★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 高千穂牛 編 』




「高千穂神社」へ参拝し…
「高千穂峡」にて、散々遊び…

したわりには、これでちょうどお昼頃(^^)


それもそのはず、「高千穂神社」に着いたのが
午前8時頃でして、わりと早朝より行動しております。

と、ここで思い出して欲しいのが
『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 出発編 』
での事…

昼食食べる、お勧めのお店を聞きました。

今、高千穂っつったらなんつったって、「高千穂牛」

日本一になったんだってさ!

って事で、紹介してくれたのは


「焼き肉 初栄」


町の焼肉屋さんらしく、非常に小じんまりしたお店

でも、お肉屋さんが経営してるらしく、
「馬刺しとステーキのセット」を注文したら、
馬刺しはは、お肉屋さんの方に連絡して、
持ってきてもらったみたい(^^;

ステーキのセットっつったって、
焼肉屋さんだからね。

ぶつ切りになったヒレ肉が、無造作とも言える感じに
お皿にどぉ~~~ん!

200gだったかなぁ~
これが、5切れ位にぶつ切りにされてるんだから、
その一個の大きさってわかるでしょ?

でもって、これを自分で網で焼いて食べるわけよ。

これさぁ~ たぶん…

料理人が焼いてくれる「ステーキハウス」みたいな
所だったら、とんでもない金額とられるんじゃない? (^^;

それくらいのレベルの肉だと思うよ。

結構生っぽい方が好きだからさ、
ちょっとあぶった感じで、むさぼり食ったわ!

滴り落ちる血… みたいな?(^^;

久々、肉食獣の血が甦った感じよん♪


「高千穂牛」… 堪能させていただきました。(^^)/


あぁ~~~、食った食った



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-28 07:52 | 絵画・美術鑑賞

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 高千穂渓谷 淡水水族館 編 』

「高千穂峡」の話もひと段落…
と、思ったら大間違いよ。

Blogを読むのに、地図の閲覧が必須と言う
新しい試みに挑戦しているわけですが(嘘)

また、例のイラストマップを見ていただきましょうかね(^^;
高千穂峡イラストマップ

起点となった駐車場の脇、

「高千穂峡 淡水魚水族館」

という、文字が…

「高千穂神社」から「高千穂峡」にたどり着くまでの道のり、
道沿いにある観光案内の看板にて、すでに
「どうやら近くに水族館があるらしい」
って事を認識しておりました。

気になって仕方がない…(^^;

それがなんと!
「高千穂峡」の観光コース内にあったとは!

って事で、遊歩道の散策を楽しんだ後は、
「淡水魚水族館」にて更なる、おたのしみ♪

「淡水魚水族館」なんて大したことない様なイメージを、
完全に吹き飛ばしてくれたのが

『蓼科アミューズメント水族館』

での体験でした。

ま、規模的に言ってもそこまでじゃないだろうけど
やっぱりチェックしておきたいところだよね。(^^)

Webサイトって程じゃないけど、HPがありました。
高千穂峡 淡水魚水族館

さすがに巨大魚系はいないまでも、
それなりに楽しめましたよん♪


そして、予想外な魚を発見!

魚を発見っていうより、「体験コーナー」を発見!

「体験コーナー」っつっても…

「あのぉ~~、これ、体験したいんですけど…」

って言って、

「じゃ、こちらへどうぞぉ~~」

と、招き入れられたのは、水族館の事務所(^^;

普通に、事務机があって、書類があって、資料があって…
って、感じね。

そこの隅の水槽にいたのが、あの

「ドクター・フィッシュ」!!

それっぽい感じがお好みなら、

「ダクター ・ フイ~~ッシュ」

ってな感じで発音してもらいましょうかね。

「じゃ、まず手を洗ってください」

って事で、事務所奥のいかにも水族館的作業場
みたいな所で手を洗いまして、
おそるおそる水槽に手を入れます。

「ん? 来ませんけど…」

「やや、キタキタ…」

「どぇ~~~ いっぱいキタァ~~~!!]


