたいことっすね。
(単なる道楽と紙一重って感じもなきにしもあらずですが…(^^;)

あぁ、「ユニマット」ってあの「ユニマット」ね。
オフィスコーヒーサービスのユニマットね。

休日にも関わらず、わりとひっそりとした感じで
佇むユニマット美術館は、
その所蔵品のメジャー度とは裏腹に、
非常に落ち着いた感じでゆったり見られる美術館なんですね。

速い話が、そんなに人がいなかったって事ね(^^;
これはまぁ非常にありがたい事ですが、
逆に、もっと宣伝した方がいいんじゃないかな?って感じも…

さて、初めて目の当たりにする本物のシャガール…
名前は当然聞いたことあるし、
実際の作品をみれば、「あ、これかぁ~~」って位に
メジャーな作品群…

でも、アタクシはと言えば、その名前と作品群が頭の中で
一致してないというレベル… すんません…(^^;

現場にてかじった情報によると…
ピカソなんかに代表される、
いわゆる「印象派」に属するんですね。

でこれが笑っちゃうんだけど、アタクシ、この「印象派」ってのが
肌に合わないんですわ(^^;
もう、典型的な素人目線なわけですね。

「なんじゃこれ…」って、感じ…(^^;
わかりやすく言いますと、
猫に小判、
豚に真珠、
kizz_armyに印象派…
って事です。アハハ…

なので!

どちらかというと、興味を惹かれたのが、
「藤田 嗣治」さんの作品あたり…

繊細な中に、強烈な深紅の花の色…

息をのんでしまう位強烈な印象でした。

そして、企画展で展示されていたミレーね。
ちょっと前に、ちょうど「山梨県立美術館」の話を書きました。

その延長みたいな感じで、ミレーのモノホンを
見られたのはラッキーでした。

メインの展示作品は
「犬を抱いた少女」
という、作品でした。

これがねぇ、当該のWebサイトで確認してもらえばわかるんだけど、
(もちろん実物の迫力は伝わりませんが)
この少女に見つめられると、なんだか怖い位なんだよね。
ちょっとぞっとする感じ…

その横には、この作品のテクニック的な解説が、図解されてましてね。
これが素人には、非常に参考になりました。

うしろの空間の開け方とか、構図の工夫とか、
犬の表情と少女の対比とか、紙の質感とか…

他の作品も、そういう説明してくれるとありがたいなぁ~

そして、以前も「国立博物館」あたりの話で言ってますが、
時価鑑定額を表示してもらいたいもんですな(^^;

って事で、休日のひと時を「美術館鑑賞」なんて
ちょっと優雅に過ごさせてもらったこの
「青山ユニマット美術館」ですが、
な、な、な、なんと… 今月いっぱいで閉館なんです。

ちょっともったいない気がします。
これらの貴重な作品群はどこへ行っちゃうんでしょうね?

さぁ! 今週末ならまだ間に合います。
興味のある方は、ぜひ「青山ユニマット美術館」にて、
シャガールや、ミレー、Mr.Fujitaの作品を、ご鑑賞ください!

しかも、今は閉館に伴い、ミュージアムショップでは、グッズ等を
特価にて販売してますからね。(^^;


青山ユニマット美術館 公式Webサイト
(http://www.unimat-museum.co.jp/index.html)

[PR]

by kizzarmy_live | 2009-03-27 10:45 | 絵画・美術鑑賞

《 ダイハツ 【コルテオ】 シルク・ドゥ・ソレイユ 》


話題の「コルテオ」!
話題の「シルク・ドゥ・ソレイユ」!

って事なんですけど、
正直言うと、普通ならたぶん見なかったと思う(^^;

その気があれば、とおの昔に、
「サルティンバンコ」とか、あのTDRにできた
「シルク・ドゥ・ソレイユ」の専用劇場とかを
このBlogにて紹介していたはずだから…(^^;


今回、「コルテオ」の貸切公演のチケットが、
若干安く手に入るってぇ言うのと、
「甥っ子を連れて行ってみよう!」って
算段があったので、行ってみる事にしました。

折も折…
原宿にある特設会場の隣の代々木体育館では、
「Tokyo GIRLS Collection」
行われており、まぁ~~~~、すごい人だわさ!

それを横目に、到着した会場…

b0124969_10263830.jpg


外からもわかるんだけど、テントは二つ!
メインの会場テントと、エントランステントってヤツ…

エントランステントってのが入口兼、物品販売、
飲食販売のエリアになっていて、
そこを通って、メインの会場に入るシステムなのね。

で、会場に入って、しばらくしてから気が付いたんだけど、
円形のテントの真ん中がステージなのさ…

テントの真ん中を横断するようにステージになっていて、
ステージのあっち側席とこっち側席ってな仕組みになっているんだよね。

ってまぁこのあたりの詳細は、公式Webサイトを見てみてちょ!

