★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『 奇想の王国 だまし絵展 @ 東急文化村 』


アタクシが「エッシャー」を好きだって事は、
すでに皆様ご存じかと思いますが…

え?

なに?

知らない?

あっそ(--;
じゃ、こちらで復習を!! ↓ (^^;

『 スーパーエッシャー展 』

って事で、まぁ、エッシャーが好きってよりは

「だまし絵」

ってカテゴリ自体が好きなんですね。
そんなアタクシにとって、奇跡とも言える展覧会が!

とまぁ、そこまで大袈裟ではないんですが…(^^;

どっちにしても、
「これは、見逃せない!!」
って事で、渋谷に行って来ました! (^^)

この展覧会の公式Webサイトは ↓ です。
『 奇想の王国 だまし絵展 』

最近のこの手のイベントには、「アサイチ攻撃」をかけているのですが、
今回は少々趣向を変えて、金曜土曜のみの「ソワレ」(^^;
を狙ってみました。

あのね、金曜と土曜だけは通常19:00までが、
21:00までになるのよ!(入館は20:30まで)

これがいい!

めっちゃゆったり見られる!! (^^)v

噂によると、このイベントも結構な人気らしいんだよね。
それがまぁ、じっくりたっぷりみられるんだから、お得感たっぷり!!

でもね、入ったのが20:00だったんだけど、
ちょっと時間が気なっちゃうかな…

もちろん、21:00になった瞬間に
追い出されるわけじゃないけど、
アタクシの様な小心者にとっては、
閉館を告げるアナウンスなんかされてしまうと、
かなり、追われる感じになってしまいますね。

なので、19:30過ぎあたりの入館がオススメかも…
(ま、一周するのにそれ位の時間がかかるって事ですよ)

さて、単に「だまし絵」と言っても、
いろんなジャンルがあるんですね。

入口入ってすぐあたりは、

「トロンプルイユ(目玉し)」

という、ジャンル…

これがまぁ、非常に楽しい!
どういう感じのジャンルかと言えば…

超リアリズム、まるでそこに本物がある様になっていたり…

更に立体的に、3D効果で絵が飛び出すように見えたり…

一見普通なんだけど、実はありえない構造になっていたり…

しかも、それを表現するアイディアやモチーフがとても面白い!
それを表現するために計算し尽くされた技法にも感嘆!

飽きない!
かなり飽きないよ! (^^;
ずっと見ていたい感じ…

やっぱりアタクシって、
抽象画よりこういうのが好きなのね。


で、
「日本のだまし絵」
ってコーナーもあるんだよね。

まずは、「鞘絵」って言うジャンル…
歌川国芳の作品が有名で、絶対みんな見たことあると思う…
小さな人がいっぱいあつまって、人の顔になっているヤツね。

それと、アタクシ知らなかったんだけど、
歌川広重「即興かげぼしづくし」ってシリーズがあってね。
これがまた、超おもしろい!!(^^;

特に「塩引きさけの魚 茶がま」って作品は、
その作品の前でアタシャ大爆笑しちまったよ(^^;

それと、日本がならではの「幽霊画」

こわいよぉ~~、おぞましいよぉ~~ (T_T)

昔、この手の掛け軸がテレビ番組の中で
瞬きしたって事件がありましたが、
それを思い出し、今にも動くんじゃないかと思って、
ほんとにゾッしました! (^^)


そして、「20世紀の巨匠」と銘打たれての
マグリット、ダリ、エッシャーの作品群…

ダリの作品展も見に行ってましたね(^^)

『生誕100周年記念 ダリ回顧展』


で、「ルネ・マグリット」という人については、
「聞いたことあるようなないような」程度だったのですが、
「無謀な企て」という作品は、めっちゃ好きになりました(^^)

エッシャーの作品は、
ほとんどが見たことあるものだったですね。


でもって、最後は「現代美術」における「だまし絵」…

いやぁ~~~、ここも凄いよ!
ある意味、現代の技術や、技法、使いまくりだからね。(^^;

中でも!

「パトリック・ヒューズ」作 「水の都」って作品には
ほんとぉ~~~~~~~~~に、たまげた!

仕掛がわかっても、2秒たつと、もうだめ!
「そういうふう」にしか見えない!

