★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『 医学と芸術展 命と愛の未来を探る 』


なんか六本木ヒルズに縁がある! <= ほんとか? (^^;

もしかしたら、そのうちあそこに住むのかも? <= すごい妄想(^^;


2009年 12月 の 19日、20日と、
六本木ヒルズの 「アカデミーヒルズ」って所で、例の…

「TPIE ディプロマ認定コース」

って言う、セミナーを受けてたわけですよ。

朝、六本木ヒルズの入り口脇を通ると、
思いっきり目に入ってきたのが、
この 「医学と芸術展」のどでかい宣伝ポスター…


「ふ~~~ん、そんなのやってるんだ…」

「しかし、「医学と芸術」って… 」(^^;

どうなのよ? おもしろいんっすかねぇ?


するとどうでしょう、不思議なことがあるもんです!

以前、
『 天空のクリスマス スカイ★イルミネーション2008@六本木ヒルズ 』

のチケットをくれた方が、

「これよかったらどうぞ…」

と、この『医学と芸術展』のチケットを… m(__)m

あぁ~~~、なんとありがたいことでしょう!


って事で、行ってきました。


しかしまぁ、おもしろい企画を考えるもんですなぁ~

テーマは、

-----------------------------
医学と芸術、科学と美を総合的なヴィジョンの中で捉え、
人間の生と死の意味をもう一度問い直す展覧会
-----------------------------

そのテーマの通り、多々考えさせられましたよ。

「生と死」についてね。 (^^;


普段忘れてるけど、よくよく考えたら、
医学と芸術ってきってもきれない存在同士じゃん?

そして、それを具現化してるのが、かのレオナルドダヴィンチよね。

だって、あのひと人間をリアルに描くために「解剖学」とかも
手を出してたなんて話は、わりとよく聞くじゃない?

なので、当然と言えば当然のことながら、
このイベントの目玉は、そのダヴィンチの作品…

ま、「作品」と呼べるかどうかは微妙だけどね(^^;

英国ロイヤルコレクション(エリザベス女王陛下所蔵)の
ダ・ヴィンチが描いた「解剖図」が3点展示されてます。

あの有名な「鏡文字」でかかれた直筆の解説と、脳の解剖図…
これだけでも見る価値ありって感じじゃん?

そして、あの「丸山応挙」の『波上白骨座禅図』
なんてのも展示されてまして、ある意味、「異種格闘技戦」の様相…
これがまた、なんとも不思議な気分にさせてくれる絵なんですね。


結局、緻密な解剖図とか人体図なんてすでに「芸術の域」って事じゃない?

それに加えて、前衛アート的なもの、さらには、
ちょっとグロさも強調した作品。

そして、医療器具やらなんやら… (^^;

ダーウィンのデッサンや、
DNAの2重螺旋構造を発見した「フランシス・クリック」の
2重螺旋鉛筆画あたりが、さらっと展示してあるのがすごいなと…


これだけ多種多様なものをね、ひとつのテーマとしての視点で見ると
普通に見るのとは全く違う感じがするって事が、よぉ~~~くわかりました(^^)

実際に会場内の解説にも何度も登場するんだけど、
根底にあるのが、「メメント・モリ」って事のようです。

単純に言うと「死を忘れるな」って事らしいんだけど、
これだけ「生と死」についての作品群を見せられたうえで
この言葉を提示されると、ほんといろいろ考えちゃいますわ!

普通に作品展にいくと、

「うわぁ~~、すごいな…」
「きれいだなぁ~ 」

で、終わっちゃうかもしれないけど、
ここまでいろいろ考えさせられる作品展もめずらしいんじゃない?

って事で、非常におススメな作品展です。

音声案内も無料で貸してくれますので、ぜひぜひ活用しましょう!

休日のアサイチで行きましたが、適度な込み具合にて
わりと見やすかったですよん♪


公式サイトはこちら => 『医学と芸術展』



でね、もうひとつ話があるのさ… (^^;

これに行く直前、国民的映画「男はつらいよ」の第22作
「 噂の寅次郎 」を見たのさ… 大原麗子さんがマドンナ役のやつね。

その中に、今昔物語 の「春宮の蔵人宗正出家の話」ってのが出てきてね。

蔵人宗正って人の美しい妻が死んじゃうのよ
で、遺体を棺に入れたんだけど、この人この奥さんの事が忘れられず
棺を開けてしまうんだわ!