ダイハツ コルテオ シルク・ドゥ・ソレイユ

実は「シルク・ドゥ・ソレイユ」って、自分の中では、
ショーの内容そのものよりも別の方面からちょっと興味があったのよ

ひとつは、あのTDRがそのリゾート施設の一つにしてもいいと思えるモノだって事ね。

そして、もうひとつは「ビジネス」としてって事なのね。

「ブルーオーシャン戦略」って本があるんだけど、
(詳細は別ブログ《知識増量堂》をご覧ください)
この本の中で「ブルーオーシャン」なビジネスモデルの代表として
この「シルク・ドゥ・ソレイユ」が取り上げられてるんですね。

「それがいかほどのものか?」

興味ある所じゃない?(^^;

席はねぇ、あんまり良くなかったの…
一番後ろの席でした。
それでも、十分楽しめる大きさの会場ですね。
こういうのはありがたいですわ!
なにも考えず、ただドームで公演すればいいと思っている
ミュージシャン等は、見習ってもらいたいものです。


って事で、いよいよ始まった「コルテオ」…
しょっぱなから、なんだかゾクゾクするような不思議な感覚に襲われました。
そこで思いついたのが…

「こりゃ、【動く絵画】だな…」

って事…

幻想的な、不思議な世界を描いた絵画が、3Dで動き出したような感覚です。
それほど芸術性が高いって感じなんだよね。

非常に抒情的な世界が目の前で繰り広げられています。

そして、その雰囲気を壊さず、その雰囲気の中のモノを使って展開される、
いわゆる「サーカス」の部分との融合は、
なるほど「言うだけの事はある」って思いましたね(^^)

もちろん、いまさらアタクシが言うまでもなく、
それがこの「シルク・ドゥ・ソレイユ」の魅力なのですが、
その「サーカス」の部分のアイディアや、高い技術的なもの以外の
音楽的な部分、ストーリー性、ステージ演出等、まぁよく出来てますわ!

音楽は当然生演奏…
その場面場面や、演者の動きに合わせた音楽や、効果音を巧みに演奏します。
またねぇ、音楽がいいんだよね。
フラメンコっぽいような、しかもラテン系もちょっと入ったような音楽…
不思議な世界観を一層盛り上げます。

更に…
演目上自然にそうなってしまうのか?
はたまたあえてそうしているのか?
(たぶん後者だと思うけど…)
時折、非常に官能的なシーンもあるんだよね。

アタクシの大好きな、
「総合エンターテイメント」
そのものなんですな!(^^)

1部、60分。
休憩が30分。
2部、60分。

計2時間半でしたが、
ストレスなく最後までたどり着けた感じかな…

ありきたりですが、まぁ間違いなく「見て損はない」と思いました。

でもねぇ~(^^;
これがよくわからないから困るんだけど、
連れて行った甥っ子は3歳なのね。
「楽しかった」とは言っていたけど、
「どこをどの程度に楽しんだのか?」ってのが
非常にわかりづらい感じのショーなのさ…

「これくらいの子供にわかるのかなぁ?」ってね。

5歳、6歳ならたぶんなんとなくその不思議感も
含めてわかりそうな気もするけど、3、4歳だと微妙…

なんとか、その年代になって見ようと思ったけど、
ちと無理だった(^^;

それと後、値段かなぁ~
「それ位の価値のあるもの」とは思うけど、
感覚的にはちょっと高い様な気もする。

土日だと大人13000円、子供9000円
う~~ん… (^^;

もちろんいつも言ってる様に「生」の迫力や素晴らしはあると思うんだけど、
今の世の中、あまりにも情報があふれちゃってるじゃない?
「サーカス」ってジャンルを見てみると、演目そのものは
やっぱり「既知のモノ」が多くなる。
それを超える演目をやってるって事は、物凄い努力の上にそれが
成り立ってるわけでしょ?
でも、その「努力」や「血と汗」
非常に伝わりにくい環境にあると思うんだよね。

そこに、いろんな付加価値をつけたのが「シルク・ドゥ・ソレイユ」の
ビジネスモデルとしての良さ、素晴らしさだとは思うんだけど、
それでも今の世の中って難しいかもなぁ~って事も思ってしまいました。

な事言ったって、実際連日満員なんだからいいんだけどね。(^^;

満員御礼、一発で3000万だからね。
あ、夢がなさすぎますかね(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-03-09 10:29 | その他エンターテイメント