しばらく、この作品の前を、行ったり来たり… (^^;

さらに、行ったり来たり… (^^;

これね、画集とかでみても、まったく意味をなさないんですよ!
実物を見ないと、なぁ~~~~~んも、わからん(^^;

それがわかっているのに、あまりにも衝撃的だったんで
この作品のポストカード買っちゃいました。

あ! そうそう、もう一個…
「アナモルフォーズ」って技法があるのね。
作品の真ん中に、鏡面仕上げの円筒を置かないと
なにが書いてあるかわからないという、
文章で書いてもよくわからない技法があるわけよ! (^^;

これがまたすごいんだ!
その技法を使うための計算が…(^^;

下絵というか、準備絵みたいなのも展示されているんだけど、
まるで高等数学のノートと見まごうばかりなのさ…

って事で、いやぁ~~~~、おもろい! たのしい!

ほんと楽しめると思うので、ぜひ行ってみてください。

残念ながら、16日(日)までなので、狙いは
明日金曜日か、明後日土曜日の夜!!

美術鑑賞とかそんなお堅いイメージじゃなくて
エンターテイメントとしてかなり楽しめると思いますよ。

オススメです!

あ、それと… (^^;

上で紹介している、このイベントのWebサイトがまた楽しいです!
特に、動画で作品を紹介するコーナーは必見!
イベントを見た後でみれば更に楽しめる事請け合いです!

いつも、この手のイベントだと話題にする「音声ガイド」ですが…
なんと! Webからダウンロード購入して、
自分の携帯音楽プレイヤーで聞く事ができるってサービスもあります。
これいいねぇ~~~~!!
先に気がつけばよかったよ(--;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-13 10:20 | 絵画・美術鑑賞

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 完結編 】 』

「とびっちょ」にて、すっかり満足のアタクシ…

最後の〆は、「江ノ島大橋」からの夕日…

b0124969_1017722.jpg


いやぁ~~~~、
もうフルコースって言っていいでしょ?(^^;

紫陽花の季節の鎌倉、たっぷりと堪能いたしました。

では、今日一日を振り返りまして、思った事など…

たぶんですが…
鎌倉に紫陽花を見に行くのなら、

「長谷寺」「明月院」で十分じゃないでしょうか?
ってか、逆にこの二つは外せない。

でもって、一言で言うなら、

「種類の長谷寺」

「浮世離れの明月院」


って感じ!(^^;
資料によると、紫陽花の株数はほぼ同じなんだよね。
でも、ずいぶんと雰囲気が違うんです。

この違いを楽しむのも、一興なんですね。
なので、同じ日に、この二つをめぐるのが
いいような気がしてます。

それには、やっぱり、訪れる時間帯が重要…
二つのお寺は離れてますからね。

どちらかをアサイチ、どちらかを閉門間際に
設定するのがいいと思うんだけど、
完全に一日がかりになるし、
間の時間をどう過ごすのかってのが問題よね(^^;

そして、さらに重要なのが、
「休日は避ける」って事っすかね。

そうそう、「成就院」もあった!
「成就院」は、「長谷寺」から歩けるので、
「長谷寺」にいくのなら、これはワンセットと
考えてもいいでしょう! (^^)


さて、今回いくつかの寺院、仏閣を周って
非常に興味深く観察したのが

「拝観料」

と言う、システム…


ガイドブックには、こう書いてあるわけですよ。

「そうは言っても、神社仏閣ですから、きちんとお参りしましょう!」

うん! そうだ! その通り! と、アタシャ思った。

だから、律儀に行くところ行くところ
柏手打って、お賽銭入れてお参りしましたよ。(-人ー)

そこで働く人なのか、単なる観光客なのかはわかりませんが、
「長谷寺」では、リアルにこんな会話も聞きました。

「ったく、紫陽花もいいけど、最近の連中は、
お参りもしないんだからこまっちゃうよね」

みたいな会話…

あぁ、やっぱり、そういう感じなんだなぁ~

とも、思った!

しかし!!!!

だけどなんだよ!

よくよく考えると、上記のような事って、
「拝観料」をきっちりと徴収する所は当てはまらないんじゃね?

だって、二重取りじゃん? (^^;

「紫陽花見るのに拝観料とります。
(もちろん他にも見どころあるし…)」


って事が、含まれている「拝観料」なら、
「拝観料」とはいえ、「入園料」なわけですよ。
単純に「観光地」ってことや(^^;

境内に立ち入って、そこにあるものを見る
最低限の権利を買っておるわけですよ。

お参り云々はその時点で、完全に選択オプションだからね。(^^;

ここから、「拝観料」について、
いろいろ考察が始まったわけなんです。

まず、ビジネスって面から考えると、
もう、無理やりにでも「見どころ」をこしらえて、
境内をきれいにして、100円でも、200円でも
拝観料を取るのが正解でしょうね。

だって… 場所柄… 払うもん! (^^;

で、一か所でも見所があれば、それで満足するもん…

しかし、頂けないのが、境内の中に飲み食いする施設が
ある場合の金額…

拝観料+普通の飲食の値段

いやいや、「普通」より若干高めかもしれん…

そりゃないよね?
境内の施設で飲食した場合は「拝観料」は免除にしなきゃ!

