★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 天岩戸神社 西本宮 後篇 』






※「天岩戸神社」についてのネタばれありです。
ご注意くださいね(^^;


さて、前編にひきつづいての、「やり直し編」です (^^;




「5分ほどお待ちください」

って、巫女のおねぇちゃんにいわれまして、
前回も話に登場した「休憩所」にてしばしまったり…

この間に、ひと組、ふた組と案内申し込みの
参拝客が増えまして、総勢は7,8人だったかな…

しばらくすると、案内係の宮司さん登場!
まずは、おなじみの「天岩戸伝説」の解説から…

ま、なんとなくは知っていたわさ
だけど「ちゃんと話せ」って言われたら
怪しいもんだわ!(^^;

だけど、もう、絶対に忘れない!

現地にて、「そこにあるのがモノホンの天岩戸なんだよ」
って状況で、この話聞いてみ?

忘れようったって、忘れられませんわ(^^)

その中で出てきたのが、

「招霊木(オガタマノキ)」

って木の話。

すぐそこにあるのね…
宮司さんは指差して説明してくれます。

例の、セクシーダンサーの「アマノウズメノミコト」
踊ったときに手にしていたのがこのオガタマノキの枝なんだそうでして…

一般的には、笹の葉で代用されることが多いようなのですが、
ほんとうは、このオガタマノキの葉っぱなんだってさっ!


この説明が終わりますと、
先ほど先走ってすでにお参りを済ませてしまった
「遥拝殿」の敷地内へと入っていきます。

この建物の裏側が、この神社の「本殿」となる
「天岩戸」になるんですね。

そう! 本殿が「岩戸」なんです。

つっても、川の向こう岸だけどね(^^;

「遥拝殿」とは、うまいことを言ったもんです。
つまり、川向うにある本殿の「天岩戸」を
離れたところ(遥)から(拝)む所(殿)って事ですからね。


で、その建物の裏側に回る通路の入り口には
しっかりと鍵がかかっておりまして、
更には、ちゃんとお祓いをしなきゃ入れないって言うんですね。

宮司さん、入り口わきに備え付けの、「大麻」(紙のピラピラがついた棒ね)
をさっと取り出し、アタクシも厳かにお祓いを受けました。

さ、いよいよ中に入ります。
もちろん、撮影はNGです。

おそるおそる宮司さんの後に続き、
バルコニー状になった遥拝所にたどり着くと…

着くと?

新緑に覆われて、ぽっかりと空いた
巨大な洞窟の入り口と思しき穴…

もうねぇ、多くは語りません(^^;

ぜひ機会があったら行ってみてください。

ってか、ちょっと無理してでも行った方がいいかもよ。

すごく不思議な気分になれる

それこそ、「単なる気分的な問題」かもしれないけど
たとえそうだとしても、あの不思議な感じは
ぜひ味わっていただきたい!

神話の世界が体感できるテーマパークってのも
そうそうないじゃん? (^^;

おとぎ話的な「神話」の世界が、
妙に現実味を帯びてくるからね。


ほんとうにテレビの取材とかじゃないと
入れない場所だと思っていただけに、
感激もひとしおでした。

あぁ~~ 案内に申し込んでよかったぁ(^^)


って事で、つづく…


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-04-23 08:23 | 寺社・仏閣

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 天岩戸神社 西本宮 前篇 』

なんかさぁ、Webサイトがないみたいなんだよね。
「天岩戸神社」ったら… (^^;

で、ここの神社の特徴は
「岩戸川」を挟んで、「西本宮」と「東本宮」に分かれているって事。

メインは、「西本宮」の方なんだよね。

で、「西本宮」の方の駐車場に車を止めると
出迎えてくれるのが、前回「超人ハルク」として登場した
「タヂカラオノミコト(手力雄命)」の巨大像…

鳥居の前にある地図を見ると、
岩戸川の向こう岸に、「東本宮」と「岩戸」が描かれてます。

こちら側には「西本宮」と、かの有名な「天安河原」がある。

まずは、こちら側から…
って事で、「西本宮」散策です。

江原さんから教わった通りに、
まずは鳥居をくぐる前に一礼…
でもって、参道の端の方を歩きます (^^)
真中は神様が通るところだって言うからさ…

たどり着いたのが、社務所&休憩所

すぐに目に着いたのが、

「神社内ご案内ツアーあり!(無料)」

の張り紙。
って、ほんとにその通りにかいてあった
わけじゃないけどね。

しかしまぁ、ここで相変わらずの小市民ブリを
アタクシ発揮いたします。

「無料」って言われると、
妙に遠慮しちゃうんだよね(^^;