なになに?? この感触はぁ~~~~??

完全、未体験ゾォ~~~~ン!
流星人間 ゾォ~~~~~ン!!
(↑ わからん人はしらべてね)

ほっすぅ~~~いい!
これ、ほっすぅ~~~~~い、です。

どっかで、売ってないの? 「ドクター・フィッシュ」…(^^;

そしてら、これがまた
「セレンディピティ」っちゅうのか
「シンクロニシティ」っちゅうのか
数日後に、テレビでやってました。

原産は「トルコ」なんだね。
これまた奇妙な一致!
世界遺産に魅せられて」<= 参照)

日本では、1社独占、「ウリ」はなく
「レンタル」のみだそうで…

健康ランドみたいなところによくあるよね。
あの足をいれるやつを、今度は体験してみたいです。




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-26 07:43 | 動物園・水族館

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 高千穂渓谷 後編 』



なんかネタばれっぽくなるけど、
「前篇」
にて紹介した、「高千穂峡イラストマップ」
見てると言う前提で話を進めましょう! (^^;
「イラストマップ」

高千穂峡での一歩を踏み出したのが、地図上右下の「P」マークの所ね。

そのすぐ左上の橋から見た眺めが、
前回紹介した ↓これになるのね。
b0124969_854040.jpg



赤線が「遊歩道」になっておりまして、
橋の脇、15番の所から遊歩道を川沿いに下ります。

するとすぐに、「高千穂峡」の代名詞!
「真名井の滝」の展望デッキに到着。

そこで、写真を撮るとぉ?
またもや見せちゃうけど、この画像の様になるんです。

b0124969_8194662.jpg


ここで見せたいがために、前回はちょっと小さくしておきました(^^)


「アンコールワット」
「タージマハル」
に次ぐ、自己満足画像ですね(^^)

ボートに乗れなかったのは残念ですが、
おかげで景観にボートが入り込まない写真が撮れました(^^)

ラッキーっちゃぁ、ラッキー…

そして続くアトラクションは
「七つヶ池」
あたくし、こういう小技的な自然の造形好きです。

って、画像ねぇのかよ! (^^;

いや、実は、今回の旅行…
デジカメのメモリが一杯なのに気付かず…

撮影しては、削除…
撮影しては、削除…
以前撮影したもので、要らなそうなのを削除…

それの繰り返しだったんです。
なので、ちょっと画像が少なめ(^^; すんません…

続きましては、
「鬼八の力石」

ここで、例のごとく神話が登場します。
神武天皇の兄ちゃんに「三毛入野命(ミケイリヌノミコト)」
ってのがおるんですが、このひと、「鬼八」って言う
悪い奴と戦うんですわ!

その時に、この「鬼八」ってのが力自慢の為に
投げたのが、この「鬼八の力石」って巨岩らしいっす。

推定200トンってぇんだから、
そうとうの怪物… ってか、そりゃ怪獣だわな(^^;


とまぁ、こんなん文章で説明しても、イマイチなんで
あとは現地にてお楽しみください(^^; アハハ…

あたしゃ、番号1番の所の「WC」まで行って、
またもと来た道を戻る事にしました。

帰りは、11番の「玉垂の滝」の方を周って帰ってきました。

b0124969_7403384.jpg


10番「おのころの池」では、鯉のえさやりができますよん♪

ちょうど、往復で1時間位ですね。

あぁ~~~~~~~、気持ちよかった(^^)

あの「高千穂峡」制覇! (ボート除く) (^^;

またひとつ、夢が叶った感じです♪



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-25 07:41 | 絶景かな、絶景かな!

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 高千穂渓谷 前編 』



さてさて、とうとう「高千穂峡」へとたどり着きました。

カレンダーやら、旅行会社のパンフレットやら、
観光案内雑誌等でよく目にする、
あの、ちょっと神秘的でさえある景観の、高千穂峡へ…

でまぁ、こういった写真…
ぱっと見気がつかないんですが、
よくみると、滝の下あたりにもかかわらず、
水面にボートが!