しかしそこには、腐り果てた妻の姿が…

世の無常を悟り、この人、出家してしまうんですな。

って話なんだけど、この話をたまたま聞いて、
この作品展をみたら、なんだか更に感慨深いものに思ってしまいましてね(^^;


いやぁ~~、行ってよかった!

チケットを融通してくれた、上野さん、ありがとうございました。 m(__)m
ってまぁ、こんなとこ読んでないと思うけど…
いわゆる、謝辞ってやつやね(^^;




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-02-12 10:46 | 絵画・美術鑑賞

『 エプソン アクアスタジアム @品川プリンスホテル <水族館編 アシカショーの章>』

「イルカのショー」、楽しんじゃいました!

当然「アシカのショー」にも、期待しちゃいますよね?

なので、「イルカプール」の席を立つとそのまま、まったく他の物には
脇目もふらず、一直線に「アシカプール」へ…


こっちは、「イルカプール」に比べると、かなりこぢんまり感じ…
客席数は、393席と「イルカプール」の1/3程度。

なので! 可能な限り早めに席を確保した方がいいでしょう!

結構開演ギリギリまで入れてくれますが、
最後列での立ち見や、「イルカプール」同様の
ずぶぬれ確定席となる最前列しか、空きが無くなっちゃいますからね。

そう! ここも「ずぶぬれ確定席」があるんです。

ま、「イルカのショー」から比べたら、大したことないのですが、
これ、単なる比較の問題で一般的には「ずぶぬれ」ですので、
ご注意くださいね(^^;

さて、まだまだがらんとした場内ではありますが、
前方のステージ&水槽には、一頭のアザラシ君がおりまして、
水槽の中を優雅に行ったり来たりしてます。

それを追いかける2、3歳の子供…

ほほえましい風景でございます。(^^)

でもねぇ~ 今でも疑問なんだけど…

この後ショーが始まるまでの間に繰り広げられる、
アシカとトレーナーさんのやり取りがね、
ネタに含まれているのかそうでないのかが
いまだにわからんのよ(^^;

このアシカがまぁ、すっとぼけたやつでさぁ~(^^)
それも芸のうちなのか? 天然なのか?

なにが繰り広げられたかは、ネタばれになるかもしれないので
ヒ・ミ・ツ・ゥ♪


さて、ここのアシカショーは非常に分かりやすい特色があります。

それは、このショーの形式が、まさに

「お笑いオンエアバトル」

だってこと…

ふた組の、アシカ&トレーナーさんが出てきて、
お笑い対決をするんですな(^^;

でもって、「騒音測定機」により観客の反応を数値で判定し
負けた方は出番が減ったり、しばらくステージに立てなかったり…

厳しいお笑いの世界の縮図がまさにそこに… (^^;


さすがに、対決方式だけあるね。

まぁ~~~~~~~~~、おもしろかった!
生のステージにて、これだけ笑ったのも久しぶりだわさ!

「子供と動物にはかなわん!」

って言うけど、ほんとだね。
わかってるんだかわかってないんだかわからない
アシカのボケ具合には、ほんと参るよ。

また、表情がいいんだよね~

子供はもちろん大喜びだけど、
おとなだからわかる面白さみたいなのもあるじゃん?

そういうのも含めてほんとおもしろかったです。楽しかったです。


「イルカのショー」にしろ「アシカのショー」にしろ、
ほんとぉ~~~に、おススメできる。

品川駅のまんまえに、あんなエンターテイメント施設があるってのが
そもそもすごいわ!

なので、しつこく言うけど、「水族館」ってジャンルに
入れてしまうのがどうも納得いかないんだよね。

まだ、未体験の方はぜひ行った方がいいと思うよ。
子供がいるならなおさら…

でもって、完全防備の準備を家からしていって、
ずぶぬれ席に座るのも、これまた一興かもね。(^^;



さて、
『 エプソン アクアスタジアム @品川プリンスホテル <水族館編 前編>』
の更新情報を書いた時に、こんなことを書きました。

-------------------------
今、業界的にはどういう構図になってるんですか?(^^;
たとえば、単純に入場者数とかで調べられるもんなの?
-------------------------


調べてみました(^^;

ほんと、インターネット様様だね。

ちょっと前だったら、こんなのどうやって調べたらいいのか
見当もつかんぞ? (--;

2007年度のデータですが、
日本の全テーマパーク中、
「アクアスタジアム」は、47位!