「韓国旅行」の時は、さんざん日本語の案内サービスを
利用してたくせにさ… (^^;

もう少し大人数ならいいけど、
今回のkizz_army御一行様、3人だしなぁ…
と、完全に遠慮の塊。

って事で、
「ま、そういうサービスもあるのねぇ」
と理解だけしまして、ふらぁ~~と、
本殿に向かいますと「遥拝殿」って言葉が目に付きます。
※実際には「本殿」ってのはないそうです。
アタクシがこの時点でそう思っていたので、
便宜上「本殿」としています。

「あ! あれだ!」って思いましたね。

そう、「出発編」で書いた
「やりすぎコージー」で紹介されていた、
撮影禁止の超パワースポット

伝説の(ほんとうに「伝説」だからね)
天岩戸をじかに拝める場所。

アタシャね。
テレビの取材とか、特別な許可でもないと
入れない場所だと思っていたんですよ。

所が!!

前述の「無料案内」に申し込めば、
この鍵のかかった扉の向こう側へも
案内してくれるつぅうんだわさ!!

この期に及んでは、一切の迷いなし!

悟りを得たかのごとく、今来た道のりを引き返し、
社務所にて「無料案内」の申し込みをする、
アタクシの姿がぁっ!!


って事で、「西本宮編」は最初からやりなおしね(^^;


つづく…


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-04-21 08:12 | 寺社・仏閣

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 天岩戸神社 序編 』


いよいよ、高千穂エリアに入ってきました。

つってもねぇ~
宮崎を出たのは朝の九時ごろなのね。
今はもう、夕方に近い時間なの。

最初からの計画として、一晩高千穂に泊まって、
二日目にゆっくり「高千穂観光」をするにしても
初日に一か所位どこかに行っておかないと
結構きついんじゃん?って事だったのね。

なので、高千穂エリアに着くと同時に
向かったのがこの「天岩戸神社」

おなじみ、あの「天岩戸伝説」で有名な神社です。

ここさぁ、結構見所があるんだよね。

『 出発編 』で紹介したテレビ番組で
紹介されていたのも、ここがメイン!

アタクシ達も、ここを目指してきたと言っても
過言ではない位のメインスポット!

って事で、順にご案内します。(^^)b

おっとその前に…
例の「天岩戸伝説」を知らなきゃ
はじまりませんがな!

って事で、復習いたしましょう!

ただし!
神様の名前が長いしややこしいので、
わかりやすくアレンジします。


「出演」
チャコちゃん(姉) … アマテラスオオミカミ
ケンちゃん (弟) … スサノオノミコト
超人ハルク(怪力男) … タヂカラオノミコト
マドンナ(ダンサー) … アマノウヅメノミコト

しかし、これ、大丈夫かぁ?
怒られないかな?(^^;

では、はじまりはじまり…


-----------------------
まぁ、ケンちゃんは日々、いたずら三昧なわけよ!
いっくら言っても聞かないんだわ。

そこで、チャコちゃんキレたね。
「いいかげんにせぇ!」と…

でもって、チャコちゃんたら
あまりにケンちゃんが言うことを聞かないもんだから
「天岩戸」に隠れちゃったんだってさ。

普通なら別にどうってことないんだけど、
実は彼女、「太陽の神様」なんだわ。

なもんだから、チャコちゃんが天岩戸に
隠れちゃったら、世の中真っ暗闇じゃぁございませんか…

そりゃもう、みんな大弱りですわ!

「どげんかせにゃいかん!!」

って事で、呼ばれたのがあの「マドンナ」…

なんとかチャコちゃんの気を引こうと
マドンナは天岩戸の前で
Sexy(みだら)に、にぎやかに踊りまくります。

それが功を奏して、チャコちゃん…
「なにが起きているのか?」と、
チョイとばかり、岩戸を開けて外を覗いてみるんだよね。

すると、ここぞとばかりに待ち構えていた、
超人ハルクが、岩戸を投げ飛ばし、
チャコちゃんを天岩戸から連れ出したのさ。

そして、世界に明るさが戻って、
めでたしめでたし…
-----------------------

ってお話ね。

あ、ちなみに、この時投げ飛ばした
岩戸が落ちたのが、長野県の「戸隠神社」だと
言われております。


さてここで、このBlogならではの追加情報…
つっても、例の講談社刊『 世界百不思議 』からの
パクリネタなんだけど…(^^;

実は、チャコちゃん、男だったって説があります。
ってかですねぇ~ どう考えてもそっちの方が自然だと思わない?

