★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!
興味のあるジャンルのタイトルをクリック!! (^^)

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

==日常を向上させるヒントや情報のBlog==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

==映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

==コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

==テレビ観賞専用Blog==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

==食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

==きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『 【パワースポット 高千穂@宮崎県へ… 】 出発編 』


昨今の「パワースポットブーム」
どうよ?(^^;

アタシャ、この火付け役はテレビ東京の「やりすぎコージー」だと
思っているんだけど、どう? ちがう?

そのおかげで、明治神宮の「清正井」
一時、5時間待ちの行列ができたというのは
みなさんご存じの所ではないでしょうか?

いやね、別にパワースポットブームだから
飛びついたわけじゃないのよ?(^^;

パワースポットと言えば、すでに1年とチョイ前に


『 早稲田 穴八幡宮 御守(一陽来復)ゲット紀行 』


ってな記事にて、話題にしておりました。

で、2009年の年末、件(くだん)の
やりすぎコージー
「やりすぎ都市伝説外伝
  オーラの江原が教える最強パワースポット
   &禁断アメリカ都市伝説スペシャル!」

なる番組を見ていると、
(サブタイトルなげぇよ(--; )

宮崎県にある「高千穂峡」の話題が…

「高千穂峡」…

実は、行ってみたかったんですよ。
かの有名な「真名井の滝」の写真は
カレンダーやらなんやら、あっちこっちで見かけますからね。

b0124969_8194662.jpg


そんな思いもあったもんだから、
上記の番組でどっさりと見所、体験しどころを
紹介されたら、そりゃもうたまらんよね(^^;

しかも、宮崎県と言えば、以前

『恵みを喰らふ! Vol25【鯉】』

なんて話題も記事にしてましたね(^^)

って事で、あっという間に「高千穂行き」が決定!!
飛行機のチケットをネットで予約する、kizz_fontrmyの
姿がそこにあったわけです。

「思い立ったが吉日!!」


「人生を成功に導く法則」の一つでありますわ! (^^)

てなわけで、2010年、春のお彼岸を利用いたしまして、
「パワースポット 高千穂峡の旅」
に出発でございます。


で…
余談だけどさぁ~
このパワースポットブームの火付け役、江原さん…
すごいよね。
守護霊だの、生まれ変わりだのってな話題の
旗色が若干悪くなってくるやいなや、
今度は、「聖域(サンクチュアリ)」やら
「パワースポット」にて、一気にあらたなるブームを…

語弊はあるかと思いますが、
「よ! 商売上手!」
って、言っちゃいそうになります(^^;



------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-04-12 08:21 | 寺社・仏閣

『ポール・ポッツ ライブ!! @東京国際フォーラム』

♪ あかりをつけましょぼんぼりにぃ~~♪

って事で、雛祭りの3月3日、
行ってきました、ポール・ポッツ ライブ!!(^^;

場所は「東京国際フォーラム」

なんと、今の勤務地からは歩いていけるんだよね。(^^)
でも…

「国際フォーラム」はねぇ~、ちょっと音響が心配…
なんでかってぇのは、以下の記事を参照くださいな…
『ライブレポ 「のだめオーケストラ」@東京国際フォーラム 』

でもって、序章とも言えるエントリーはこれ ↓
『 ポール・ポッツ & スーザン・ボイル (From Britain's Got Talent)』

上記エントリーから約一年…
なんと!
生ポール・ポッツを体験できる事になったんですわ!

いやはや、ほんとぉ~~~~~~~~~~~に素晴らしい歌声ね。

なんかねぇ、すごく不思議な感じだったの…
完全に寝ちゃうわけでもなく、舟を漕ぐでもなく、
瞑想状態に近いの感じなのかなぁ?

意識と無意識のはざまをずっと漂っているような
意識状態だったんですよ。

α波出まくりってやつなんですかねぇ?
最後のオペラ「トゥーランドット」からの
Nessun Dorma(「誰も寝てはならぬ」)
に至っては、「至福の時」…よ、まじで…

最初にTVで見たオーディションの時に歌っていた曲…

この素晴らしさと来たら…
国際フォーラム全体が、
スタンディングオベーションでした。

まぁ、唄声だけでこれだけ感動させられるんだもんなぁ
生ポール・ポッツ、体験して大正解でした(^^)

しかぁし!
やっぱり心配した通り…
なんか「国際フォーラム」って音響が肌に合わない(^^;
作り物っぽいっていうか、固いっていうか、
ライブ感があまり感じられないんだよね。

よくいえばCDみたいな感じって事になるのかな?