竹林に入るのに200円…

中の茶房でお茶を飲むのなら、プラス500円じゃなくて、
拝観料込み500円ってのが妥当だと思うんだけどなぁ~

「拝観料」… 微妙ですね(^^;

って事で!

約ひと月半にわたりましてお送りした

『 鎌倉紫陽花紀行 2009 』

も、ようやく終わりを迎える事なりました。
お読みいただいた皆様、ありがとうございました。 (^^)

最後に、もう一度今回のコースをご確認くださいませ。
なにかの参考になれば… (^^; ↓ クリック
『 鎌倉紫陽花紀行 2009 』 Gooble Map 版
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-12 10:18

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 生シラス丼「とびっちょ」2回目 編 】 』


前回の訪問から、早4年

食い物関係、割とあぁだこぉだうるさいアタクシにしては珍しく(^^;
結構おきにいりになったこのお店…

生シラス丼で有名な

「とびっちょ」 (http://www.tobiccho.com/

というお店…

「もしかしたら、並んでいるかも?」

という不安と、

「もしかしたら、今日の生シラス、すでに終了かも?」

という「ダブル不安」を抱えて店の前までたどり着いたのですが…

特に待ち行列もなし…
店先のお土産販売コーナーでも
「生シラス」まだ売ってるし…

なんか大丈夫みたい…(^^;

って事で、入店すると、すぐに2階席に案内してくれました。
しかも、前回とまったく変わらず、
硬すぎず、かといってくだけすぎてもいない
非常にフレンドリーな接客!

2階の座敷席に座って、
おしぼりとお水が運ばれてくると同時に
「今日のおオススメ」の説明が始まりました。

もうこれだけで、かなりの高ポイントです!

特に、漁や仕入れでメニュー自体や、メニュー構成が
変わるようなお店では、必須!

そんな事もできないお店… 多すぎますよね。

しかも!
このお勧めメニューが超垂涎もの… (^^;

つまみ系で、まずは

「キンメダイの炙り刺身」

「生サクラエビ」

でね、この「生サクラエビ」は
通常の「生シラス丼」と半々…、
ハーフ&ハーフができるってぇのよ!

つまり、生シラスと生サクラエビの2色どんぶりって事ね。

その色合いを想像しただけで、たまらん感じでげしょ? (^^;

全くと言っていいほど、通常のメニューは見ることなく
注文するモノはその時点で決まってしまいました。

また、このオススメを紹介してくれたおねぇちゃんの
説明もよかったね。

って事で、まずはつまみに

「キンメダイの炙り刺身」

最近はなんでもかんでも炙ればいいって感じに
なっちゃってるけど… (^^;
まぁ~~~~~、これはうまかった!

甘みたっぷりのキンメの刺身…
それが、ちょっと炙ってある部分の香ばしさと一緒になって…

ウハハハハ… こりゃたまらん!

これを肴にしたビールのうまいこと… くぅ~~~~…

でもって、
「生シラス&生サクラエビ2色丼」

どちらとも、ねっとり感、プルプル感、甲乙つけがたし!!

どっちを最後の一口にするか?

めっちゃ悩むわ! (^^;

あぁ~~~~、うま…

わざわざ、北鎌倉から来て大正解だったよ。
平日の、若干中途半端な時間だったからかな?
ゆったりと食事をできたのにも、満足でした。

そして、何より…
「とびっちょ」と言うお店が、
非常にちゃんとしたお店である事が、
アタクシを非常に満足させてくれたんです。

前回来店した時の記録 => http://kizzarmy.exblog.jp/1985780
にも書いてますが、超有名店にもかかわらず、
全くおごった感じがなく、適度にフレンドリーな接客が
非常に気持ちがいいんです。

それが、前回から4年も経っているのに、
ちゃんと受け継がれてるってのが凄い!

最初のオススメの説明に始まり、
料理を運んできたとき、
そして、食事をしている間も、
各テーブルにちゃんと気を使っているのがわかります。

なにか食べにくそうにしてないか?
お水はちゃんと入っているか?
下げモノはないか?

