★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 鶴岡八幡宮 編 】 』


前回訪問した時は、メインアトラクションの

「本宮」

が、工事中で本宮へと向かう階段へさえ登れなかったんですよね(--;
リスと戯れて終了したんですが、今回はリスがいなかった!(T_T)

あぁ~~あ、リスト遊びたかったなぁ~

って事で、まずは、正面入り口「太鼓橋」!!

b0124969_9501845.jpg


八幡宮を訪れるのは、今回で4度目…

・6,7歳の時に家族で…

・小学校6年生の修学旅行で…

・2005年6月の「鎌倉紀行」で…

そして今回…

でなんと! 四度目にして、発覚した驚愕の事実!!

つっても、みんな知ってるんだろうなぁ~ (^^;

ガイドブックに書いてあったから知ったんだけど、
この画像をご覧あれ!

b0124969_9512529.jpg

「八」の字が、ハトになってるんですね?

でもって、このハトが「鳩サブレ」のモチーフなんだとか…

知らなかった… … … … _| ̄|○


って事で、その「八」の字をじっくりと堪能して、
ちゃんとお参りして、「鶴岡八幡宮」は終了 (^^;

今来た参道を戻らずに、東側の側面へ抜ける道へと進みます。


じゃ、今日は終わり!! ウハハハ!
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-31 09:52 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 老舗レストラン【勝烈庵】 編 】 』

【 小町通り 編 】で書いたように、
昼ごはんを食べる場所…
「なんかないかなぁ?」
と、探したのですが、一応「保険」は掛けてあったんですよ。

「食指を動かされる店」がなかった場合のね(^^;

そのお店はガイドブックで見つけたんだけど、
【勝烈庵】( http://www.katsuretsuan.co.jp/index.html
って言う、とんかつ屋さんなのね。

あれだけ「鎌倉っぽいなにか」にこだわっていたにも関わらず、
なぜとんかつ屋さんなのか? って話でしたね。

では、その謎を解くために… (^^;
以下の話を読んでみてください。

『丼に広がる宇宙【カツ丼vs煮カツ丼】』

あらから数年…
「かつ丼」を取り巻く状況も、少々変わりつつあると思うんです。

なんて、そんな大袈裟なもんじゃないんだけど(^^;、
上記の記事にある「煮てないかつ丼」の事を、
「ソースかつ丼」って言うのが、割と一般でも通用する様に
なってきたかもなぁ~と思うんですわ! (^^;

でね、この【勝烈庵】の「かつ丼」が、
その「ソースかつ丼」なんですよ!

「ソースかつ丼」って言う、呼称が若干一般的になろうが
「煮てないかつ丼」自体が、「普通のかつ丼」と
認知され始めているわけではなく、
なかなかメニューとしての「ソースかつ丼」と言うのは、
目にする事はないわけです。

その「ソースかつ丼」が割と人気メニューとして存在する店…

しかも!
【勝烈庵】は数店舗あるにも関わらず、「ソースかつ丼」は
鎌倉店のみのメニューなんだそうな…

その名も、「かつれつ丼(ソース)」(¥1160)!

どう? ちょっと「鎌倉ならでは感」が出てきました? (^^;


さて、この【勝烈庵】は駅前と言っていい位の場所にあるんです。
江ノ電の鎌倉駅から、鎌倉市役所の方に歩くと、すぐ右側にあります。

いかにも「老舗」な感じの店構えでして、
店内も、「老舗レストラン」の名に恥じない落ち着いた雰囲気です。

うんちくがなかったのでわからなかったのですが、
なぜか、「棟方志功」さんの作品で店内統一されてます。

昼時近いからと言って、無理やり狭い席に案内される事もなく、
ちょっと年配の、ホテルで言えばいかにも「給仕長」と言った感じの
店員さんのサービスが気持よかったですね♪

面白かったのが、箸…
なんかね、いい木を使ってるんだってさ
  ↑ 明らかに木の種類は忘れているのを誤魔化す書き方 m(__)m
「だから、ぜひ、持って帰って家で使ってください。」
って、説明書きなの…
我が家でも、主にラーメン等の麺類を食べる時に使わせて
いただいております。(^^)v


さぁ! いよいよだね。(^^;
他のメニューには目もくれず、注文したのは

「かつれつ丼(ソース)」(¥1160)!