首都圏近郊で言うと、
「葛西水族館」が25位
「新江ノ島水族館」が31位

「サンシャイン水族館」や「しながわ水族館」は
80位以内にも入っていないんだわさ

テーマパーク業界も、大変だわさ!

※参考:「社会実情データ図録」(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/index.html)

「エプソン アクアスタジアム」の体験記は一応終了ね(^^)


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-02-10 09:18 | 動物園・水族館

『 エプソン アクアスタジアム @品川プリンスホテル <水族館編 イルカのショー 考察の章>』


<デンジャラスシートの章>の続きです。


    1 8 0 0 円 !!


『 エプソン アクアスタジアム 』の、
一般正規入場料は1800円なんですね。

再三申し上げておりますが(^^;
今回のアタクシは「プリンスカード」のポイントにて
ゲットした招待券で入場してますので、
窓口にての現金精算はなかったわけです。

でも、この1800円って入場料は知っていました。

イルカのプールに入る前までは正直、

「いくらなんでも、これで1800円は高いな…」

と思ってました。

「駅前価格かっ!!」
ってね(^^;

そしてイルカのショーを見終わった時点では、

「ま、この金額もありか」

って感じに変わってました。
つまり、それだけこのイルカのショーは満足度が
高かったって事ですね。

で思ったのが、「序章」にも書いたように、
この施設を単純に「水族館」ってカテゴリにするのが
どうも違うような気がしてねぇ~

たしかに「アクアスタジアム」ってなってますが、
「すばらしいイルカのショー」をやっている施設だってのは
伝わってきませんよね。

だって、「水族館」って言ってるんだもん

なんかすごくもったいない気がしました。

実際は、口コミ等で十分新規客等もつかんでるのかもしれないんで
なんともいえませんが、少なくともアタクシは、
イルカのショーを見に行ったのではなく、
「水族館」だと思って行きましたからね。(^^;


時々テレビで見るイルカのショー…
今まで自分の中にあった、一般的なイルカのショー…

それらの既成概念を破ってくれる、非常に斬新で
オシャレで、楽しいイルカのショーを創ってくれている
っていう感じがしたんだよね。

ほんと、楽しかった。

すると、妙にこのイルカたちに親近感がわくわけです。
こんな事を考えました。


このイルカ君たちは、少しは楽しんでこのショーをやってるのかなぁ?

ってね。

きっと体調の悪い日もあるかもしれないじゃん?
なんだかしらんけど、気分が乗らない日もあるかもしれん…
ちょっとしたスランプになるときもあるかもしれん…

毎日毎日、何度も何度も、同じ事やらされて…


観客が喜んでくれているって事に意義を感じて、
ショーをやることが、苦ばかりじゃなければ
いいんだけどなぁ~~

なんて、思ったりしたわけですよ(^^;


所が!! 一方では…


恵みを喰らふ!Vol17『くじらの刺身』


なんて記事を書いている自分もおるわけです。

ま結局、人間、この矛盾を抱えつつ生きていかにゃならんって事ですよね。(^^;


なので!

牛、豚、鶏、等々はいいけど、クジラは捕っちゃいかん!

って言う、非常に抽象度の低いわけのわからん差別を
暴力を持って行使しているような人達はどうも理解できんのだけどね。

楽しんだだけに、複雑な思いもちょっとありました。(^^;

と、若干時事ネタもからめつつ、
「アシカのショー編」につづく…
[PR]

by kizzarmy_live | 2010-02-08 09:25 | 動物園・水族館

『 エプソン アクアスタジアム@品川プリンスホテル<水族館編 イルカのショー デンジャラスシートの章>』


※イルカのショーについて若干ネタばれあります。ご注意下さいませ。





「ほんとぉに、バケツをひっくり返したように水がかかります」



「海水ですので、服にかかると白くシミになります」


「濡れたくない方は、どうぞ席を移動してください」


繰り返し流れる場内放送…

その「通常でのありえなさ加減」が、
『 エプソン アクアスタジアム 』のエンターテイメントの一つであり、
お客を楽しませる演出の一つであることに、
ショーが始まる前から、結構ワクワクよね?


一通り展示水槽を見終わってしまい、フラッと入ったイルカのプール…

まさに、そこは、「スタジアム」の名に恥じない、
「円形スタジアム状プール」

1350席って言うんだから、結構なでかさだってわかるでしょ?