太陽神って普通男じゃん?
しかも、名前からして男じゃん?
あ、チャコちゃんじゃなくて、「天照大神」の方ね。
さらに、女性の気を引くのに、Sexyダンサー連れてくる?
超人ハルクじゃなきゃ、動かせないような岩戸を
チャコちゃんは動かせるんだよねぇ?

おかしい話だよね。(^^;


加えて…、もっと根本的な問題…

弟が悪さするからって、「岩戸に隠れる」って
どういう思考回路なん?

しかも、その辺のガキならまだしも、
「太陽神」だよ? 笑っちゃうよね。 ウハハハハ…

さ、って事で、基礎はばっちり学習できましたね。

では、いよいよ、実際の「天岩戸神社」を周りましょう!

つづく…


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------


[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-04-19 07:40 | 寺社・仏閣

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 馬ケ背編 』


もう一か所、「日向市」の観光スポット…

「観光スポット」って言うより、
「景勝地」の方がしっくりくるかも…

それが「馬ケ背」って所です。

メインは「馬ケ背」と呼ばれる、断崖絶壁なんだけど
いくつか見所があります。

★クルスの海

願いの叶う「クルスの海」
「クルス」の海って言っている割には、
「叶」って字に見えるって言うのが強調されてます(^^;

どっちやねん!

って感じじゃん?
でまぁ、その説明書きがこれね。
b0124969_8331280.jpg


でもって、自分で撮影するとこうなる
b0124969_8344013.jpg


その偶然の形もさることながら、
海の色がきれいやねぇ~~

個人的には、「クルスの海」なんだから
「十字架」のように見える
ってだけで、いいような気がするんだよね

「叶」だとどうしても、
「姉妹の海」ってなイメージに…

なんて思うのは、アタクシだけ? かしらん(^^;


★遊歩道

実は「クルスの海」と「馬ケ背」の岬とは
ちょっと距離があります。
車で移動して、駐車場に止めて、
そこから岬まで遊歩道を歩くんですね。

その遊歩道からして、なかなか素晴らしいんです。
まぁ、時期もよかったんでしょうが、気持ちいい!!
b0124969_8391530.jpg



★柱状節理

しばしその遊歩道を歩くと現れるのが、メインの
「柱状節理」って所。

これもまずは、説明書きから… (^^;
b0124969_8502096.jpg


でもって、自分で撮影するとこんな感じ…
b0124969_8472085.jpg


でも、肉眼で見られる範囲と
カメラに収まる範囲ではだいぶ違うからね。
本来の迫力はどうぞご自分の目でお確かめください。

ちなみに、説明書きにある写真のように
海側から見られる「船のツアー」もあるようですよ♪


★岬

「柱状節理」のすぐ先は、岬の突端…
こんな感じね。
b0124969_851209.jpg


一目見た瞬間に、
船越栄一郎さんや、片平なぎささんの顔が浮かぶ…

でもって、犯人が犯行を自供しているか、
もしくは身を投げようとしているシーンが… (^^;

しかしまぁ、この突端まで行って見渡す景色は
なんとも言えませんぜ、だんな!

b0124969_8531692.jpg

b0124969_8534882.jpg

b0124969_8542081.jpg


なんか、先に紹介した「柱状節理」が「馬ケ背」の
由縁みたいな感じになってるけど、
こっちの岬の突端の方が「馬ケ背」にぴったりの様な
気もしますがねぇ~


★灯台

岬を戻りまして、「遊歩道」を更に上へと進みますと
灯台にたどり着きます。

当然、「馬ケ背灯台」かと思いきや(^^;

「細島灯台」って言うらしいです。

では、今回恒例となっている「説明書き」から…
国内の旅行はこれがあるから楽よね(^^;

b0124969_8551477.jpg


そして、これが灯台本体ね

b0124969_8555761.jpg


更には、灯台からの眺め…

b0124969_8564598.jpg


「地球ってまるいのねぇ~」

って感じじゃん!