お代わり自由なキャベツ、お新香、味噌汁が付きます。

肉は柔らかかったし、自慢の自家製ソースが濃厚で
「ソースかつ丼」の醍醐味を感じさせてくれますね(^^)

単純においしかったです。

さすがに、「ソースかつ丼」食べるためだけに、
鎌倉に行くってのも無理がありますが、
「行った時には…」の選択としては
外れにはならないと思いますよ。

しかぁし!!

唯一の不満がっ!! (^^;

それは、キャベツが別皿で供されること!!

「ソースかつ丼」の王道としては…

・まず飯!

・その上にキャベツの千切り!

・そして、その上にトンカツ!

ま、キャベツはトンカツの周りに位置しても、
脇の方に位置してもいいけど、とにかく
どんぶり内に収まる様にしてくれないと! (^^;

そうする事により、若干シナっとして、
トンカツの衣の破片や、油がちょっとついて、
更に、ソースもかかって渾然一体に!!

これこそ、「どんぶりもの」究極の醍醐味じゃないっすか?

今度行く事があったら、
そういう風にリクエストしてみるか… (^^)


って事で、

【勝烈庵】かつれつ丼…

結構、オススメです!
あの感じからすると、普通のトンカツメニューも
結構いけるんじゃないなか?
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-28 10:31

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 若宮大路 編 】 』

申し訳ないのですが、
断然賑やかで楽しいのは、
「若宮大路」じゃなくて、「小町通り」…(^^;


だけど、侮ってはいけないのが「若宮大路」…(^^;

なんせ、昔ながらのお土産屋さんがちらほら…
そこには、伝統の「木刀」やら、提灯やら…
何十年も変わらずに、日本の観光地の定番と言える
お土産品が、店先にどっさり並んでおりますがな!

「木刀」だよ? 「木刀」… (^^;
タイムスリップしたような感覚さえ覚えてしまいますからね(^^)

さて、そういうお土産屋さんとは別に、
新しいお店も結構ありまして、今回目を付けたのが

本染め手拭い専門店「拭う」(http://www.grap.co.jp/nugoo/index.html)

と言うお店…

日本手拭の専門店なんだよね。

鎌倉っぽくね? (^^;

昨今は、結構な「浴衣ブーム」だったりするじゃない?
やっぱり、和風なものってなんかいいよね?

とにかくね。手拭の品揃えってか、種類がめっちゃ豊富です。
「いつ使うんだよ!」
と、突っ込まれそうな気もしなくはないですが、
ついつい、買ってしまいたくなる感じですよ♪

しかも、このお店、手拭いだけじゃなくて
和風な小物とかもあるのね。

「若宮大路店」、「二の鳥居店」があってね、
品揃えがちょっと違うのよ。

二つの店舗は、すごく近い位置にあるので、
ぜひ、両方を見比べる事をお勧めします。

ってまぁ、日本手ぬぐい自体に興味がなければ
別にどうってことないんですけどね(^^;


そんなお土産屋さん達をたっぷり眺めたい場合は、
普通に、「若宮通り」の両脇の歩道を歩く事になるんですが、
そのあたりのお土産はどうでもいいかな?という諸兄には、
やはり、若宮通大路、中央に位置する参道を歩くのがいいです。

なんでかって?

いや、なんとなく… なんですけどね(^^;
なんかいい感じなのよ…

さて、このまままっすぐ「鶴岡八幡宮」へ向かおうとしたのですが、
この時点で、時刻は11:30位…


八幡宮へ行って、その後昼ごはんとなると、12:30~13:00頃?

やっべ! 一番混みそうな時間帯じゃない?

しかも、まだ食べるもの、食べるところ、確定してないし、
八幡宮へ行ったら、またこっちに戻ってくる事になる可能性高し!!


更に、しかもな事に(^^;

ここまで、
・力餅5戸
・ふまんじゅう
・鎌倉コロッケ

と、食いたい放題だったわけでして…


いつものように、

あぁ~~~~~~~~~~~~、腹減ったぁ~~~~~!!

って、程じゃないわけじゃん!