料理を運んで来た時も、
どうやって食べるのがおいしいかちゃんと説明してくれるしね。


でね、アタクシの隣の席に
小さい子供を連れた家族が来たのですが、
その子供やお母さんへの気遣いも
とてもちゃんとしてるんですね。

これはすごいよ!

だって、アタクシ、この系の記事書く時、
たぶん、文句言ってる事の方が多いよね? (^^;

厳しいこと言えば、これが普通で、
他が酷過ぎるだけかもしれんけどね(^^;

生シラスと、生サクラエビを食べながら

「もしかして100点かも…」

って、思ったくらいだもん!
でも、しいて言うと、
テーブルに紙ナプキンがないんだよね。

これは、ちょっと減点…(^^;

紙おしぼりじゃなくて、ちゃんとした
タオルのお絞りが出てくるので、
「それがあるからいいんじゃん?」
って、方針なのかもしれないけど、
やっぱり、口を拭いたりする紙ナプキンは
別途欲しい所です。

すっかり大満足のアタクシ…
帰り際に、最初に説明してくれた
おねぇちゃんがいたので、
( 名札に「曳」なんとかって書いてあったんだけど
確認できずm(__)m)

「いやぁ~ オススメ説明してもらってよかったですよぉ~」

と、声をかけて、1階に降りて、会計…

レジのところを見ると…

「バラバラの会計はお断りします」

と…

あぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ぅぅ!

がっかり… (^^;

最後の最後にきて、かなり大きな減点です。(^^;

以前も「サイゼリヤ」の話の時にかきましたよね。

「強制一括支払にモノ申す」ってやつね。

まぁねぇ、「サイゼリヤ」は価格を抑えたファミレスだからねぇ~
学生が10人とかで、1000円以下の会計をそれぞれに
されたらそりゃたまらんと思いますもん(^^;
その部分では、若干同情の余地はある。

でも、この「とびっちょ」は、客単価にしたら
2000円超えるかもしれな位じゃないかなぁ?

しかも、家族連れやカップルが多いお店じゃない?
バラバラに支払いをする割合はそんな多くないんじゃないかな?

それが、「強制一括払い方式」とは…(--;

今までのべた褒めのテンションが一気に… (^^;

とは言うものの、実は、驚愕の事実がこの後発覚するのでした…

この記事を書くにあたり、
ちょっと調べ物をしていると、
この「とびっちょ」と言うお店…

オンシーズンの連休等には、
3時間待ち、4時間待ちになるんだとか…

オープンの11:00に、すでに150組待ちとか…
中には、350組位待っている状況もあったとか…

そんな状況になるのにもかかわらず、
アタクシが体験した一連の接客は、
ほんとたいしたもんだと思います。

そんな状況だったら、さすがにレジの
「強制一括払い」も仕方がないか…

とは、思わないんですね(^^;

どうしてもそうせざるを得ないなら、
事前に説明があるべきだと思うんです。

「テーブルごとの会計をお願いしていますがよろしいですか?」

と…
極端な話だけど、両替機を用意するとか、
会計へ向かう客の波間を利用して
なにか工夫するとか…

支払方法って、強制できるもんなのかなぁ??

とは言え、全体的な評価からはこの
「とびっちょ」はほんとうにオススメします。

でも、3時間も、4時間も待つとなるとねぇ(^^;

ぜひ、平日の、中途半端な時間に行く事をお勧めしますね(^^;


あぁ~~~~、うまかった(^^)v
満足満足…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-11 10:16

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 さぁどうする? 編 】 』


やりました!

とうとう達成しました!!


2005年から丸4年…

ようやく「明月院」へのリベンジを果たしました。

しかも!
想像以上の大満足(^^)v

いやぁ~~、ほんと紫陽花、凄かった!


とは言え、若干の心残りがひとつ…

それは、例の「生シラス丼」のお店

「とびっちょ」

どう考えても、昼飯を食べるためだけに
「江ノ島」まで行くのは、今回の計画では無理! (--;

だからって、改めて「生シラス丼」のためだけに
はるばる江ノ島まで行くってのもねぇ?
「できれば、ついでに…」 って、思うじゃん?

実は一縷の望みとして、
「夕飯に…」ってのも考えられるなぁ~
と、考えなくもなかったのですが、
はなから、この計画の最終地点は北鎌倉、「明月院」

とするとぉ?