それともう一点…
照明が酷かった(^^;
ずっとステージからの目つぶし攻撃が続き、
まともにステージを見ることができませんでした。

悲しすぎます(T_T)
[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-03-04 19:23 | クラシック系鑑賞

『 KAI 35th Anniversary 甲斐バンドライブ@厚生年金会館 (本編)』

<序章>の続きです。

前夜から続いた、あいにくの雨模様の中、
向かうは「新宿厚生年金会館」

ジュリーのライブ以来だね。

結構年齢層高いんだろうなぁ~

なんて、思いながら15列11番と言う、
まぁまぁの席について周りを見渡すと…

想像以上の年齢層の高さ… (^^;

正直、びっくりする位の年齢層の高さです(^^;

そして、ほぼ定刻に始まったライブの一曲目は

「ブライトン・ロック」


きたぁ~~!

オープニングは、
「きんぽうげ」なら満点(^^)

「漂泊者」
「ブライトン・ロック」

なら、満足!

「地下室メロディー」
「翼あるもの」

なら、OK!

ってなかでの、「ブライトン・ロック」

いいです。(^^)
年齢層の高さもなんのその、一気に総立ち!!

つってもまぁ、前に立たれたら自分も立たないと
見られないからね。(^^;

とまぁ、ここでアタシャ一気にタイムスリォ~~~ップ!

あぁあぁあぁあぁ、なにこの感じ

この距離で見る甲斐さんなんて、
20年前とまったく変わらんじゃん!

すげぇ!!


見た目もだけど、その歌のエネルギッシュな事…

2曲目は
「ダイナマイトが150屯」
と、好きな曲連続…

あぁ~~、来てよかったよぉ~~♪

一郎さんのギターソロも、完全オリジナルフレーズ再現!

夢見心地だわさ!


ジィ~~~ンと来たのが、
中盤での「昨日のように」

ライブでなんか聞いた事なかった気がする。
こんな曲がきけるのも35周年記念ならではなんですかね。

最後の「熱狂ーステージー」まで全25曲…
3時間近いステージ…

堪能させていただきました。

詳しいセットリストは、ネットで探してね(^^;
(参考

松藤さんの高音コーラスも素晴らしかったし…

おなじみのツインドラムも、厚みのあるサウンドになっていたし…

ギターソロは、オリジナル音源の完コピだったし…

パーカッションはCharのライブでもおなじみ
マック鈴木さんだし…

非常に満足度の高いライブでございました。

しいて言うなら、中期の曲をもう少し多めにいれてほしかったなぁ~

20~25年位、いっきにタイムスリップした夜でした。


------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  
「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-03-01 21:08 | Rock ・ Pops

『 KAI 35th Anniversary 甲斐バンドライブ@厚生年金会館 (序編)』

えっと、正式名称は

-------------------
KAI 35th Anniversary
KAI BAND NEVEREND TOUR"FINAL"
-------------------

と長いので、省略しました。(^^;

2009年2月に活動を停止して以来、
たった5ヶ月で復活宣言をして、
若干の物議を醸していた甲斐バンドの35周年ライブツアー
のファイナル2Daysの初日に参加してきました。 (^^)

甲斐バンドのライブは、なんと約20年ぶり…

最後は、アルバム「虜-TORIKO-」のツアーの時の
武道館でのライブだったかな…

なんていうと、大してファンじゃなかったかの様に
思われるかもしれませんが、そうじゃないんだなぁ~~(^^;

なんつったって、アタシャ

「甲斐バンド」のコピーバンドやってましたから(^^)v

バンドの名前は「NARK」と言いまして、
ちったぁ名の知れたバンドでございました(^^;

でライブやる時の
オープニングはもちろん「きんぽうげ」ね。

でもって、最後は「翼あるもの」

「氷のくちびる」

とか
「地下室のメロディー」

とか
「漂泊者(アウトロー)」


あたりをレパートリーとしてました。

「NARK」については、また別の機会に
詳しく書きますね(^^;

で、アタクシの中での
「甲斐バンド」って、このあたりで終わってるんです(^^;

田中一郎さんが加入してからは、
「なんか違うぞ…」と… (^^;

ここで言っているのは、一郎さん自信がどうこうって
わけじゃないんですよ。(^^;

ただ、自分の中の「甲斐バンド」って
とにかくちがうんです。


それから、20年の月日が流れました。


毎度おなじみ「e+(イープラス)」からのライブ案内…

「甲斐バンド35周年記念ツアーファイナル@厚生年金会館」

なんか、ピィ~~ンと来たね(^^;

久々の甲斐さん、見てみるか… ってね。

って事で、「本編」へつづく…
[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-03-01 21:06 | Rock ・ Pops

『 医学と芸術展 命と愛の未来を探る 』


なんか六本木ヒルズに縁がある! <= ほんとか? (^^;

もしかしたら、そのうちあそこに住むのかも? <= すごい妄想(^^;


2009年 12月 の 19日、20日と、
六本木ヒルズの 「アカデミーヒルズ」って所で、例の…

「TPIE ディプロマ認定コース」

って言う、セミナーを受けてたわけですよ。

朝、六本木ヒルズの入り口脇を通ると、
思いっきり目に入ってきたのが、
この 「医学と芸術展」のどでかい宣伝ポスター…


「ふ~~~ん、そんなのやってるんだ…」

「しかし、「医学と芸術」って… 」(^^;

どうなのよ? おもしろいんっすかねぇ?