この状況をはかりにかけますってぇと…
やっぱり、今のうちに食べておいた方がいいという結論に…


で、向かうのは

【勝烈庵】

という、とんかつ屋さん… (^^;


前回位から、散々、
「鎌倉っぽくないものは食いたくねぇ~~!!」
とか、言っておきながら、とんかつ屋さん…

ディスプレイの前で、ブチギレてる皆様の顔が
目に浮かびますよ。 ウハハハハ…

でもね、まぁ、これにはそれなりの理由があるんですよ。

って事で、それはまた次回… (^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-27 10:19

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 小町通り 編 (後編)】 』


【前編】の続きです。

さて、「小町通り」での三つの目的の話でしたね。


ひとつめの、
「なんかうまい食い物屋ないかなぁ??」
は…

昼食の候補となりそうな、お店探しの事なんです。

この鎌倉駅周辺…
ガイドブック見ると、
なぜか「ビーフシチュー」が名物なんだとか…(^^;

でも…

でもでも…

なぁ~~~~~んか、鎌倉っぽくなくね? (^^;
日本の歴史や文化、そして情緒あふれる鎌倉にて
わざわざ、ビーフシチューを食わなくてもいいような…

人力車が走ってるんだよ?
そこで、びーふしちぃゆぅ~~??

いやいや、凄く美味しいかもしれないよ?
でも、でも、でも…
どうも、心の奥の何かが引っかかるんだよね。

他の候補としては、「豆腐懐石」とか…
でも、一応「懐石」って言うだけあって、
それなりの値段…

そもそも…
ってか、ほんとは、前回
『 鎌倉 』
『 江ノ島 』
を散策した時の
「生シラス丼」のお店「とびっちょ」を再度訪れたかったんです。

しかし!

今回、どうしても

アサイチでの「長谷寺」
閉門間際の「明月院」
を、実現させたかったの…

更には、
「八幡宮の東側エリア」
も、散策したかったのね。

とすると、中間で「江ノ島」まで行くのは
あまりに無駄、ってか不可能? (^^;

なので、時間的にどうしても、「鎌倉駅」
周辺で昼食を取らざるを得ない状況だったんです。

でね、実は、ある程度の候補はガイドブック見て
決めていたんです。

でも、
「パッと目を引く、なにかうまそうな店」
が、見つかるかも知れんじゃん! (^^;

なので、
「なんかうまい食い物屋ないかなぁ??」
と、小町通りを探検したかったわけです。

ふぅ~~~~~~~~~、長い説明… (^^;



つぎ、ふたつめの、
「なんかうまいお土産ないかなぁ??」
は…

せっかくなんで、「鎌倉ならでは」
おみやげのひとつも買わなくっちゃ!と…

実は、ご近所さんに最近ちょっともらいものしたので、
そのお礼を探したかったのよ。

せっかく、タイミングよく鎌倉まで出かけてきたからね(^^)

って事で、いきなり目についたのが、

「鎌倉まめや 鎌倉豆物語」

っていうお店…

なんだか、盛大に試食大会を催してくれていてね。
しかも、「あじさい」って名前で、
いかにも紫陽花っぽい色どりの豆を詰め合わせたモノを
売っていてさ♪

即買いしちゃいました。(^^;
日持ちもしそうだし、ちょうど手頃な感じ(^^)

そしたら、このお店…
帰って来てから気がついたんだけど、
例のガイドブックの、表紙裏の一面広告になってました。(^^;


さて、みっつめの、
「お香屋さんを覗いてみよう!」
は…

最近は、アジアンっぽいお店とかでも
結構「お香」って置いていたりするじゃない?

でも、あれって結構エスニックな感じじゃない?
そうでもない?(^^;

小町通りのかなり奥まった所に
「鬼頭天薫堂」(http://www.tenkundo.co.jp/index.html)
っていう、お香やさんがあるのね。
純和風な「お香」のお店…

「鎌倉っぽくね?」(^^;

正直なところ、アタクシなんぞが出入りすると
非常に違和感があるわけですが(^^;

まぁ、ご勘弁いただきまして、たくさんの種類の「お香」を堪能(^^;
ちょっと高級な雰囲気をたのしませて頂きました。
そして、厳選なる選別の結果、線香タイプのモノを購入(^^)/


って事で、「お土産」と「お香」はOK!

でも、「食い物屋」はなかなか難しいやね。
どうしても、「わざわざ鎌倉で…」ってのが
ついちゃうからね。

普通のパスタとか、食べたくないじゃん?

ま、韓国まで行ってカップ麺食ってるヤツ
せりふじゃないけどね… (^^;

なので、「小町通り」散策はこれにて、終了!!