「へぇ~~~、ボートに乗れるんだ」

と、思うわけですね。
見たことあります?

そりゃもう、行ったら乗るよね?
あの滝のすぐ下まで探検できるんだよ?

ワクワクじゃん!

ってまぁ、どんな景観の話かわからない方のために
例の写真をここでも、ちょっと見せてあげるね(^^)

言っとくけど、サービスだからね。 (^^)

b0124969_8194662.jpg


ところが、宮崎に着いた直後から、ちょっと不穏な空気が… (^^;

なんでも、高千穂峡のボートは崩落事故の為に運行を中止しているとか…

つったって、
「実際に行く頃には再開してるかもね」

なんて、お気楽に考えていると、
例の「高千穂神社 観光神楽」の行われた神楽殿の入り口に

高千穂峡ボートは
安全の確認ができるまで、
しばらく運行を休止する

と…

ががぁ~~~~~ん… 楽しみにしてたのに…(T_T)

「また来いってことだ!」

と、気を取り直しまして高千穂峡観光に出発です。

でも、そりゃそうだよね。
崩落があったって事は、またある事は
十分考えられるもんね。

今回の事故は、軽傷ですんだらしいのですが、
上から岩が落ちてくるわけだからねぇ。
万全を期さないとね。

さて、
車をとめたのは、ボート乗り場のある
一番上流側の大きな駐車場…
(高千穂峡イラストマップはこちら↓)
地図だよん!


でもね、今考えると、下流部の駐車場にとめて、
最後にボート乗り場と、メインの見所がある
上流側の方まで歩いてきた方が、
もしかするといいかもしれないのかも…

この大きな駐車場の最奥が「ボート乗り場」となっておりまして
だめ押しをしてくれるかのごとく、
「運航中止」の張り紙がしてありました。

駐車場を出て、水面にさびしそうに浮かぶ
操縦者のいないたくさんのボートを、
ちょっと名残惜しそうに、眺めながらたどり着いた橋で、
反対画を見たら…

いきなり、これだぁ!!

b0124969_854040.jpg


きたね!
とうとう、きたよ、高千穂峡!

ここから、遊歩道を川沿いに下っていきます。


で、現在(2010/5/21)のボートの運行状況ですが、
再開されているみたいですね。

しかし! なぜか、運賃の値上がりが…(--;

時間が5分増えたものの、なんと料金が倍!

過去: 15分 500円
現在: 20分 1000円

いくらなんでも、これはひどくね?
ちょっと見た感じでは、この改定の
根拠とか、理由とかって記載されてないんだよね。
ま、やむを得ない事情があるんだろうけどさぁ…

しかも、ルートが制限されているとか…
それじゃ、時間が長くなっても意味なくね?

意味が、なくなくなくなくない? (^^;

これから、夏休みに向かうんだから、
混雑緩和、スムーズな運行って意味でも、
15分、800円とかが落とし所だと思うんだけどな…


って事で、後半につづく…




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-21 08:10 | 絶景かな、絶景かな!

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 高千穂神社編 』



ふとした間に、実は前夜すでにここを訪れている事を忘れてしまう。

だって、昼と夜じゃ全然違うんだもぉ~ん(^^;

ま、神楽殿に入った時とルートも違うしね。

さて、この「高千穂神社」
由来やら、誰が祭られているとかは
「天岩戸神社」に比べるとなんだかしらんが、
妙にややこしい…

ので、パス! (^^;

興味のある人だけ、ネット等で御調べください。

で、それを如実に表す様に、普通に日中にここを
訪れた場合の見所って、本殿とかじゃないんだよね。 アハハ…

まず、ご紹介するのがこちら!
b0124969_7294248.jpg

「夫婦杉」
でございます。

根元がひとつなんだけど、2本に分かれてそびえ立っております。
こういう縦長のものをうまく写真に収めるのって難しいのよね。

で、この杉の周りを夫婦で手をつないで3周すると、
・夫婦円満
・家内安全
・子孫繁栄

の願いがかなうんだってさ…

kizz_armyは、周ったのかって?
グフフ… さぁ~ どうなんでしょうね(^^;