そう、北鎌倉駅を再度出発、鎌倉駅で江ノ電に乗り換えて、
江ノ島まで約30分…
さらに、江ノ島大橋をえっちらおっちら…
そうして、やっとたどり着いたものの、
目的地の「とびっちょ」は超人気店

更に、その日の漁の具合によって「生シラス」の
在庫量が変化するというリスクまで…

とまぁ、ぐだぐだ言っていても、ここをお読みの皆さんなら
すでに、こうお思いのことでしょう?

「な事言ってたって、どうせ行ったんでしょ?」 と…

ピンポン!
ピンポン!
ピンポォ~~~~~ン!

はい! 大正解(^^;


一日中歩き回った老体に鞭打ち、再度気を取り直して
北鎌倉から、江ノ島を目指す事にしました。

「ようやるわ…」

って、感じでしょうか(^^;

… … … …

今調べてみますと…
北鎌倉 ~ 江ノ島…

北鎌倉~大船~藤沢~江ノ島

と言う経路の方が若干早いのね(--;

まいいや、その時は、そんな事はつゆ知らず… だもんね(^^;

って事で、江ノ電江ノ島駅を降りて、江ノ島を目指します。
傾きかけたおひさまのせいで、初夏の江ノ島は
ほんとにかすかにセピア色に染まり始めておりました。

人もまばら…

なんだか、休業中の江ノ島に来てしまった感じです。(^^;

ですが!

江ノ島大橋を渡りきったすぐの所にある、
お土産屋さんの前を通り過ぎる時
一枚の張り紙が目に入ります。

「生シラス終わりました」


((;゜Д゜)ガクガクブルブル

((;゜Д゜)ガクガクブルブル

((;゜Д゜)ガクガクブルブル

早くなる鼓動…

ここまでの苦労も水の泡か!!


って事で、つづく! (^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-10 10:32

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 明月院 編 】 』


北鎌倉の駅に降り立つアタクシ…

目指すは「紫陽花寺」こと「明月院」

もう慣れたもんよ(^^)

なんせ一度来てるからね。

なんつったって、あぁた!
今回の「鎌倉紀行」は、
前回門前まで行って果たせなかった
「明月院」参拝のリベンジが最大の目的ですから…

事前に仕入れた情報にて、
「閉門間際がお勧め」って事で、
現在の時刻は、15:15分

閉門が17:00って事で、
「ちょっと早いかな?」とも思ったのですが
拝観料を払って入った境内は、
それほどの「大混雑」って感じではなかったですね。

ま、「それなり」って感じでしょうか(^^;

休日には、駅の方まで列ができるってな噂も
あるんでねぇ~
ここはひとつ並ばなかっただけでも、
よしとしないとね。

さて、入るとそこはいきなりのメイン!

階段状になった参道の両脇は、

紫陽花!

紫陽花!

紫陽花!

紫陽花!

紫陽花!

b0124969_10112931.jpg



でもって、頂上までは結構な距離があるんだよね。
そこが、まんべんなく紫陽花で埋まっております。

… 思ったね。

極楽浄土

極楽浄土でげすよ。旦那!
(^^;;;;


ここは、現世の極楽浄土だよ! ママン!!



いやぁ~~~~~、ほんと凄いわ!

現世離れしとる…

浮世離れしとる…

この世のものとは思えない (^^;

メインの参道からの脇道さえも、こんな感じ…
b0124969_10115699.jpg



でもって、頂上に近づくと、こんな感じ…
b0124969_10123854.jpg


とにかくね。
境内のどこへ行っても、紫陽花だらけなんだね。

メインの参道とほぼ平行な道が2本あるんだけど、
どこもかしかも紫陽花、紫陽花、紫陽花…

なので、このメインと合わせて3本の参道を
行ったり来たり、全制覇…(^^;

グルグルぐるぐる…
何度も登ったり降りたりしちゃった(^^)v

頂上には、いろんなアトラクションもあってね(^^;
こんな枯山水や…
b0124969_1013163.jpg


釈迦如来と多宝如来が祀られている
岩の壁面をくりぬいて作った
「明月院やぐら」という、
名所があったり…

そして、例の「鎌倉十井」の一つ
【 成就院への道 編 】で出てきた「星の井」もそのひとつね)
「瓶ノ井(つるべのい)」
があったり…
(↓の画像、左上にすこぉ~し写ってるのが、その井戸の屋根部分)
( (^^; ちゃんと撮ってくればよかった… )
b0124969_10132845.jpg



でね、アタクシが行った時は終わっちゃっていたんだけど、
裏庭には、二羽鶏が…

じゃなくて!
期間限定公開の「菖蒲園」があるんだって!
これがまた、素晴らしいらしいんですよ!