途中の路地から、「鶴岡八幡宮」の表参道になる
「若宮大路」へと、出てみます。


って事で、続く…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-23 10:30

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 小町通り 編 (前編)】 』



ボキャブラリー足りなくて申し訳ないんだけど…

なんか「小町通り」って、
「竹下通り」みたいな感じがしてさ…(^^;

毎日、お祭りみたいでいいよね。

なんて言っても、程度の問題がある…
小町通りの入口に立った今、
午前10:30位なわけよ… 平日のね。

それでも、結構な人出

これがね、一回りしてきて、午後の3時位に
再度、小町通りの入口に立った時には、
ゾッとする位の人、人、人、だったからね(^^;

なんせ、通りが、
ずぅ~~~~っと向こうまで黒いのよ、人の頭で…

小町通りって、若干下りになってるのかねぇ?
鎌倉駅側からみると、ちょっと上から目線になってるような…

なので、ウヨウヨとうごめく、人の頭、頭、頭…
が、妙に強調されて…
まじで、ゾッとしました(^^;

なので、二度目は小町通りに立ち入るのは
遠慮させてもらっちゃった。 ウハハハ…


さて、その人ゴミの形成に一役買っているのが、
「修学旅行」
または「遠足」
または「課外授業」
と思しき、小中学生達…

実は、その影響はすでに、アサイチの「長谷寺」から
出始めていたんです。

丁度長谷寺を出る位に、たくさんの小学生達が
ワイワイと入って来たんですね。

正直、「こりゃたまらん」と思いましたよ。

テンションの上がった小学生の皆々様…
やかましいのやかましくねぇのって…
風情もなにもあったもんじゃないやね。(^^;

しかも、今どきの小学生はすごいね。
ひとりひとりが、デジカメ持参!


そして、その勢力は、この小町通りにおいて
最も拡大していると言っても過言ではないのです!

まぁ~~~~~、お店屋の兄ちゃんたちは大変よ。

このやかましい小学生どもが、
すなわち「いいお客さん」なわけですからね。

うまいことだまくらかしておだてて
飴やら、キーホルダーのひとつでも
買ってもらわにゃならんわけですから… (^^;

などと、悪態をつきながらも、実は!

太古の昔…、アタクシ、kizz_armyも、
その「修学旅行の小学生」の一人だった
事を告白せねばなりますまい! (^^)

そうなのよ!

「鶴岡八幡宮」が、小学校六年生の時の修学旅行の
目的地の一つだったんですねぇ~

あぁ~~~~あ… 自分もあんなだったんですかねぇ(^^;

でもさぁ、いまさらだから思うけど、
京都の寺院めぐりにしても、
鎌倉の寺社仏閣めぐりにしても、
小中学校位で行って、意味あるんだろうか?

結局、この年代になって、
そういうものに興味が湧いてきたりするわけじゃない?

まわりに迷惑なだけじゃね? (^^;

主観だけど、
「サバイバル」とか…
「施設の慰問」とか…
「キッザニア風職業体験」とか…
そういう方が、いいと思うんだけどな…
それか割り切って、完全に「遊び旅行」ね。

「静かに鑑賞する系」のモノは、
お互いの為に、よくないと思います。


「二条城のうぐいす廊下が好き!

とか、

「三十三間堂の裏側に並んだ仏像が好き」

とか、

「平等院の雲に乗った人達が好き!」

とか、当時から言って、
ちょっと「変わりもの」扱いされていたアタクシでさえ、
「あの頃、行って意味あったのかな?」って思う位だもん…(^^;


さて、この「小町通り」での目的は3つ!

1:なんかうまい食い物屋ないかなぁ??
2:なんかうまいお土産ないかなぁ??
3:お香屋さんを覗いてみよう!


って事で、この三つの詳細は「後編」にて… (^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-22 10:02

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 鎌倉コロッケ 編 】 』

江ノ電の駅で言うと、

長谷寺 ~ 極楽寺 ~ 由比ヶ浜

方面一気に回りました(^^)
でもって、由比ヶ浜の駅から、朝利用した鎌倉駅に戻ります。

所要時間、10分位ですかねぇ~

鎌倉駅についてみて、びっくり! 仰天! 愕然!!

まぁみてよ、この状況   ↓
b0124969_1075913.jpg


平日の朝、10:00過ぎくらいよ?
電車を降りて、この様子に驚きながら、
改札方面に向かうと、駅員さんが、
パイロン(三角錘の工事現場とかにあるやつね)
を使って、すでに乗車ホームへの規制通路を
作り始めていました。


鎌倉の紫陽花… 大盛況だね(^^;

よかったぁ~ 早めに、長谷寺方面に行っておいて…

と、ここで気がついたのが、駅構内の売店窓口…
その中の「鎌倉コロッケ」

なんかね、ここまでの行程の中、
-電車の中っだけかなぁ? -
広告を見たような気がしたのよ。

「鎌倉コロッケ」… よ?