しかし! (余談ながら…)且つ(残念ながら…)
水平線が丸く見えるのは「目の錯覚」らしいです(^^;

地上500Km位まで上がらないと、
地球自体の曲線って見えないらしいよ。

じゃなんで、丸く見えるか?

眼球が丸いからなんだって!
ま、レンズの歪みって事やね。

でも、上の画像見てもなんとなく
曲線に見えるから不思議よね。

さらに、こんな雄大な景色を見て、

「いやいや、それは眼球の歪みのせいだから」

ってのも、「無粋」ってもんじゃん!

ここはひとつ、わかっていても、

--------------
「地球ってまるいのねぇ~」
って感じじゃん!
--------------

って事で… (^^)



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-04-16 09:00 | 絶景かな、絶景かな!

『 【パワースポット 高千穂へ… 】 重要伝統的建造物群保存地区 「美々津」編 』




宮崎から、高千穂に向かう途中「日向市」って所を通るのね。

そこに「美々津」と言う小さな港町があるのです。

今でこそ、「小さな港町」なんて言えちゃうのですが、
江戸~明治あたりにかけては、そりゃもう、
商業、文化の中心となる大きな港町だったんですね。

で、その港町の街並みは、

「日向市美々津重要伝統的建造物群保存地区」

として、国から指定を受けているんです。
ま、世界遺産ならぬ、日本遺産のひとつと言える
場所なんです。

なぁ~~んて、うんちくを語ってますが、
アタクシだって現地に行くまでは
町の存在自体知りませんでした。 (^^;

高千穂に行く通り道って事で、連れられて行ったのですが、
ここがまぁ素晴らしいところなんですわ!

って事で、実は、行きも帰りもここに寄ったんだわ(^^;

多少の個人的な趣味も手伝っているのですが、
ここの街並みの風情ときたら、胸が痛くなるほどの
郷愁を誘うんですね。
b0124969_830374.jpg


みてよ、この「東芝」の看板 (^^) ↓
b0124969_8311917.jpg


江戸時代からの建物もあるっていうんだからすごいじゃん?

街の説明はこんな感じ ↓
b0124969_8321944.jpg


最初に思ったのは、

「うわ! 金田一耕介がほんとうに向こうから歩いてきそうだな」

って事…

あの、映画「犬神家の一族」の冒頭のシーンみたいな感じなのさ。

そりゃもう、まさに「日本遺産」と呼びたい町の雰囲気なんです。

中でも見所は、

「旧廻船問屋、元河内屋」

の建物…
今は「日向市歴史民俗資料館」になってます。

一応「復元されたもの」らしいんだけど、
当時の暮らしや文化をどっぷりと体験できる。

家の造り自体が非常におもしろいのに加えて
当時使っていたそろばんや、文机なんかに触ることもできるんだよね。

特に2階は必見! 変わった造りなんだよね。
また、自然の木の特徴をうまく残した材木の使い方なんてのは、
芸術的でもあります。

なんだけど、
「そのまま暮らせそうな感じ」なのさ(^^)

一番物珍しかったのが、完全無欠の
「五右衛門風呂」
b0124969_8333830.jpg


「釜」だねこりゃ… (^^;
でもすごいのが、湯船の淵の部分ね。

「シェル・インレイ」なんだよ。
貝殻の象嵌細工ってことね(^^;

「タージ・マハル」ばりだわな(^^)

風呂の隣の「厠」も必見!
時代劇の世界に入り込んだ感じです。


妙な懐かしさと、ある意味での「異文化」に触れると言う
相反するような気分を一緒に味わえる、
不思議なテーマパークの様な場所です。

加えてここは、

「神武天皇東征御船出の地」

としても有名でして、
神武天皇が腰かけたと言われる石のある
「立磐神社」があったり、

「日本海軍発祥の地」とされ、その記念碑が
あったりもします。

なんか勝手なことを言うようですが、
こういう所こそ、もっともっと話題になって人が集まれば
いいなあと思いましたよ。

そしてちゃんと保護されていく資金の
一部が調達されていけばなぁと思う次第でございました。


ま、あんまり集まりすぎるのも困るけどね(^^;

一応公式サイトもご紹介しておきます。


『美々津 公式Webサイト』



って事で、つづく…



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-04-14 08:34 | その他エンターテイメント