って事で、他にも見どころはあるのですが、
とにかく、この紫陽花群には圧倒されます。

日本の古来種らしいんだけど、
ほとんどが「姫あじさい」って品種で統一されているのね。

その統一感が素晴らしいです。
ほぼ一色に見えますからね。

まぁ、ええもん見せてもらいましたよ!

なんやかんやで1時間以上いたかなぁ~ (^^;

でね、この閉門間際が割と穴時間と知って狙ってくるのか…
大型観光バスに乗った観光客が乗りつけるんだね。

そうすると、一気に人が増えるんだよ(^^;



「明月院」

紫陽花寺の名に恥じぬ…

ってか、完全に想像を凌駕してるね!

ここはいいよ!

いっそのこと、
「超・紫陽花寺」とか…
「真・紫陽花寺」とか…
「爆・紫陽花寺」とか…
そういう名前にしてみたらどうでしょうかねぇ~ (^^;

まだ行ってない方、一度は行った方がいいよ。
ただし、休日は避けた方がいいかも… よ…(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-07 10:16 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 いざ、北鎌倉へ! 編 】 』


「報国寺」のバス停には、すでに数人の方が列をなしておりました。
最後尾に並んで待つことしばし…

常に携帯している「バスカード」

「バスカード」のお得度は、かなり高いからね(^^)
みんなも持ち歩いた方がいいよ(^^;

を、使って「鎌倉駅」を目指します。
10分位だったかなぁ~

「鎌倉駅」に着いたら、とにかくちょっと休憩…
って事で、駅前のマックに入る事にしたのよねん♪

妥当な所で、コーラ…(^^;

席について、コーラを飲み始めると、
若干、小腹がすいた感じ… ウハハハ…

でもって、ベーコンポテトパイを改めて購入。

このベーコンポテトパイ… 結構うまいんだよね(^^)
アタシャ、好きだよ(*^。^*)

まぁ接客には定評のあるマクドナルド…
割と客を平等に扱うって部分では、
アタクシも信頼している感はあったのですが…

この、再度ベーコンポテトパイを買いに行った時の
レジの接客には、ブチ切れました(^^;

まぁ、詳しくは書きませんが、
「頼むからこれ以上疲れさせないで…」って感じよ。
そんなもん、こっちだけの都合だけどね(^^;


あっ!

急に気が変ったわ! (^^;

今回は割と短編な感じにする予定だったので、
ついでといっちゃぁなんですが、
事の顛末を記しますわ…

どこかでも、ちょっと議論になってるのを
昔見た事があるような気もするのですが、
最近のファーストフード店や、小さなスーパーでは
レジ待ちの列って、複数レジに対して1列方式
レジ前に列を作る方式とあるじゃないですか?

マックは基本的に、各レジに並ぶ方式なんじゃないかな?

アタシャ、断然1列推奨派だけど、無駄に列が長くなるんだよね。


でね、最初にコーラを買った時は、
1列方式になりかけていたのね。

別にそんなに混んでるわけじゃなかったさ…

で、脇でゴミ箱周りの処理をしていたおねぇちゃんが

「各レジに別れて並んでください」

てな感じの事を言ったのね。
1列に並んでたお客さんも、2列に分かれたさ…
(稼働していたレジは2台ね)

アタクシも、
「ハイハイ、そっちの方式なのねぇ~」
って思って、均等になる様に並んださ…

コーラを買ったさ…

ここまではいいよね?

いい? だいじょうぶ?

ちゃんと、頭の中にマックの店内の様子が浮かんだ?(^^;

でもって、次、「ベーコンポテトパイ」を買いに行ったさ…

そしたら、またもや若干「1列方式」になりかけていたのね。
2台のレジの真ん中くらいに男性が並んでいてね。
その後に並んだのさ…

真中にいたからね。
追い越すわけにもいかず、
そのうち、また従業員が誘導するじゃろ…と…


そしたら、その男性はちょっと迷ったそぶりながらも
右のレジの列へ…
なので、アタシャ左の列へ…

正しい選択ですよ。
なんせ、上で言ったようにここのお店は
「各レジに並ぶ方式」なんですから…

右のレジには、前にお客さんがひと組…
左の列もひと組…

待つことしばし…

ま、購入したものの差でしょうな…
アタクシの並んだ左の列の方が、
右の列より若干早めに会計が済んだんです。

なので、アタクシ当然のことながら
一歩前に出たのですが…

「お客様、申し訳ありません少々お待ち下さい」

と言って、

右の列に並んだ男性を、わざわざ左側レジに
呼び戻して、先にオーダーを取り始めたのです。

はぁぁぁぁぁぁぁ??????