なにが、どう「鎌倉コロッケ」なのか、
無性に確認してみたくなりました。 (^^)

って事で一個購入!
b0124969_1082031.jpg


一個80円かな?
アタクシが知っているコロッケより若干小ぶり。

鎌倉駅構内のベンチに座り、早速ほおばります。

が… … …





「でっ?」 (^^; って感じ…


なにがどう「鎌倉コロッケ」なのかさっぱりわからん。

特に味の特徴もなけりゃ、なんだか油でベシャベシャ…
窓口販売だから、揚げたてかと思いきや、そうでもない…

Webサイト(http://www.surugaya-honpo.com/)で調べますってぇと…

鎌倉のお店だから、「鎌倉コロッケ」なんだそうな…
「なんだそれ…」(^^;

例えばよ?
「鎌倉コロッケ」とあえて名乗る位、味に特徴があるとか…
食材、すべて「鎌倉産」を使っているとか…

ちなみに、上記Webサイトに原材料が載っているので
引用させていただきます。

-----------
原料、原産地
ばれいしょ(国産)
豚肉(アメリカ産)
たまねぎ(国産他)
-----------

だそうです。

でね、「ソース位、ちょっとかけてくれればいいじゃん!」
とか、「後でオプションでかけられる選択とかないのかな?」
って、その時思ったんですね。

すると、Webサイトの情報によると、
ソースをかけないのがオススメなんだそうな…

申し訳ありませんが、
「別にオススメしてくれなくてもいい」
って感じですね。

一口食べて!

「うぉ! これは、ソースをかけない方がうまいわ!」
って、自分で思ったならそうするからさ… (^^)

普通のコロッケなので、、普通にソースをかけて食べたい感じ… (^^;

それよりなにより、鎌倉の駅で、あえて「鎌倉コロッケ」として
食べること自体に、少々疑問を感じるアタクシがおりました。(^^;
-普通に西友とかで帰り道に買って、
  家で食べるのと比べてどうなのよ??って事ね-

普通のコロッケである事を、そこまで強調しなければならないほど
世の中、普通のコロッケが絶滅しつつあるとは思えないんだけどなぁ~

どうっすかねぇ?

ま、名前に踊らされたアタクシも、あきらかに悪いんですけどね…
なんせ、食ってみなけりゃわからんもんで…(^^;

と、A.M.10:20位のこの時点で、

・力餅 5ヶ
・ふまんじゅう
・鎌倉コロッケ

と、ちゃんと朝食食べてきた割には、
若干食い急いでいる感が否めない、
アタクシでございました。
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-21 10:13

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 ふまんじゅう 編 】 』

今更ながらだけど… (^^;

今回使ったガイドブックはこれ ↓ なのね。

b0124969_10173352.jpg


TaBiMo鎌倉 2009 (マップルマガジン)

かなりミーハーっぽい感じだけど、
これがねぇ~ なかなかいいんだわ!

見やすい… と、個人的には思ったのね。
本屋でいくつか見たけど、
それぞれ、特徴があって甲乙つけがたし!

でも、このガイドブックは、
なんか地図がイラストっぽくて見やすいので買いました(^^;

で、みつけたのが「ふまんじゅう」
「生麩」で餡を包んだ饅頭だとか…

ヨモギを混ぜてあるらしく、色もいいんだよね。

というわけで、さんざんもったいぶってきた、
「成就院」から引き返さなきゃならなかった理由ってのは、
この「ふまんじゅう」だったわけです。

ん? でも、だったら別に引き返さなくても、
「成就院」へ行く前、
「長谷寺」の後に行ったらよかったんじゃない?

と、思ったあなた! ごもっとも… (^^;

なのですが、この「ふまんじゅう」を売っている
「麩帆(ふはん)」というお店が、10:00オープンなんですよ。

「長谷寺」に着いたのは8:00前ですからね。
今日のスケジュールを考えると「待つ」という
時間はなるべく削らんにゃなりません。

その「麩帆」についたのは、9:55頃…

すごくね?(^^;

「御霊神社」は最初の予定にはなかったからね。
それで、うまい具合にこの時間…(^^)

とはいえ、まだ一応開店前の時間、
お店の前には、こんなメモが…

b0124969_10182412.jpg


------------------
開店は A.M.10:00~となります
どうぞよろしくお願い致します
------------------

ってね。
なので、店先にて、待つ事10分あまり…

あれ? もう、10:00過ぎて、結構経つけど… (^^;