ショーの開始までは、まだ30分以上あったので、
がらんとした場内は「良席」確保し放題!! (^^)V

正面と思われる、前の方の席に陣取りまして、
ショーの開始を待ち始めたのですが、
そこで、冒頭の場内放送がながれるわけよ… (^^)


どうやら、ショーに出演するイルカたちが
わざわざ観客席に向かって、大量の海水をぶちまけてくれるらしい… (^^;


前方の数列分のシートの背もたれには赤いテープの目印が…
これが「超デンジャラスシート」の印ね。

そこから更に数列後方のシートの背もたれには黄色いテープの目印が…
これが「デンジャラスシート」の印ね。

更に、正面と思われる1ブロック分位の席は、
シート自体の色が違うのさ

これが

「ウルトラスーパーデンジャラスシートデラックス」

の印ね。

でもって、このあたりの席にあえて座る方々用に、
「特性オリジナルレインコート」が販売されてるんです。

結論から言いますと、この席に座る人はすごい!
ほんとぉ~~~~~にすごい!!

「バケツをひっくり返した」なんてもんじゃないね。

「大型の台風中継」を凌駕するかもしれん(^^;

大シケだよ、大シケ!

ゴンドウクジラの「イシュト」君ってのがいるんだけど、
クジラだけあって、他のイルカ君たちとは体格が違うわけさ。

このイシュト君が「スプラッシュ・ジャァ~~~ンプ」とか言って、
(ほんとにしゃべるわけじゃないけど…)
客席の目の前で、
バッシャァ~~~~~~~~ン
ってやるわけ。

ほぼ、海中に入ったのに近い感じじゃないかな(^^;

レインコート2枚使っている人がいたけど、
それでもかなり濡れてる感じしたもん(^^;

だいたい、正面から大量の水が押し寄せるんだから、
レインコートの顔の部分から相当量の浸水があるんじゃん?

アタシャ、実は黄色のテープの席で見たんだけど、

「ウルトラスーパーデンジャラスシートデラックス」

からサイド側へ離れれば離れるほど、危険度は減るみたいで
自分が座っていたあたりは、まぁまぁ大丈夫な感じ…

でも、赤いテープのシートはやっぱりやばそう(^^;


レインコートを着て、大量の海水を浴びている数人の方は
完全に出演者側になってる感じよ♪

そのすさまじい海水の浴び具合は、見てる方はたのしいもん(^^;

興味を持った方、ぜひ体験してみてください。

ススメないけどね(^^;

つづく…
[PR]

by kizzarmy_live | 2010-02-05 09:44 | 動物園・水族館

『 エプソン アクアスタジアム @品川プリンスホテル <水族館編 序編>』

<アトラクション編 >の続きです。

「エプソン アクアスタジアム」


で、なに?
普通の「水族館」と何が違うの?

って、話でさぁね。


だってさぁ~ すでに

「しながわ水族館」

ってのが、品川にはあるわけですよ!
しかも、1991年から!

でも、アタクシなんかにすると、
「しながわ水族館」でさえ、「新しくできた水族館」
ってイメージがまだ消えていないのが、非常に痛い感じ(^^;


でね、「エプソン アクアスタジアム」のオープンの事を聞いた時から
ずぅ~~~っと抱いていたイメージは、

「ちょっとしたおまけ程度の水族館」

って感じだったのね。

よくあるじゃん? 水槽のあるレストラン…

あんな感じで、ホテルの一角に「ホテルのサービスの一環」としての
展示物的なものとして作ったんだと思っていたの…


でどうなの? みなさんどうだったの?

あそこが、「イルカのショー」と「アシカのショー」がメインの
エンターテイメント施設だって知ってたの?

アタシャ、現地に行くまで知らんかった(^^;
ってか、ショーを見るまで知らんかった(^^;

もしも、アタクシの様なイメージを持っている方が
割と多いとしたなら…


「エプソン アクアスタジアム」…

宣伝の仕方を間違っているような気がする。
そもそも、ネーミングからして違うと思う。


しかも、どう考えても「イルカのショー」と
「アシカのショー」がメインであり、ウリであり、
普通の水族館的な「水槽」は、かなりサブキャラ的な存在なんだもん!

他の水族館に比べたら、圧倒的に展示してある魚は少ないんだもん!