ま、あやうくバターになりかけたって事だけは
お伝えしておきますね。 って、これわかるかなぁ? (^^;


さらに、見所が続きます。
b0124969_7305720.jpg


これは、「鎮の石」と呼ばれるものです。
なにものかってぇと、説明書きにある通りなんですが(^^;

なでると、パワーがもらえるらしいです。
でもって、悩み解決、世の中の乱れさえも「鎮」めてしまうって位の
パワーがあるらしいけど、一向に世の中よくならんのはなぜでしょうね(^^;

一番奥まで到達すると、昨夜みた神楽殿がありました。
で、巫女さんが座っておみくじとか売っている
「売店窓口」みたいなのあるじゃん? (^^;
あれも、「社務所」ってぇのかねぇ?

でね、あそこってお守りとか、
小物みたいなの結構売ってるじゃん?

この高千穂神社のグッズは結構いいかもよ?

あのね、
「たぢからおのみこと」グッズ

「あまのうずめのみこと」グッズ
が、結構充実してるんだよね。

お二方の神楽面をモチーフにした
いいぐあいの壁飾りがあったんですが、
なかなかのいいお値段なので、買うのあきらめました(^^;


って事で、「高千穂神社」もクリア! (^^)

次は、いよいよこの旅のメインの地へ赴きます。



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-19 07:32 | 寺社・仏閣

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 出発編 』



夜神楽見物の後は、またマイクロバスに乗って
「岩戸屋」さんに帰るわけですが、
以前書きましたように、kizz_army一行以外の方たちは
「天岩戸温泉」へと向かいます。

つっても、同じバスですからね(^^;
アタクシ達にとっては、
「天の岩戸温泉経由 岩戸屋行き」
って感じね。

さて、岩戸屋さんに戻りますと、
フロント脇のテーブルにて待っていたのは

「ミニぜんざい」

なんか非常にありがたい、
かつ風情のある心遣いじゃありませんか…

でまぁ、あとは寝るだけなんで
翌日に備えてとっと就寝(^^)

明けて出発の朝となりました。

ここで旅の教訓…

「うまいものは、地元の人に聞け!!」

ま、ガイドブックにはおいしそうな
お店がいっぱい載っているわけです。
もちろん、いいお店もたくさん載っているでしょう!

でも、やっぱりおいしいお店知ってるのは地元の人だよね。

なので、出発前に旅館の女将さんに、
昼飯を食べるお勧めのお店を聞きました。(^^)

どんなお店かは、その時になってのお楽しみね♪

ほんとはさぁ、夕飯、朝食とあれだけ満足したんだから、
昼飯も、岩戸屋さんで食べたいくらいだったんだけどさ…(^^;

ま、そういうわけにもいかないんでね…

なんて、思っていると出発間際に「古代米おにぎり」
人数分持たせてくれました。

なんかさぁ、「神話の里高千穂」を巡る旅に出発するのに
とっても気分の良くなるサービスだと思わない。

「さ、これからいくぞぉ~!」

って感じね(^^)


ほんと個人的な見解になってしまいますが、
アタクシ的には

「 花旅館 岩戸屋 」

非常にお勧めします。
東京からだと、ほんと遠いんでね。
頻繁にはいけませんが、珍しく

「また行きたい」

と、思う旅館でした。

って事で、出発だよん♪

つづく



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-17 08:28

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 夜神楽編 』

夕飯の後は、高千穂名物「夜神楽鑑賞会ツアー」です。

岩戸屋さんのマイクロバスに揺られて、「高千穂神社」へ…

「天岩戸神社」と「高千穂神社」があります。
名前はまったく違うのに、なぜか混同してしまいますので
ご注意ください。 って、アタクシだけかなぁ? (^^;

昼間行ったのが「天岩戸神社」です。
「高千穂神社」への参拝は、翌日を予定していたのですが、
ひと足早く、足を踏み入れます。

会場は、「高千穂神社」敷地内にありまして、
ちょうど町の公民館って感じの建物。

各地から、この夜神楽見学に人々が集結してきます。
100人位はいたかなぁ? もうちょっといたかも??