アタクシが、店先で待っていることは全く
気がついてないようです(^^;;;;

すでに、別のお客さんも待ってますよぉ~~

と、そこでようやく気が付いてくれました。

でも、ここさぁ~ お店自体ちょっと分かりにくいのよ。
なんかね、建物は元来「材木屋」さんかなんかみたいで、
その家の一部を販売窓口にして、売ってるような感じ…

そして、購入したのがこれ!
b0124969_10192061.jpg

一個一個が、笹の葉に巻かれて、
それがさらにビニールの袋に入っています。
ちょっとしゃれた感じよね。

さて、道端で、がっつくのもなんなんで、買った「ふまんじゅう」を持って
とりあえず「由比ガ浜」の駅を目指すことにします。

この通りをまっすぐいけば、きっと案内の看板が
あるはずと踏んで、またもや歩き始めます。

と、何気なくのぞいた路地に一匹の猫。
しばしのにらみ合い…(^^;

b0124969_10194451.jpg


そしたら…

「ヘイ! ベイベ~!、ついてきなよ!」

b0124969_10201746.jpg


って言うんで、フラフラと猫の後を付いていくと
いつのまにやら、その猫はどこかへ消えてしまい
たどり着いたのは、線路のど真ん中…
b0124969_10231828.jpg


路地から抜けたら、線路よ?

ありえん(^^;

アタクシへの積年の恨みが、ネコへと姿を変え、
線路におびき出したか????

とも、思ったんですが、
その線路の今来た方角の方に駅の建物が… (^^;

すでに、「由比ガ浜」の駅は通り過ぎてたみたい…(^^;

それを鑑みますれば、
どうやら、線路におびき出されたのではなく、
「由比ガ浜」の駅に案内してくれていたようなんですね(^^)

あのまま、なにも考えずに歩き続けたら、
下手したら、鎌倉まで歩いちゃいかねない感じでしたらかね。

てなわけで、たどり着いた「由比ガ浜」の駅のベンチにて、
さっそく、「ふまんじゅう」を堪能することといたします。

笹の葉を、そっと開けてみると、
雫があふれてきました。

b0124969_1021243.jpg

そっか… 生麩だからね。
水分をたっぷり含んでいるんだね。
でもって、それが蒸発しないように、
笹の葉でくるみ、さらにはビニールの袋に…

と、そんな事に感心しながら、一口…







う~~~む、こりゃまた微妙だね(^^;

たしかに、餡はなめらかでおいしいのだが…
生麩自体はそんなに味のあるものではなく、
噛み締めるほどに染み出る水分…

ってか、水よ(^^;

つまり、アンコを食べながら水飲んでるようなもんよ

わかる? この微妙さ加減…

お茶だったらいいんだけど、
「アンコ+プレーンの水」の微妙な感じわかる?

ダイレクトに、「それ」なのよ(^^;

個人的な感想としては、
食材の組み合わせが「1+1」で「2」になってない感じです。
「通常のまんじゅうではない変り種」の域を出ていないかな…

通常のまんじゅうに対する、
明確なアドバンテージが見えないんですね。

食材の組み合わせって、「1+1」が「2以上」に
ならないと、組み合わせる意味がないと思うんだよね。

もちろん!

好みの問題なので、「2以上」に感じる方も
いらっしゃると思いますけどね。

と、食べ終わると同時位に、「鎌倉行」の電車が来ました。

また、<font Color = "lightgreen">「鎌倉駅」に戻りますよん♪
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-17 10:24

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 御霊神社 編 】 』



「ある目的」を果たすためには、
「成就院」から、今来た道を「長谷寺」方面へ戻らなきゃならんのね。

で、単純に戻ってもいいんだけど、
来る途中、ちょっと面白そうなものを見つけていたのさ…

今までで紹介した
「力餅家」「星の井」も「星の井通り」ってのに面してるんですね。
で、ちょうど「力餅家」の所に脇にはいる路地があって、
そこの壁に、

「アジサイあります!!」

てな感じの張り紙がしてあったのさ…
さらには、

「長谷寺への近道!!」

とも、書いてあったの…

ほう! 隠れた紫陽花の名所が
こんなところにもあるんだ?