・海中トンネル

 海中トンネルってのは、今や珍しいものじゃなくなっちゃったけど、
 入口入ってすぐにあるここの海中トンネルは、確かに圧巻!
 「サメとエイ」の海中トンネルなんだね。
 トンネルの天井部分に寝そべる巨大なノコギリザメには、
 単純に圧倒されました(^^)
 優雅に旋回するマンタもかっこいい!
b0124969_1027167.jpg



・イワシ水槽

 イワシがグルグル旋回する水槽ね。
 サインシャイン水族館にもあったかな。
 ただ、このイワシにおやつをあげるパフォーマンスは人気みたい


・ペンギンコーナー

 水の中を泳ぎ回るペンギンがすごく近くで見られる。
 イワトビペンギンがピョンピョンあるく姿もいい!


・氷の海の生き物、あたたかい海の生き物

 実際はもうちょっと細かく分かれてたりもするんですが、
 大きなくくりでいえばこういう事(^^;
 ま、これもどこの水族館にもある展示

・季節ものネタコーナー
 このアイディアは面白と思った!
 いくつかの小さな水槽に、季節のイベントに
 合わせた「しゃれの利いた」展示がしてあるのね。
 これは、見てのお楽しみって感じよん♪


とまぁ、いわゆる水族館的水槽の分類は、
これだけっちゃぁこれだけ… (^^;

ペンギンコーナー脇にある、
「アシカショー」の入口にはすでに「満席」の看板…

ひとまわりして

「え? こ、これだけ?」

と、思いながら、
もうひとつのショーコーナー「イルカプール」に
フラァ~~~ッと入ると、
ちょっとこの「エプソン アクアスタジアム」の
イメージが変わってきたんですね。


って事で、つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-02-03 10:28 | 動物園・水族館

『 エプソン アクアスタジアム @品川プリンスホテル <アトラクション編 後編>』


<前編>の続きです。

話の流れ的に、「バーチャルライドシアター」の事を先に書いてますが、
実は、たっぷりと「水族館」を堪能したあとに、
アトラクションにのりました(^^;

別に最初は、アトラクションなんてあまり興味なかったの…

でも、水族館の中にあった「案内看板」にて、
「ヤッターマン」の3D版をやっていると知って、
急性の「体験せずにはいられない病」にかかったのさ(^^;

アトラクション4つ全部に乗る事のできる
セット券は2000円…

でも、ヤッターマンだけでいいので、チケット代650円を払いまして
いざシアター内へ… (^^)

まだ前の回の上映中らしく、入口には人気もなく…

って、ほんとに誰もおらんじゃんか! (^^;

係りの人もおらん…

一抹の不安… (^^;

しばしの、待機…

おにいちゃん登場!

シアター内へ…

おにいちゃんの説明開始…

この時点で、お客さん4人…

調査の結果、定員60名の一大アトラクション!

3Dの映像とともに、連動してライドが動く!

週末の夕方…

一回の上映につき、お客さん4人…

売上、2600円…

総工費は?

人件費は?

一回の上映での電気代は?

2005年のオープンから、早6年…

こりゃまぁ、相当にヤバイ感じだね(^^;

だって、シアターに入り口横にある

「ポート・オブ・パイレーツ」

っていう、アトラクション…
遊園地によくある「バイキング」とか「パイレーツ」とかって
名前の船型巨大ブランコね。

が動き始めた時、お客さん2人だったもん。
完全貸切ですわ! (^^;

約15分の「ヤッターマン THE 3D」を
見終わりまして、なんとなくこの状況も理解できました。


はっきり言って、「ハード」「ソフト」共に、
あまりにも魅力がなさすぎですね。(^^;

びっくりしました。

映像が3Dとはいうものの、ほんとうに立体的に見えるのは一部だけ…
全体を通して、出てくるキャラクターは

ペラッペラ

なのよ(^^;

よく幼稚園とかの劇で、割り箸に紙で作った人形を張り付けて
やるのあるじゃない?

まさにあれのアニメ版って感じなの…

2次元のペラペラのキャラの位置関係だけに、
微妙に遠近感が加味されているだけなの…

キャラクター自体は、全然立体じゃないんだよね。

更に!

乗っているライドの動きが、不自然極まりない。

むりやり、こじつけ的に、わざとらしく動きをつけている感じ…


アタクシが、なんでこういうの乗りたがるかってぇと、

TDLの「キャプテンEO」、「ミクロキッズ」
TDSの「ストームライダー」

にすごく感動するからなのさ…

これらのアトラクションがあるのに、
後発で出てきたのがこれじゃぁねぇ~(^^;


推して知るべしって事ですかねえ。


って事で、次回はようやくメインの「水族館」の話… (^^)


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-02-01 09:41 | その他エンターテイメント