この夜神楽は4部構成になっております。

再度確認しておきますが、この「夜神楽」はあくまでも
「ショー」でございます。

ほんとうの夜神楽は、11月~2月にかけて
近隣の各町内で行われるようです。
でもって、これは33部構成になってるんですね。

そのうちの4つを、観光客用に見せてくれるんです。

・第一部 - 神楽ナンバー28番 - 「手力男(たぢから)」

b0124969_7574917.jpg

もうおなじみ「手力男命」が、
「天照大神」が隠れた岩戸を発見する件

このBlog流に言うと、超人ハルクが
チャコちゃんの隠れた岩戸を発見するところね。(^^;


・第二部 - 神楽ナンバー29番 - 「細女(うずめ)」

b0124969_7585988.jpg

つづきましては「天細女命」の舞が始まるところね。

このBlog流に言うと、

【Madona Live in AMANOIWATO】


ね。


・第三部 - 神楽ナンバー30番 - 「戸取り(ととり)」

b0124969_7594220.jpg


そして、クライマックス!
「手力男命」が、天の岩戸を開ける所です。

b0124969_80222.jpg

「ハルクの怪力ショー!!」てな感じでしょうか(^^;

第一部に比べると、だいぶ顔色が変わっております(^^;


・第四部 - 神楽ナンバー19番 - 「御神躰(ごしんたい)」


天岩戸伝説をモチーフにした神楽が続き、
クライマックスを迎えた後の、大トリは…

「御神躰」と題された神楽が披露されます。

これがねぇ~ 前三部とは全く違うシチュエーションでして

伊邪那岐命(イザナギノミコト)と
伊邪那美命(イザナミノミコト)の
仲睦まじい夫婦の神楽
b0124969_81778.jpg


ま、すでにお分かりかと思いますが、
見ようによっては(いや、どうみてもか?)
結構アダルトチックな内容なんだよね(^^)
b0124969_815966.jpg


でも、昔の人はこういう娯楽に興じていたんだなぁって思うと、
それを、今こうして見ているのも非常に不思議な感じ、
感慨深い感じがしました。

思い出したのは、映画「八つ墓村」(萩原健一主演)の冒頭部分
平家の落ち武者が惨殺されるシーンね。(^^;


そうそう、この「高千穂神社神楽殿観光神楽」
通常ですと 500円のキド銭が必要となりますが、
今回は、宿代とセットになってました。

観光用とはいえ、その雰囲気は十分と堪能できると思います。

高千穂まで行ったのなら、必見ですね(^^)



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-14 08:03 | その他エンターテイメント

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 本編 』

さて、「天岩戸温泉」を堪能した後は
「岩戸屋」さんに戻りまして、荷物を部屋に運びいれます。

岩戸屋さん、建物自体は結構歴史があるようです。
でも、内装はかなり手が入れられてるようで
中で過ごしていても、あまりそういう歴史は感じませんでしたね。

ただ… 浴室は、ほんとぉ~~に、昭和の趣です。(^^;

って事で、そんな観察も一通りおわりますと、
お待ちかねの夕食だよん♪


ではさっそく、夕飯のメニューを紹介しましょう!