って、思うわけじゃん?
しかも、そのまま「長谷寺」方面に抜けられるなら、
何の文句もございませんやね(^^;


そんな、

「冷やし中華始めました!」

とか

「オードムーゲあります!!」

的な張り紙をして、客を引かなきゃいけないって事は、
随分とマイナーなのかと思いきや…(^^;

ガイドブックを見直したら、ちゃんと載ってるのね(^^;


って事で、「力餅家」の角を曲がると…
踏み切りと、小さな森が…

b0124969_9142672.jpg


踏切に辿り着くと、ちょうど江ノ電が迫ってくる所…

b0124969_9154497.jpg


地元の人には、珍しくもない光景でしょうが、
まるで線路の中に入ったかのような、
このシチュエーションは、結構ワクワクするよね。

で、通過する電車を見送ると…
線路の両側に、紫陽花が咲き乱れております (^^)
b0124969_9161014.jpg


そして、たどり着いたのが

「御霊神社」



みたまじんじゃ?

おんりょうじんじゃ? (^^;

ガイドブックには、

「ごりょうじんじゃ」

と、書いてあります。
境内に足を踏み入れて、
まず目に入ったのは、ベンチ…

そう!

約1時間前に買った、「力餅家」の「力餅」が、
ずぅ~~~~~~~っと、アタクシを呼んでるわけよ!

って事で!
他人の視線も顧みず(^^;

「御霊神社」のベンチにて、
「力餅」一気食い!!

(^~^) ムシャムシャムシャ…(⌒O⌒)

b0124969_9151385.jpg


一気に5個…
ポン、ポン、ポン、ポン、ポン…
と、5回の舌鼓を打ったのでございます!

くどすぎない、自然な甘味の餡と、
まさに「力餅」のその名のごとく、
ずっしりと噛みごたえのあるモチ…
甘いものはそんなに好きじゃないアタクシでも、
まったく問題なく、おいしくいただけました。

うまいっ!

とここで、重大な事実が発覚!!!!!

なんと、この「力餅」は、
この「御霊神社」に祭られている
「鎌倉権五郎景正」の 「怪力」と「武勇」に
ちなんで作られたんだとか!

という事は、いままさに、この場所で
「力餅」を食するのは、王道中の王道!! (^^)v

これを「導かれた」と言わずになんと言う??

別に、なんともいわんわ! … だよね(^^;

実は、上記の事は後から知ったんですが、
偶然にも、ちゃんと証拠写真も
撮って来ていたんです。

b0124969_917109.jpg

↑ なんじゃこりゃ?
って、感じでしょ?

あたしゃ、てっきり「オーパーツ」の一種かと…(^^;
脇には、ちゃんと説明書きがありまして…

b0124969_9173677.jpg


実は、軽石だったりしてね。 ウハハハ…
怒られるな…(^^;


あ! しまった。
すっかり、紫陽花の事を忘れていた(^^;
一時は、例の張り紙の「紫陽花」って、
江ノ電の線路脇の紫陽花の事かと思ったのですが、
本堂の後ろ側に、ちょっとした散策路がありまして、
そこに紫陽花が咲いていました。

つってもねぇ~
「長谷寺」「成就院」と回った後だと、
どうしても…( 以下自粛)

さて、「張り紙」のおかげで、思いがけず訪問した
「御霊神社」、脇から住宅街へと抜けると、
確かに、偽りなく、すぐに「長谷寺」付近へと
出ることができました。

しかし、この路地にある、邸宅がすごいわ!
まさに「豪邸」、ってな家ばっかりね。(^^;

って事で、ようやく、「成就院」から
もと来た道を戻らなければならなかった、
目的地へと近付くのでありました。 (^^)

つづく…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-16 09:21 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 成就院 編 】 』

以前も書きましたが、「成就院」の最寄り駅は
だいたい「極楽寺駅」となっておりまして、
昨日の話の最後に掲載した画像とは、
反対の方角から来る事になるわけです。

って、面倒なので、もう一度載せましょう(^^;

b0124969_1164269.jpg


左側にある門をくぐって、紫陽花に囲まれた
坂をのぼりつめた所が「成就院」になります。

なので、アタクシが行った方角からだと、
まず、紫陽花坂(←勝手につけた)を登るんですね。

反対側からだと当然、紫陽花坂を、
まず下りるんです。

昇る場合は、
ちょっと上っては振り返り
ちょっと上っては振り返り
していると…

b0124969_1044593.jpg

紫陽花と海のコントラストがっ!!
だんだんと、海が見えてくるわけですね。

b0124969_104822.jpg


で、極楽寺方面からだと、
いきなりこの景色がどぉ~~~~ん!
って事になるんでしょうね。

さて、さて、どっちがいいんでしょうね(^^;

しかし、非常なまでの「景勝」ですな! (^^)

海、坂、両脇の紫陽花…

単純に量的な観点から比べると
「長谷寺」には及びませんが、
まさに絵になる景色でございます。

坂の頂上にあります、境内はとても小ぢんまりしてまして、
人とすれ違うのがギリギリって感じ…

これだと、休日とかで人がどっと押し寄せちゃったら、
かなり大変なんじゃないかな??