と、思いましたね。

所詮レジなんて、進む速さに違いがあるわけです。
それを吸収しようとするならば、間違いなく
「1列方式」の方が適当なわけです。

こんな事がまかり通るなら、
先に別のレジに並んだお客を全て把握して、
その順番どおりに接客しなきゃらんわけです。

もちろん、後回しにされた事自体にも
まったく、むかっ腹を立てなかったと言えばウソになりますが、
それよりなにより、

「さっきと言ってること、やってる事が違う」
という、ちぐはぐな接客に我慢がならなかったんです。

しかし!

「いかんいかん、ここは我慢だぞ…」

と、ぐっとこらえておったのですが、
その、先に応対した男性の接客中の合間に、
アタクシに、「申し訳ありません」
声をかけてきたんです。

これがいけなかった(^^;

なにがどう申し訳ないのかがさっぱりわからん

なにかプツっと音がしました。(^^;

「さっきは2列に並べと言って、今度は1列が正解なのかい?」と…
「言ってる事が違うじゃねぇか!」と…
「どっちが正しいんだ???」と…

よかれと思ってやったんでしょうがねぇ~
その、場当たり的接客はないと思うよ(^^;

1列方式にしろ…
複数列方式にしろ…
状況によってそれを変える方式にしろ…

こんな混乱を招かない策はいくらでも
講じられるわけですよ。

そういう頭を使わない、場当たり的な対応に
振り回されるのは、まっぴらごめんですわ

って事で、ほんと頼みまっせ(^^;

だけど、偉いね。さすがマクドナルドだわ!
クレームに対応する時の練習とかもしてるのかねぇ?
さっと姿勢を正して、対応してきたからね。



さて、そんな「小劇団的寸劇」を演じた後は、
「北鎌倉」に向かうべく、「鎌倉駅」のホームに
出たわけですが…

絶句…

ホームが人であふれかえってます(^^;

だいたい15時頃の出来事なんですが、
今この状態じゃ、先が思いやられますよね。

通勤電車みたいな、横須賀線に乗って…
まぁ、一駅だからいいのですが、帰りはそうじゃないからね。
「北鎌倉」の「明月院」へと向かいます。

って事で、つづく…
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-06 10:01

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 浄妙寺 編 】 』


『竹林』を堪能して、「報国寺」を後にすると…

「道路を渡ってすぐ向かい」って位の距離にあるのが

「浄妙寺 」

拝観料、 100円也を払いまして中に入ります。

このお寺の最大の特徴は ↓ これ!





b0124969_1095593.jpg
b0124969_10102043.jpg
b0124969_1010404.jpg


このお寺… 別名 「猫寺」と呼ばれています。 (嘘)



でも、このお寺に生息している猫どもは結構有名…(^^;
ガイドブックにも出てきたりしてます。

一応紫陽花もあるって事で、散策させて頂きますと、
敷地の奥の方に、ちょっと山へ登る斜面みたいな
所がありまして、そこに咲いておりました。

つってもまぁ、規模的にはそれほどのものではなく… (^^;

さて、聞こえは悪いですが、このお寺さん結構商売上手… (^^;

途中には、枯山水が、まるで額縁の中にある様に見える茶室が
ありまして、お茶代 500円 だったかな? (^^;

でもって、紫陽花を見た斜面から敷地上方の
通路に抜けますと、そこには、

「石窯ガーデンテラス」(http://www.ishigama.info/menu.shtml)
と言うレストランがあるんです。
境内にレストランですよ?

フランス式の石窯で焼いたパンがオススメなんだとか…

この浄妙寺への入口の所に、「石窯ガーデンテラス」の
大きな看板が見えてはいたのですが、
まさか、敷地内にあるとは思いませんでした(^^;

つまり!

このレストランに入るには、まずは、拝観料という名の
「お通し代」100円を払わんにゃならんという事になっとるしだいです。

これぞまさに、店への「お通し代」ってか! (^^)v

って事で、そんな高級なお店へはとても入れないと思ったアタクシは、
猫と少々戯れてみようかと思ったのですが…

ですが…

上の写真を見ていただければわかる様に、
一匹目は、超爆睡… 最初死んでるのかと思ったからね。
二匹目、三匹目の猫ちゃん達も、微妙に愛想がなく… (^^;

ちゃんとお参りだけはして、浄妙寺を後にする事にしました。


さて、予定ではこの後「鎌倉宮」へ行ってみるつもりだったのね。
地図を見る限り、今いる「浄妙寺」から「鎌倉宮」って、
直線距離にすると結構近いんだけど、道がないんだよね(^^;

抜け道があるのかもしれないけど、
「もしも行けなくて戻るリスク」を考えるとちょっとねぇ?