------------------
・前菜
  苫屋作り(神楽煮しめ)
・焼付
  珍味
・中鉢
  はすがらの酢の物
・小鉢
  三味こんにゃく
・白物
  黒米のうどん
・お造り
  奥日向サーモンのカルパッチョ
・焼き物
  サツマイモのグラタン
・合皿
  椎茸のホイル焼き
・洋皿
  ビーフストロガノフ
・御飯
  古代国米御飯
・吸い物
  奥日向サーモンの味噌汁
・香の物
  お漬物
・果物
  旬の果物
------------------


まぁ、なんだかめちゃめちゃ量が多いような感じですが、
全然そんな事ないんです。

量の部分も、非常によく考えられてる感じがしました。
程よい満腹感なんです。

よくあるじゃない?
どう考えても、食べきれない量を出せば
それがサービスだと思っているホテル・旅館… (^^;

がんばって食べようとするんだけど、
それでも残してしまった時の、切ない気持…
に加えて、限度を超えた満腹感による不快感…

そんな事のないようにとの配慮がうかがえる量です。
おいしいものを、少しずつ…
「もうちょっと食べたいな」の余韻を残す感じ…

最近はめっきり食べる量が減って来たと感じる
アタクシでさえも、まったく、なにも、残さずに、
パーフェクトなまでの完食でございました(^^)


・珍しい食材
・工夫がうかがえる逸品
・ベーシックな料理も一味違える、手間を感じ
・意表を突く、いきなりの洋食

とにかく、食べていて楽しいんですわ♪

ほんと普通の煮ものなんだけど、
なぜか、めちゃくちゃうまい!

「苫屋づくり」ってのが、どんなんかは、
「岩戸屋」さんのWebサイトで確認してみてください
http://www.iwatoya.com/cook.html


「奥日向サーモン」ってのは、
ヤマメとニジマスの掛け合わせだそうで、
刺身でもいけるみたいで、
なんちゅうか、今まで食べた事のない感覚!

最近のサーモンって言われているもの程
脂っぽくなく、とてもおいしい食材です。

とにかく、全部うまかった!
ウキウキするくらいの満足でした。


もうついでだから、朝食もいっちゃうか!(^^;

------------------
・そばがゆ
・地豆腐寄子
・祖母山豆
・地鶏卵
・油味噌
・山のり(椎茸、モロヘイヤ入り)
・紅鱒の甘露煮
・山菜佃煮
・釜炊き御飯
・味噌汁
・香の物
・そばフレーク
・コーヒー
------------------


これまた、前夜の夕飯の満足からの
大きな期待をまったく裏切らない、
おいしい朝食でした。

「山のり」ってのは、どうやら
椎茸とモロヘイヤを使った佃煮
みたいなんだけど、ほんとうに「のりの佃煮」
みたいなんだよ!

「ま、佃煮にしたら同じような味じゃねぇの?」

って気もしなくはないんだけど、
なんだか磯の香りがしちゃうような気になっちゃうんだよね。

卵もうまかったぁ~~~!

濃厚卵かけごはん… 堪能いたしました。


これだけ満足したら、もう黙っていられないよね(^^;
ちょっとさぁ、板前さんにひとこと言いたいじゃん!

そう、ほんとうに「黙っていられない」って事よ!

なので、チェックアウトの時に話をさせてもらいました。

いかにもな、頑固そうなオヤジがでてくるかと思いきや!
料理長、めちゃめちゃ若いんだよね。 びっくり!

ほんとうは、料理法とかこだわりとか、
一杯聞きたかったんだけど、忙しそうだったし…

「とにかくうまかった」と言うことだけ、
伝えさせていただきました。


さて、話を夜にもどしましょう!

超満足な夕飯の後は、例の「夜神楽」に出発です!

つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-12 07:54

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 花旅館 岩戸屋 到着編

そもそも… この高千穂エリア…

そんなにホテル・旅館の数が多いわけじゃない。
しかも、別に「温泉地」でもないんだよね。

そんな中、今回アタクシが泊まったのは、

「花旅館 岩戸屋」
(公式ホームページ:http://www.iwatoya.com/info.html )

という、純和風旅館。

決め手は、ネットでの「料理がおいしい」という評判

普段から
<< マスター!! お任せでお願い! >>
なんていうBlogでは、割と食い物に関して
文句の多いアタクシですが…

この「花旅館 岩戸屋」さん、心の底からの熱情をもって

オススメ します!

ネットでの評判通り、ほんとぉ~~~~に、料理がおいしいです!