するとどうでしょう、不思議なことがあるもんです!

以前、
『 天空のクリスマス スカイ★イルミネーション2008@六本木ヒルズ 』

のチケットをくれた方が、

「これよかったらどうぞ…」

と、この『医学と芸術展』のチケットを… m(__)m

あぁ~~~、なんとありがたいことでしょう!


って事で、行ってきました。


しかしまぁ、おもしろい企画を考えるもんですなぁ~

テーマは、

-----------------------------
医学と芸術、科学と美を総合的なヴィジョンの中で捉え、
人間の生と死の意味をもう一度問い直す展覧会
-----------------------------

そのテーマの通り、多々考えさせられましたよ。

「生と死」についてね。 (^^;


普段忘れてるけど、よくよく考えたら、
医学と芸術ってきってもきれない存在同士じゃん?

そして、それを具現化してるのが、かのレオナルドダヴィンチよね。

だって、あのひと人間をリアルに描くために「解剖学」とかも
手を出してたなんて話は、わりとよく聞くじゃない?

なので、当然と言えば当然のことながら、
このイベントの目玉は、そのダヴィンチの作品…

ま、「作品」と呼べるかどうかは微妙だけどね(^^;

英国ロイヤルコレクション(エリザベス女王陛下所蔵)の
ダ・ヴィンチが描いた「解剖図」が3点展示されてます。

あの有名な「鏡文字」でかかれた直筆の解説と、脳の解剖図…
これだけでも見る価値ありって感じじゃん?

そして、あの「丸山応挙」の『波上白骨座禅図』
なんてのも展示されてまして、ある意味、「異種格闘技戦」の様相…
これがまた、なんとも不思議な気分にさせてくれる絵なんですね。


結局、緻密な解剖図とか人体図なんてすでに「芸術の域」って事じゃない?

それに加えて、前衛アート的なもの、さらには、
ちょっとグロさも強調した作品。

そして、医療器具やらなんやら… (^^;

ダーウィンのデッサンや、
DNAの2重螺旋構造を発見した「フランシス・クリック」の
2重螺旋鉛筆画あたりが、さらっと展示してあるのがすごいなと…


これだけ多種多様なものをね、ひとつのテーマとしての視点で見ると
普通に見るのとは全く違う感じがするって事が、よぉ~~~くわかりました(^^)

実際に会場内の解説にも何度も登場するんだけど、
根底にあるのが、「メメント・モリ」って事のようです。

単純に言うと「死を忘れるな」って事らしいんだけど、
これだけ「生と死」についての作品群を見せられたうえで
この言葉を提示されると、ほんといろいろ考えちゃいますわ!

普通に作品展にいくと、

「うわぁ~~、すごいな…」
「きれいだなぁ~ 」

で、終わっちゃうかもしれないけど、
ここまでいろいろ考えさせられる作品展もめずらしいんじゃない?

って事で、非常におススメな作品展です。

音声案内も無料で貸してくれますので、ぜひぜひ活用しましょう!

休日のアサイチで行きましたが、適度な込み具合にて
わりと見やすかったですよん♪


公式サイトはこちら => 『医学と芸術展』



でね、もうひとつ話があるのさ… (^^;

これに行く直前、国民的映画「男はつらいよ」の第22作
「 噂の寅次郎 」を見たのさ… 大原麗子さんがマドンナ役のやつね。

その中に、今昔物語 の「春宮の蔵人宗正出家の話」ってのが出てきてね。

蔵人宗正って人の美しい妻が死んじゃうのよ
で、遺体を棺に入れたんだけど、この人この奥さんの事が忘れられず
棺を開けてしまうんだわ!

しかしそこには、腐り果てた妻の姿が…

世の無常を悟り、この人、出家してしまうんですな。

って話なんだけど、この話をたまたま聞いて、
この作品展をみたら、なんだか更に感慨深いものに思ってしまいましてね(^^;


いやぁ~~、行ってよかった!

チケットを融通してくれた、上野さん、ありがとうございました。 m(__)m
ってまぁ、こんなとこ読んでないと思うけど…
いわゆる、謝辞ってやつやね(^^;




------------------------------
※ 各種取りそろえた各Blogの日々の更新情報は ↓ こちら!
  「KISS! KIZZ! Rock’n Roll Fire!!」
------------------------------

[PR]

# by kizzarmy_live | 2010-02-12 10:46 | 絵画・美術鑑賞