かといって、正攻法で行くと、ほぼ「八幡宮」くらいまで戻ってから
また逆方向に歩く感じ…





あきらめました。 ウハハハハ…


さすがに疲れた(^^;

この時点で、歩いて鎌倉駅方面に戻る気力さえも
若干怪しい雰囲気…

浄妙寺入口の路地から大通りへ出れば、
そこは、前回も書いたように、「報国寺」への入口脇のバス停…

鎌倉についてからだけでも、
5時間位は歩いてる計算だからね(^^;

ってことで、おもむろにバス停の列に並びました(^^)/

そして、目指すは、「鎌倉駅」!

ここから、今度は「北鎌倉エリア」を目指します。

ふぅ~~~~~~…

書いているだけで、なんだか疲れてきました(^^;
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-04 10:13 | 寺社・仏閣

『 鎌倉紫陽花紀行 2009【 報国寺 編 】 』



ガイドブックによりますと、
八幡宮の東側のエリアを「鎌倉宮」周辺って言うらしいんですね。

こちらの方面にも一応紫陽花があるってんで、
今回訪問してみる事にしました。

って事で、位置関係を見ていただきましょうかね(^^;

毎度おなじみ、GoogleMAPです。
画面で言うと、「鶴岡八幡宮」の右側になりますが、
わかりますでしょうか? ↓ クリック
今回の軌跡

まず向かうのは「報国寺」と言う所。
ここの名物は、「竹林」なんだってさ!

「八幡宮」脇の「横浜国立大学付属小中学校」の
横を抜けて道路に出ると、その道路に沿って川が流れてるのね。

この川にね、いっぱぁ~~~~~い、鯉が泳いでるの…
もちろん他の小魚や、久々に見た「あめんぼ」とかもいっぱい…

すぐわきはアスファルトで、
車がびゅんびゅん行き交っているのですが、
川側だけみると、ほんといい雰囲気ですわ! (^^)

トボトボと歩いて20分位かなぁ~
「報国寺」にたどり着きました。 (^^)v

あ! ちなみに、バスも使えます。
「報国寺」に入る脇道の入口がまさにバス停だったりします(^^)

で、境内に入って、最初に目についたのが、これ…

b0124969_9501411.jpg


この苔むした感じ… いいよね。
何度も言うけど、こういうのをなんとなくでも
「なんか、いいなぁ~」
って、思うのってやっぱり、それなりの年齢になってからじゃない?(^^;
アタクシも、「それなりの歳」になったって事ね(T_T)

このお寺は、「座禅会」とかもやっているみたいよ♪

庭をぶらっと歩く分には、特に料金はかかりません。
しかし、看板を目印にたどり着く噂の「竹林」は、
料金が必要なんですよ。

あっちこっちには、「拝観料」って書いてあるけど、
単なる、竹林への「入場料」って事だわね。
それが、200円!!

その竹林の奥には茶房があってね。
そこの抹茶セットを楽しみたい方は、プラス500円…

入場料払って、更にこの値段はどうかと思うね。
なので、アタシャ、パス!(^^;

竹林だけ見りゃいいですぅ~♪

さて、その竹林ですが…

いいね! (^^)v 非常にいい!

b0124969_950432.jpg


これだけの密度で、きちんと整備されてる竹林って
なかなかないんだろうね。

200円の価値はあるかな…

b0124969_951811.jpg


b0124969_9512840.jpg



ぐるぐると、2周位してもいいかも…(^^)

まぁこれは勝手なイメージなんだけど、
なぜか「忍者」を連想するね(^^;

竹林を颯爽と走りまわる忍者…
なにを見て植え付けられたイメージなんだろう…


そして、最後には、こんな枯山水のお庭付き…
b0124969_9515844.jpg

この庭を眺める用のベンチがありまして、
そこで一服(^^)…

ふえぇ~~~~~…
さすがに、疲れてきたかも…(^^;


えっと…
「報国寺」の「竹林」… 結構オススメです。


って事で、次! 次に行きます! (^^;
最後までもつのかなぁ??
[PR]

by kizzarmy_live | 2009-08-03 09:55 | 寺社・仏閣