しかし! その夕飯の話は後にとっておきましょう! (^^)


「天岩戸神社 東本宮」の駐車場が、旅館の駐車場だとの事で、
「東本宮」の参拝を済ませると、そのまま「岩戸屋」さんへ…
なんという、スムーズな移動! (^^)

チェックインの時に、「夜神楽へは行かれますよね?」
と、聞かれました。

「はい、はぁ~~~い! いきまぁ~~す!」

そうなんです、高千穂と言えば、「夜神楽」って位に
高千穂の夜神楽は有名。

今は、高千穂神社にて観光客用に一種のショーとして
毎夜毎晩、繰り広げられているんです。

このショーに送迎してくれるんです。

なので、それの確認ね。
で、本来ならこの「夜神楽ツアー」の後に
そのまま「天岩戸温泉」という、
よくある「公衆温泉浴場」に連れて行ってくれるんです。

前述の通り、特に「温泉街」と言うわけではないので、
正直、どの旅館もお風呂が小さいんだよね(^^;

この「岩戸屋」さんも、大浴場があるとはいうものの
数人が入ればいっぱいになっちゃう程度。

なので、「お風呂は外で… そしたら温泉だよ」
って感じになっておるわけなんです。

なんですが… (^^;

先に風呂に入りたかったのよ!
なので、チェックインだけして、
温泉セットもらって、いざ、
「天岩戸温泉へ!」

なんか、とても普通の「公衆温泉浴場」でした(^^;
露天風呂があるわけじゃなし…
複数のお風呂があるわけじゃなし…
地元の方々の憩いの場といった風情でございましょうか(^^)

さ! 風呂にも入りました。

「岩戸屋」さんに戻れば、すぐに夕飯でぇす (^^)/



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-10 08:57

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 天岩戸神社 東本宮 後篇 』



「前篇」の続きです。

本当にあっという間に、「西本宮」から「東本宮」に辿りつきまして、
まず、思ったのが…

なんなんだ! この格差社会は!!! (^^;

って事(^^;

ひとっこひとりおらん…

「西本宮」の方は、結構な盛り上がりを見せていたのに…

たしかに、「遥拝殿」「天安河原」の様なアトラクションは
ないにしても、ここまで差をつけるこたぁねぇじゃん!
って感じなんだよね。(^^;

社務所自体、あるんだかないんだか…って感じなんだよね。

でも、一応「アマノウズメノミコト」(このBlogで言うマドンナ)
の巨大像が、「西本宮」の「タヂカラオノミコト」の巨大像と
対をなすように、鳥居の所にあるんですが、
それ自体も、妙にさみしげ… (^^;

この「東本宮」は
「アマテラスオオミカミ」(このBlogで言う所のチャコちゃん)
を祭った神社だそうです。

見所は、階段を上がった所にある本殿の裏手の「御神水」です。
木の根元から水が湧き出しておるんです。

参拝して、この「御神水」を堪能させていただきして、
「東本宮」周遊は終了。

階段の数も一応数えたんだけど、忘れたわ! ウハハハ…

とまぁ、いつもに比べて書くことも少ない状況…

かと思いきや… (^^;

本殿裏手の、「御神水」の所の手前にさぁ、
娘さん&お母さん&おかあさんの友達、又は叔母さん
と行った、女性3人組の姿が…

しかし…

どうも…怪しい… (^^;
なんか…挙動不審… (^^;

横目でさりげなく観察してみると…

なんかさぁ、「除霊」みたいな事やってるんだよね (@_@)

「オイオイオイオイ!」 じゃん?

まったく人気のない、神社の裏手でそんな光景
目の当たりにしてみ?

こわくね? (^^;

とはいえ、興味津津なのも事実…
本当は、立ち止まってじっくり観察したかったんだけどねぇ~

って事で、「東本宮」は、割とシンプルに終了(^^)



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------





『 【パワースポット 高千穂へ… 】 旅館 岩戸屋編 』


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

by kizzarmy_live | 2010-05-06 08:27 | 寺社・仏閣