きちんとお参りもしましたよん♪

で、このまま「極楽寺」へ…
そして「極楽寺駅」から江ノ電に乗る…

っていう、手もあるのですが、
ここは、敢えて今来た道を戻ります。

それは当然、ある目的があるからね。

って事で、次回はその目的の話です。



でもって、まぁ、不思議な事があるね。

これを、「セレンディピティ」っていうのか
「シンクロニシティ」っていうのか…

いやね、この日、家に帰ると、
「定期購読」を申し込んだ(^^;

「世界百不思議」 <= クリック

って、雑誌が宅配メール便で来てたのね。

それを、パラパラめくるとこんな記事が!!

b0124969_2216698.jpg


なんと、行ってきたばかりの「成就院」が
見開き2ページに渡りまして紹介されてました。

あ! 「星の井」も紹介されてますね(^^)
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-08 10:02 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 成就院への道 編 】 』

「力餅家」を出るとすぐの所には、こんな風景…

b0124969_115463.jpg


紫陽花に囲まれた、昔ながらの丸ポスト

なんだけどさぁ~
アタクシが普通に知っている丸ポストとちょっと
違うんだよね。

高さが、半分くらいしかないのよ!

なぜ? どうして?

元々高さが2種類あるの?

調べてみました! (^^)/










わかりませんでした _| ̄|○

ウハハハ…(^^;;;



まず、この丸ポスト…
正式名称を

「郵便差出箱1号」

と、言うんだそうな…
完全に円柱なのに、「箱」とはこれいかに? (^^;

しかし! 高さが2種類あるなんてどこにも書いてない!

う~~~む…

これってさぁ~
もしかして、紫陽花とのコントラスト考えて
この高さにしたのかねぇ? (^^;

でね、丸ポストの下の土台部分を「根石」と言うらしいのですが、
上の画像を見ると、この「根石」がないんだよね。

更に更に、よぉ~~~~~~~く見ると!

これさぁ~ 埋めてね? ヾ(≧△≦)ノ彡

周りのコンクリートの感じからして、
なぁ~んか、埋めてあるような感じしませんか?

やっぱり、「紫陽花とのコントラスト重視」なんでしょうか?

「JP 日本郵便」のステッカーも貼ってあるし
集荷時間のプレートもあるし、
現役のポストの様ですが、不思議なポストです。

いっそのこと、現地の郵便局に問い合わせてみようかと
思ったのですが、ちょっとこっぱずかしいので、やめました(^^;

情報求む!!! (^^;

結構、ネットで鎌倉の紫陽花関係を検索してると
このポストの写真多いんですよ。


さて、この丸ポストからしばらく歩くと、
今度はこんな名所が…

b0124969_1161493.jpg


今歩いている通りの名前にもなっている
「星の井」という、井戸の跡があります。

昔ゃ、このあたりうっそうと茂る木々で、
昼間も暗かったそうな…
で、この井戸を覗くと星が見えたんだってさ!

でね、「鎌倉十井」のひとつという事なんですが、
ほかの九つどこいったぁ!

って事で、調べました(^^;

・甘露ノ井
・瓶ノ井
・底抜ノ井
・扇ノ井  
・泉ノ井  
・鉄ノ井  
・銚子ノ井  
・六角ノ井  
・棟立ノ井  

なんだってさ!
でもって、場所は鎌倉全域に散らばってます。


って事で、この「星の井」をすぎると、
もうすぐそこが、「成就院」

「成就院」の「一番の紫陽花スポット」が
いきなり眼前に現れるんですよ♪

b0124969_1164269.jpg


これはねぇ~ 「極楽寺」方面から来たんじゃ
味わえない感覚なんじゃない?

どっちがいいのかは微妙ですが、(^^;
「成就院」~「長谷寺」は歩くのが吉とみました!

では、次回は「成就院」のお話、って事で… (^^)



今回以下のWebサイトを参考にさせていただきました。m(__)m
丸ポスト写真館
舞鶴うぉーかー
Area2
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-07-07 11:08